九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西村 正太郎(にしむら しようたろう) データ更新日:2020.06.16

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物科学講座


主な研究テーマ
ニワトリの腺性下垂体におけるサイトケラチン陽性細胞に関する機能形態学的研究
キーワード:ニワトリ、 腺性下垂体、 サイトケラチン、 濾胞星状細胞、 免疫組織化学
2013.04.
家畜・家禽の肝臓におけるコラーゲン線維網の構築機構
キーワード:肝臓、コラーゲン、三次元構築
2006.04.
家畜・家禽の腺性下垂体における細胞外マトリックスの構築機構について
キーワード:下垂体、コラーゲン、三次元構築
2004.04~2007.03.
ウコッケイのメラニン色素沈着に関する研究
キーワード:烏骨鶏、MSH、免疫細胞化学
2004.04~2006.03.
腺性下垂体内分泌細胞の発生・分化に関する研究
キーワード:下垂体、細胞分化、発生
2002.09~2015.03.
研究業績
主要原著論文
1. Nishimura S, Teshima A, Kawabata F, Tabata S., Estradiol inhibits hepatic stellate cell area and collagen synthesis in the chicken liver, Animal Science Journal, 88, 1827-1834, 2017.11.
2. Nishimura S, Yamashita M, Kaneko T, Kawabata F, Tabata S., Cytokeratin-positive folliculo-stellate cells in the chicken adenohypophysis, Animal Science Journal, 88, 88, 1835-1841, 2017.11.
3. Nishimura, S., A.Teshima, V.S.Chowdhury and S.Tabata, Changes in collagen fiber content and hepatic stellate cell distribution in the liver of chick embryos and growing chickens., Animal Science Journal, 83, 6, 499-503, 2012.06.
4. Nishimura, S., A.Sagara, A.Teshima and S.Tabata, The comparison of the collagen fiber contents and hepatic stellate cell distribution in male and female chicken livers., Animal Science Journal, 82, 6, 759-763, 2011.12.
5. Nishimura, S., A.Sagara, I.Oshima, Y.Ono, H.Iwamoto, K.Okano, H.Miyachi and S.Tabata, Immunohistochemical and scanning electron microscopic comparison of the collagen network constructions between pig, goat and chicken livers., Animal Science Journal, 80: 451-459, 2009.08.
6. Nishimura, S., I.Oshima, Y.Ono, S.Tabata, A.Ishibashi and H.Iwamoto, Age-related changes in the intramuscular distribution of melanocytes in the Silky fowl., British Poultry Science, 47(4):426-432., 2006.08.
7. Nishimura,S., M.Ootsu, I.Oshima, S.Tabata and H.Iwamoto, Scanning electron microscopic comparison of the three-dimensional collagen architectures in rat, pig and chicken adenohypophyses., J.Fac.Agr.,Kyushu Univ., 51(1), 121-124., 2006.02.
8. Nishimura, S., H.Shimoda, I.Oshima, Y.Ono, K.Okano, A.Ishibashi, S.Tabata and H.Iwamoto, Proportions of melanocyte stimulating hormone-immunoreactive cells in the adenohypophysis of Silky and hyperpigmentation-free cockerels., Animal Science Journal, 10.1111/j.1740-0929.2005.00306.x, 76, 6, 575-579, 76:575-579, 2005.12.
9. Fu, X., S.Nishimura and T.E.Porter, Evidence that lactotrophs do not differentiate directly from somatotrophs during chick embryonic development., Journal of Endocrinology, 10.1677/joe.1.05799, 183, 2, 417-425, 183:417-425, 2004.11.
10. Bossis, I., S.Nishimura, M.Muchow and T.E.Porter, Pituitary expression of type I and type II glucocorticoid receptors during chicken embryonic development and their involvement in growth hormone cell differentiation., Endocrinology, 10.1210/en.2004-0155, 145, 7, 3523-3531, 145(7):3523-3531., 2004.07.
11. Nishimura, S., S.Tabata, Y.-N.Nakamura, K.Okano and H.Iwamoto, Three-dimensional architecture and distribution of collagen components in the goat hypophysis., The Anatomical Record, 10.1002/ar.a.20014, 277A, 2, 275-286, 277A:275-286., 2004.04.
