九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
片倉 喜範(かたくら よしのり) データ更新日:2020.06.16

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座


主な研究テーマ
アンチエイジング食品の機能性とその分子基盤に関する研究
キーワード:機能性食品、抗老化
2008.04.
老化・寿命を規定する分子基盤の解明とその応用に関する研究
キーワード:細胞老化、テロメラーゼ制御機構
1994.08.
体外免疫法を利用した抗原特異的ヒトモノクローナル抗体の作製
キーワード:ヒトモノクローナル抗体
1995.04~2008.03.
動物細胞における組換えタンパク質の高生産
キーワード:組換えタンパク質生産、タンパク製剤、モノクローナル抗体
1994.08~2008.03.
従事しているプロジェクト研究
高機能性はかた地どりの育種・生産に関する研究
2016.04~2018.03, 代表者:片倉喜範, 九州大学.
鶏肉由来イミダゾールジペプチドの機能性に関する研究
2013.04, 代表者:久恒辰博, 東京大学, 東京大学
イミダゾールジペプチドの抗認知症効果の分子基盤を明らかにする。.
ヒト抗体精製システムの開発
2011.04, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
新たなヒト抗体精製システムを開発する。.
ザクロ抽出物の機能性に関する研究
2011.04, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
ザクロ抽出物の機能性を評価する.
機能性食品素材の探索に関する研究
2009.04~2010.03, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
初代・株化動物培養細胞を用い、様々な食品もしくは畜産物、海産物由来の素材の新奇機能性の探索を行うとともに、その機能性の分子基盤を明らかにする。また新たなモノクローナル抗体産生系の確率にトライする。.
アンチエイジング乳酸菌の探索に関する研究
2013.04, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
腸管培養細胞を用い、アンチエイジング活性を有する乳酸菌・ビフィズス菌の探索を行う。.
黒豚プラセンタ新規物質・新規活性物質の探索
2009.04~2010.03, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
黒豚のピラセンタの有効利用として、当該物質から動脈硬化、抗高血圧等の健康機能を有する物質の探索を行う。.
黒酢の健康機能評価研究
2008.04~2009.03, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
マウス脂肪前駆細胞3T3-L1を用い、黒酢の脂肪合成抑制効果を検証する。.
腸内細菌の有する生理活性に関する研究
2006.08~2009.03, 代表者:片倉喜範, 九州大学, 九州大学
初代・株化動物培養細胞を用い、乳酸菌・ビフィズス菌を含む腸内細菌群の免役賦活活性・抗アレルギー活性等を検証することのできる系を構築するとともに、有用な生理活性を有する腸内細菌の同定を行う。.
抗原特異的ヒトモノクローナル抗体高効率生産システムの構築
2006.04~2009.03, 代表者:白畑實隆, 九州大学, 九州大学.
細胞培養床アパタイトシートを用いた組換えタンパク質高効率生産装置の開発
2001.07~2003.03, 代表者:白畑實隆, 九州大学, 九州大学
福岡県工業技術センター生物食品研究所が開発したアパタイトシートは細胞親和性が高いため、九州大学および(株)アステックは同研究所と共同してアパタイトシート内で動物細胞を高密度に培養し、かつ長期間維持できる新規の組換え細胞高密度培養装置を開発する。.
研究業績
主要著書
1. 片倉 喜範, カルノシンの有する記憶機能改善効果とその分子基盤, 国際文献社, 2019.10.
2. 片倉 喜範, 新たな発毛・育毛促進化合物の探索とその機能性, シーエムシー出版, 2019.04.
3. 佐藤三佳子、片倉 喜範, 食品機能性成分の吸収・代謝・作用機序, シーエムシー出版, 2018.01.
4. 片倉 喜範, 化学便覧 応用化学編 第7版, 丸善出版, 2014.01.
主要原著論文
1. Boonsong Wungsintaweekul, Kayoko Abe, Rintaro Koga, Yoshinori Katakura, Kohei Torikai, Antimicrobial and anti-oxidative of 12-arylbenzoacridines, Indones. J. Chem., 2019.05.
2. Qiushi Li, Yujiro Higuchi, Kana Tanabe, Yoshinori Katakura, Kaoru Takegawa, Secretory production of N-glycan-deleted glycoprotein in Aspergillus oryzae, J. Biosci. Bioeng., 129, 5, 573-580, 2019.05.
3. Jun Hata, Tomoyuki Ohara, Yoshinori Katakura, Kuniyoshi Shimizu, Shuntaro Yamashita, Daigo Yoshida, Takanori Honda, Yoichiro Hirakawa, Mao Shibata, Satoko Sakata, Takanari Kitazono, Satoru Kuhara, Toshiharu Ninomiya, Association between serum β-alanine and risk of dementia: the Hisayama Study, Am. J. Epidemiol., 1881, 1637-1645, 2019.05.
