九州大学 研究者情報
総説一覧
土居 克実(どい かつみ) データ更新日:2021.06.15

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 遺伝子資源開発学講座


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 土居克実, 乳酸菌が生産する分岐鎖D-アミノ酸の代謝機構と食機能の解明, 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団, 2020.05.
2. 緒方靖哉、西山孝、土居克実, 改訂 ウイルス分類 , 生物と化学, 2020.01.
3. 藤野泰寛、土居克実, シリカを誘導剤とする異種タンパク質発現システム, バイオサイエンスとインダストリー, 2019.09.
4. 藤野泰寛、横山拓史、土居克実, 環境応答とバイオミネラリゼーション -極限環境下における細菌の生存戦略-, 生物と化学, 2012.03, シリカは地球上で最も多く存在する元素でありながら、地球上で最も多く存在する微生物の大部分にとっては無用の長物であると思われてきた。ところが、地熱地帯で散見されるシンターやシリカスケールなどのバイオミネラリゼーションを通じて見ると、好熱菌がシリカを巧みに利用して自身の生存を担保している様子が窺える。ここでは、好熱菌にとって無用の用をなすシリカのバイオミネラリゼーションについて紹介する。.
5. 岩井覚、緒方靖哉、土居克実, 高度好熱性細菌のシリカ鉱物化作用の解明と応用に関する研究, BIO九州, 2009.12.
6. 土居克実, バイオミネラリゼーションを利用した地熱資源の有効利用基盤の創成, 財団法人JFE21世紀財団, 2009.12.
7. 土居克実, 九州地方の遺伝子資源の有効活用に向けた基礎研究, BIO九州, 2009.06.
8. 川口哲、土居克実, 「生物生産」分野に関する科学技術未来戦略ワークショップ報告書, 独立行政法人 科学技術振興機構 研究戦略開発センター, 2006.10.
9. 土居克実、稲垣史生、緒方靖哉, Thermus属細菌によるシリカ鉱物化作用 −地球で最も多い元素と好熱性細菌との接点を探る−, 生物と化学, 2004.05.
10. 緒方靖哉、土居克実, シリカの鉱物化に好熱菌が作用する, 九州大学研究紹介, 2003.03.
11. 因京子、土居克実, 留学生に関する報告, 九州大学留学生教育・研究環境調査報告書, 九州大学留学生教育・研究環境調査委員会編、p.7-33, 2003.02.
12. 土居克実, 放線菌のDNA転移に関与する遺伝子発現制御機構の時間的・空間的解析, 平成10年度-平成11年度科学研究費補助金(基盤研究C(2))研究成果報告書, 2001.03.
13. 土居克実, Lactobacillus属乳酸桿菌の遺伝子操作による産業利用株の作出, 三島海雲記念財団, 2000.07.
14. 緒方靖哉、江口智子、土居克実, 発酵プロセスにおけるバクテリオファージ汚染の防御, 日本ウイルス学会誌, 2000.06.
15. 土居克実、緒方靖哉, 遺伝子資源として、乳酸菌とその寄生因子の特殊性と有用性を展望する, 日本乳酸菌学会誌, 2000.04.
16. 土居克実、横山英之、緒方靖哉, 放線菌の接合性プラスミド, 生物工学会誌, 1998.02.
17. 土居克実、横山英之、緒方靖哉, 放線菌における遺伝子ターゲッティングの利用, 日本農芸化学会誌, 70(8), 889-892, 1996.08.
18. 緒方靖哉、土居克実、横山英之, 放線菌のエピソーム性因子を用いる潜在機能の探求と応用, 日本放線菌学会誌, 1996.06.
19. 緒方靖哉、土居克実, Streptomyces 属放線菌の形態分化にかかわる制御遺伝子, バイオサイエンスとインダストリー, 1994.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」