12. Nishimura S., K.Ikeda, K.Okano, T.Gotoh, S.Tabata and H.Iwamoto, Proportional changes of somatotrophs, mammotrophs and somatomammotrophs induced by cessation of lactation in female goat adenohypophysis., Animal Science Journal, 72:32-38., 2001.01.
13. Nishimura S., K.Okano, K.Yasukouchi, T.Gotoh, S.Tabata and H.Iwamoto, Testis Developments and puberty in the male Tokara (Japanese native) goat., Animal Reproduction Science, 10.1016/S0378-4320(00)00197-4, 64, 1-2, 127-131, 64:127-131., 2000.01.
主要学会発表等
1. Miyu Yamashita, Shotaro Nishimura, Takane Kaneko, Fuminori Kawabata, Shoji Tabata, Folliculo-stellate cells produce a basal lamina component in the chicken adenohypophysis, The 17th AAAP Animal Science Congress, 2016.08.
2. 山下未侑, 川端 二功, 田畑 正志, 西村 正太郎, ニワトリの腺性下垂体におけるサイトケラチン陽性細胞の特徴, 日本家禽学会2015年度秋季大会, 2015.09.
3. 大辻 悠衣, 西村 正太郎, 川端 二功, 田畑 正志, ニワトリの下垂体における中間径フィラメントの分布について, 第6回日本暖地畜産学会鹿児島大会, 2013.10.
4. 西村 正太郎, 川端二功, 田畑 正志, ウシの下垂体における中間径フィラメントタンパク質の分布特性, 日本畜産学会第117回大会, 2013.09.
5. Nishimura S., A.Teshima, S.Funatsu, H.Miyachi, V.S.Chowdhury and S.Tabata, Does oestradiol inhibit the collagen synthesis in the chicken liver?, 10th International Symposium on Avian Endocrinology (ISAE2012), 2012.06.
6. Nishimura S., A.Teshima, R.Fujimura, T.Etoh, Y.Shiotsuka, F.Ebara, K.Matsuda, T.Fujita, S.Abiru, S.Tabata, and T.Goto. , The Influence of Different Nutritional Feeding on the Histological Properties of the Liver in the Japanese Black Steers. -An Evaluation Using Cloned Animals-, The 8th International AFAS Joint Symposium between Japan and Korea, 2011.11.
7. 西村正太郎・舩津 哲・手島彰文・宮地秀行・田畑正志, ブロイラー肝臓のコラーゲン線維量と肝星細胞分布における雌雄差の出現とその要因について, 日本畜産学会第114回大会, 2011.08.
8. 西村正太郎・手島彰文・田畑正志, 初期成長過程におけるニワトリ肝臓のコラーゲン線維量の変化と肝星細胞の分布について, 第3回日本暖地畜産学会大分大会, 2010.10.
9. 手島彰文・西村正太郎・田畑正志, 胚発生過程におけるニワトリ肝臓のコラーゲン線維網の発達と肝星細胞の分布について, 日本家禽学会2010年度秋季大会, 2010.09.
10. 西村正太郎・田畑正志, 肝臓コラーゲン線維網を用いたニワトリ腺性下垂体単離細胞の三次元培養の試み, 第34回鳥類内分泌研究会, 2009.11.
11. 相良彩乃・西村正太郎・工藤健一・田畑正志, ニワトリの肝臓におけるコラーゲン線維重量と肝星細胞の密度に関する雌雄間比較, 日本畜産学会第110回大会, 2009.03.
12. 相良彩乃・西村正太郎・工藤健一・田畑正志, ニワトリ肝臓におけるコラーゲン線維の分布とコラーゲン産生細胞に関する免疫組織化学的研究, 第59回西日本畜産学会佐賀大会, 2008.10.
13. 西村正太郎・田畑正志, ニワトリ胚腺性下垂体の三次元立体再構築による組織形成過程の解析, 日本畜産学会第109回大会, 2008.03.
14. 相良彩乃・西村正太郎・大島一郎・尾野喜孝・岡野 香・宮地秀行・田畑正志., 肝小葉コラーゲン構築の家畜種間比較., 日本畜産学会第108回大会, 2007.09.