4. Yuka Sugihara, Shiori Onoue, Kosuke Tashiro, Mikako Sato, Takanori Hasegawa, Yoshinori Katakura, Carnosine induces intestinal cells to secrete exosomes that activate neuronal cells, PLoS One, 14, 5, e0217394, 2019.05.
5. Zhao Chong, Haruka Matsuo, Shiori Onoue, Hiroaki Yamamoto, Hideyuki Ito, Yoshinori Katakura, Identification of polyphenols that repair the ultraviolet-B-induced DNA damage via SIRT1-dependent XPC/XPA activation, Journal of Functional Foods, 54, 119-127, 2019.03.
6. Hui Tan, Chong Zhao, Qinchang Zhu, Yoshinori Katakura, Hiroyuki Tanaka, Koichiro Ohnuki, Kuniyoshi Shimizu, Ursolic Acid Isolated from the Leaves of Loquat (Eriobotrya japonica) Inhibited Osteoclast Differentiation through Targeting Exportin 5, J. Agric. Food Chem., 67, 2, 3333-3340, 2019.03.
7. Gakuro Harada, Shiori Onoue, Chisato Inoue, Sakae Hanada, Yoshinori Katakura, Delphinidin-3-glucoside suppresses lipid accumulation in HepG2 cells, Cytotechnology, 70, 6, 1707-1712, 2018.12.
8. Keishi Kadooka, Mikako Sato, Takashi Matsumoto, Satoru Kuhara, Yoshinori Katakura, Tatsuya Fujimura, Pig testis extract augments adiponectin expression and secretion through the peroxisome proliferator-activated receptor signaling pathway in 3T3-L1 adipocytes, Cytotechnology, 70, 3, 983-992, 2018.06.
9. Zhao Chong, Haruka Matsuo, Mai Kuroda, Shuntaro Yamashita, Gopal Prasad Parajuli, Hira Kaji Manandhar, Kuniyoshi Shimizu, Yoshinori Katakura, Mushroom extract inhibits ultravilet B-induced cellular senescence in human keratinocytes, Cytotechnology, 70, 3, 1001-1008, 2018.06.
10. Yusuke Togo, Yujiro Higuchi, Yoshinori Katakura, Kaoru Takegawa, Early endosome motility mediates α-amylase production and cell differentiation in Aspergillus oryzae, Sci. Rep., 7, 1, 15757, 2017.11.
11. Momoko Hamano, Yurina Haraguchi, Tomoko Sayano, Chong Zyao, Yashiho Arimoto, Yui Kawano, Kazuki Moriyasu, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Takuya Ogawa, Hisanori Kato, Shigeki Furuya, SMARCD1 regulates senescence-associated lipid accumulation in hepatocytes, npj Aging Mech. Dis., 3, 11, 2017.08.
12. Kaoru Fujii, Kayoko Abe, Keishi Kadooka, Takashi Matsumoto, 片倉 喜範, Carnosine activates the CREB pathway in Caco-2 cells, Cytotechnology, 2017.06.
13. Shuntaro Yamashita, Mikako Sato, Takashi Matsumoto, Keishi Kadooka, Takanori Hasegawa, Tatsuya Fujimura, 片倉 喜範, Mechanisms of carnosine-induced activation of neuronal cells, Biosci. Biotechnol. Biochem., 82, 4, 683-688, 2017.04.
14. Shuntaro Yamashita, Kaoru Fujii, Chong Zhao, Hiroshi Takagi, 片倉 喜範, Involvement of the NFX1-repressor complex in PKC-delta-induced repression of hTERT transcription, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 10.1093/jb/mvw038, 160, 5, 309-313, 2016.11.
15. Tomoko Sayano, Yuki Kawano, Wataru Kusada, Yashiho Arimoto, Kayoko Ezaki, Momoko Hamano, Miyako Udono, 片倉 喜範, Takuya Ogawa, 加藤久典, Yoshio Hirabayashi, Shigeki Furuya, Adaptive response to L-serine deficiency is mediated by p38 MAPK activation via deoxysphinganine in normal fibroblasts, FEBS Open Bio, 6, 303-316, 2016.04.
16. Zhao Chong, Takenori Sakaguchi, Kosuke Fujita, Hideyuki Ito, Norihisa Nishida, Nagatomo Akifumi, Yukimasa Tanaka, 片倉 喜範, Pomegranate-Derived Polyphenols Reduce Reactive Oxygen Species Production via SIRT3-Mediated SOD2 Activation, OXIDATIVE MEDICINE AND CELLULAR LONGEVITY, 10.1155/2016/2927131, 2016, 2927131, 2016.04.
17. 片倉 喜範, Lactobacillus brevis T2102 suppresses the growth of colorectal cancer cells by activating SIRT1, Journal of Functional Foods, 2016.01.
