九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
石岡 寿雄(いしおか としお) データ更新日:2020.08.03

助教 /  総合理工学研究院 物質科学部門 物性化学


主な研究テーマ
・界面における新規分光計測法の研究
・界面において機能するホスト-ゲスト化学の研究
・イオン液体界面の分析的応用
キーワード:分子認識,非線形分光,分析化学
1998.08.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Ishioka, Toshio; Uchida,Tatsuya; Teramae, Norio., Time-resolved Near-infrared Surface-enhanced Raman Spectroscopy of a Surface-confined Electrochemical Reaction of 9,10-Phenanthrenequinone, 72, 2713-2717, 1999.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本分析化学会
学協会役員等への就任
2013.03~2014.02, 日本分析化学会九州支部, 庶務幹事.
2005.04~2019.06, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
2003.03~2004.02, 日本分析化学会九州支部, 会計幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.01.09~2019.01.11, 日本放射光学会年会, 実行委員.
2015.09.09~2015.09.11, 日本分析化学会第64年会, 座長(Chairmanship).
2014.09.17~2014.09.19, 日本分析化学会第63年会, 座長(Chairmanship).
2010.09.15~2010.09.17, 日本分析化学会第59年会, 座長(Chairmanship).
2008.09.10~2008.09.12, 日本分析化学会第57年会, 座長(Chairmanship).
2005.05, 第66回分析化学討論会, 座長(Chairmanship).
2015.09.09~2015.09.11, 日本分析化学会第64年会, 実行委員.
2013.07.06~2013.07.06, 第50回化学関連支部合同九州大会, 分析分野担当支部幹事.
2012.01.06~2012.01.09, 日本放射光学会年会, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2004年度
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2011年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, イオン液体中における光化学反応のシンクロトロン光による構造解析に基づく高効率化.
2005年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 動的界面構造制御と非線形分極変化の誘導に基づく選択的アニオン検出法の開発.
2003年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 電極表面吸着分子の秩序構造形成と非線形光学現象の誘導による光学異性体検出法の開発.
2001年度~2002年度, 若手研究(B), 代表, ホスト分子の集団的配向の生成・崩壊の誘導によるアニオンの高感度検出法の開発.
1999年度~2000年度, 奨励研究(A), 代表, 第二高調波発生による高感度検出をめざした電極表面吸着分子によるイオン認識場の創成.
学内資金・基金等への採択状況
2007年度~2007年度, 総合理工学府奨励研究費, 代表, 1ミクロンの微粒子に局所環境計測機能を持たせる.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」