15. 西村正太郎・下田仁美・大島一郎・尾野喜孝・石橋 明・岡野 香・岩元久雄・田畑正志., 胚発生期ならびに孵化後成長過程における烏骨鶏の腺性下垂体MSH細胞構成割合の変化., 日本畜産学会第108回大会, 2007.09.
16. Nishimura, S., M.Nagata, S.Tabata and H.Iwamoto, Embryonic development of collagen architecture in chicken adenohypophysis., The 7th Joint Meeting of the Histochemistry Society & the Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry, 2006.08.
17. 西村正太郎・大島一郎・下田仁美・石橋 明・尾野喜孝・田畑正志・岩元久雄, 烏骨鶏の骨格筋内メラニン色素沈着の成長変化., 日本畜産学会第104回大会, 2005.03.
18. Nishimura, S., A. Fujiyoshi, T. Soh, S. Tabata and H. Iwamoto, Somatotroph abundance in two Japanese quail lines with different body sizes., Fifth Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology, 2004.03, [URL].
19. Nishimura, S., T.E.Porter, S.Tabata and H.Iwamoto, The Effect of Progesterone on Lactotroph and Somatotroph Abundance in Female Rat Pituitary Cells In Vitro., The Endocrine Society's 85th Annual Meeting, Philadelphia, 2003.06.
学会活動
所属学会名
日本家禽学会
日本畜産学会
日本暖地畜産学会
学協会役員等への就任
2017.10~2019.09, 日本暖地畜産学会, 評議員.
2016.04, 日本家禽学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.03.28~2016.03.29, 日本畜産学会第121回大会, 座長(Chairmanship).
2015.09.11~2015.09.12, 日本畜産学会第120回大会, 座長(Chairmanship).
2015.03.28~2015.03.29, 日本畜産学会第119回大会, 座長(Chairmanship).
2013.09.09~2013.09.10, 日本畜産学会第117回大会, 座長(Chairmanship).
2013.03.27~2013.03.30, 日本畜産学会第116回大会, 座長(Chairmanship).
2012.03.27~2012.03.30, 日本畜産学会第115回大会, 座長(Chairmanship).
2009.03.27~2009.03.29, 日本畜産学会第110回大会, 座長(Chairmanship).
2016.08.22~2016.08.25, The 17th AAAP Animal Science Congress 組織委員会, 会場.
2013.11.21~2013.11.22, 第37回鳥類内分泌研究会, 編集.
2012.11.10~2012.11.11, 第5回日本暖地畜産学会福岡大会, 運営委員会 広報.
2006.03.27~2006.03.30, 日本畜産学会第106回大会, 大会ホームページ作成、会場係.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.10~2019.09, 日本暖地畜産学会報, 国内, 編集委員長.
2015.04~2017.03, 九州大学大学院農学研究院紀要・学芸雑誌, 国内, 編集委員.
2009.10~2011.09, 日本暖地畜産学会報, 国内, 編集委員.
2002.10~2004.10, 西日本畜産学会報, 国内, 常任委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2014年度    
2013年度      
2011年度      
2010年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Hilton Waikoloa Village, UnitedStatesofAmerica, 2006.08~2006.08.
Pennsylvania Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2003.06~2003.06.
University of Maryland, UnitedStatesofAmerica, 2001.09~2002.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, バイオマテリアルを用いたレーザー透過溶着法による革新的生体組織接合技術の研究開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, 肝臓におけるコラーゲン線維網構築機構の解明と肝星細胞の機能評価.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, 画像化法を用いた家畜・家禽由来味細胞の味覚応答.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, ホルモン合成と保出のバランス制御機構:単一LH細胞を用いた解析.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 組織形成過程における細胞外マトリックスの構築機構に関する研究.
学内資金・基金等への採択状況
2003年度~2003年度, 九州大学創立八十周年記念事業国際学術交流基金による海外派遣研究者援助事業(国際研究集会), 代表, The Effect of Progesterone on Lactotroph and Somatotroph Abundance in Female Rat Pituitary Cells In Vitro..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」