18. 片倉 喜範, Effect of Anserine/Carnosine Supplementation on Verbal Episodic Memory in Elderly People, Journal of Alzheimers Disease, 50, 149-159, 2015.12.
19. 片倉 喜範, Impaired ATP6V0A2 expression contributes to Golgi dispersion and glycosylation changes in senescent cells, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/srep17342, 5, 2015.11.
20. 片倉 喜範, Mechanisms and consequences of carnosine-induced activation of intestinal epithelial cells, JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS, 10.1016/j.jff.2014.12.024, 13, 32-37, 2015.03.
21. 片倉 喜範, Kibizu concentrated liquid suppresses the accumulation of lipid droplets in 3T3-L1 cells., Cytotechnology, 10.1007/s10616-015-9849-x, 2015.02.
22. 片倉 喜範, Molecular mechanisms for the p38-induced cellular senescence in normal human fibroblast, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 10.1093/jb/mvu040, 156, 5, 283-290, 2014.11.
23. 片倉 喜範, 藤井薫, 小磯綾加, 平川標, 山下万貴子, Identification of anti-allergic lactic acid bacteria that suppress Ca2+ influx and histamine release in human basophilic cells, JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS, 10.1016/j.jff.2014.07.006, 10, 370-376, 2014.09.
24. 片倉 喜範, FOXO3a Potentiates hTERT Gene Expression by Activating c-MYC and Extends the Replicative Life-Span of Human Fibroblast, PLOS ONE, 10.1371/journal.pone.0101864, 9, 7, e101864, 2014.07.
25. 片倉 喜範, 山下万貴子, 原田額郎, 松本信英, 相葉佳洋, 市川明, 藤木司, 鵜殿美弥子, 樺山繁, 好田正, Pingbo Zhang, Hiroshi Fujii, 白畑 實隆, Suppression of immunoglobulin production in human peripheral blood mononuclear cells by monocytes via secretion of heavy-chain ferritin, Immunobiology, 10.1016/j.imbio.2013.08.011, 219, 2, 149-157, 2014.02.
26. 片倉 喜範, Gakuro Harada, Shin-ei Matsumoto, Makiko Yamashita, Kaoru Fujii, 白畑 實隆, In vitro immunization of Epstein-Barr virus-immortalized B cells augments antigen-specific antibody production, Cytotechnolgoy, 10.1007/s10616-013-9596-9, 65, 979-983, 2013.06.
27. 片倉 喜範, 小熊一郎, 山下俊太郎, 佐藤聡, 奧山和雄, Novel purification method of human IgG by using a thermo-responsive protein A, J. Chromatogr. A , 10.1016/j.chroma.2013.07.015, 1305, 149-153, 2013.04.
28. Yoshinori Katakura, Yu-Jin, Ko, Hui-Hun, Kim, Eun-Jung, Kim, Won-Sup, Lee, Gon-Sup, Kim, Chung-Ho, Ryu, Piceatannol inhibits mast cell-mediated allergic inflammation, Int. J. Mol. Med., 2012.11.
29. Yoshinori Katakura, Miyako Udono, Keishi Kadooka, Shuntaro Yamashita, Quantitative analysis of cellular senescence phenotypes using an imaging cytometer, Methods, 56, 383-388, 56: 383-388, 2012.05.
30. Makiko Yamashita, Akira Hitaka, Himiko Fujino, Takashi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Fumiki Morimatsu, Tsukasa Fujiki, Yoshinori Katakura, Identification of immunopotentiating lactic acid bacteria that induce antibody production by in vitro-stimulated human peripheral blood mononuclear cells, Bioscience of Microbiota, Food and Health, 31:7-13, 2012.01.
31. Shuntaro Yamashita, Kaori Ogawa, Takahiro Ikei, Miyako Udono, Tsukasa Fujiki, Yoshinori Katakura, SIRT1 prevents replicative senescence of normal human umbilical cord fibroblast through potentiating the transcription of human telomerase reverse transcriptase gene, Biochem. Biophys. Res. Commun., 417: 630-634, 2012.01.
32. Keishi Kadooka, Asuka Imahayashi, Ayaka Koiso, Makiko Yamashita, Kiichiro Teruya, Takashi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Establishment of a novel method of screening anti-allergic lactic acid bacteria, Biosci. Biotechnol. Biochem.,, 75:1016-1018, 2011.05.
33. Tsukasa Fujiki, Miyako Udono, Yojiro Kotake, Makiko Yamashita, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, NFAT5 regulates transcription of the mouse telomerase reverse transcriptase gene, Exp. Cell Res., 316, 3342-3350, 2010.05.
34. Tsukasa Fujiki, Miyako Udono, Takumi Miura, Santaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Regulatory mechanisms of human and mouse telomerase reverse transcriptase gene transcription: distinct dependency on c-Myc, Cytotechnology, 10.1007/s10616-010-9276-y, 2010.04.
35. Yoshinori Katakura, Miyako Udono, Kazuyuki Katsuki, Hisaya Nishide, Yukiko Tabira, Takahiro Ikei, Makiko Yamashita, Tsukasa Fujiki, Sanetaka Shirahata, Protein kinase C δ plays a key role in cellular senescence programs of human normal diploid cells, J. Biochem, 146, 1, 87-93, 2009.04.
36. Kaichi Yoshizaki, Tsukasa Fujiki, Takahiro Tsunematsu, Makiko Yamashita, Miyako Udono, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Pro-senescent effect of hydrogen peroxide on cancer cells and its possible application to tumor suppuression, Biosci. Biotechnol. Biochem., 73, 2, 311-315, 2009.02.
37. Yeon Suk Jung, Shin-ei Matsumoto, Yoshinori Katakura, Makiko Yamashita, Kosuke Tomimatsu, Shigeru Kabayama, Kiichiro Teruya, Sanetaka Shirahata, Generation of human monoclonal antibodies against Propionibacterium acnes by applying the phage display method to human peripheral blood mononuclear cells immunized in vitro, Cytotechnol., 57: 169-175, 2008.09.
38. Miyako Udono, Tsukasa Fujiki, Makiko Yamashita, Kazuyuki Katsuki, Masaaki Funata Yusuke Imada, Kaichi Yoshizaki, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Construction of a regulatable cancer-specific adenoviral expression system using human telomerase reverse transcriptase gene promoter, Biosci. Biotechnol. Biochem., 72: 1638-1641, 2008.05.
39. Yeon Suk Jung, Shin-ei Matsumoto, Makiko Yamashita, Kosuke Tomimatsu, Kiichiro Teruya, Yoshinori Katakura, Sanetaka Shirahata, Propionibacterium acnes acts as an adjuvant in in vitro immunization of human peripheral blood mononuclear cells, Biosci. Biotechnol. Biochem., 71: 1963-1969, 2007.05.
40. Tsukasa Fujiki, Takumi Miura, Mariko Maura, Hiroshi Shiraishi, Yusuke Imada, Norihisa Uehara, Kosuke Tashiro, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, TAK1 represses transcription of the human telomerase reverse transcriptase gene, Oncogene, in press, 2007.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 片倉 喜範, ザクロエキスのアンチエイジング効果, 世論時報社, 2015.06.
2. 片倉 喜範, ザクロポリフェノールの長寿遺伝子活性化作用, ニュー・サイエンス社, 2015.06.
3. 八村敏志, 片倉 喜範, 田之倉優, 小麦ペプチドのアレルギー低減化・抗老化機能の解明, 2015.03.
4. 片倉 喜範, アンチブレインエイジング食品の探索とその機能性の分子基盤解明, 公益財団法人アサヒビール学術振興財団, 2010.04.
5. 片倉喜範, 腸管老化の分子基盤の解明とプロバイオティクスによるその制御, 2009年度ダノン学術研究助成金受賞研究報告, 2009.04.
6. 片倉喜範, プロバイオティクスの抗老化作用に関する研究, 平成21年度 一般公募委託研究 財団法人 糧食研究会, 2009.04.
7. 片倉喜範, 食肉成分による腸管神経制御, 平成20年度食肉に関する助成研究調査成果報告書, 2010.04.
8. 片倉喜範, アンチエイジングの分子ターゲットとしてのサーチュイン, 化学と生物, 2009.08.
9. 片倉 喜範, 細胞老化を規定する分子機構の解明とその応用に関する研究, 日本農芸化学会, 78(12), 1142-1147, 2004.12.
10. 山下万貴子、片倉喜範、白畑實隆, ヒトモノクローナル抗体作製技術の新展開, バイオサイエンスとインダストリー, 2003.01.
11. 白畑實隆、沈仙葉、片倉喜範, コメアレルゲン, アレルギー科, 2000.01.
主要学会発表等
1. 原口瑞木、蕏塚涼、内村佳奈子、金武祚、片倉喜範, GABAによる脳腸相関活性化とその分子基盤, 日本農芸化学会, 2020.03.
2. 平江衣絵、中村水玖、Ledrhem Merieme、Bouamama Hafida、片倉喜範, モロッコ植物由来エッセンシャルオイルのアンチエイジング効果, 日本農芸化学会, 2020.03.
3. 山田あずさ、渡辺康太、西悠里、田代幸寛、酒井謙二、片倉喜範, ヒト表皮由来細胞を用いたヒト毛髪主要細菌による発育・老化関連遺伝子SIRT1の発現促進/抑制活性調査, 日本農芸化学会, 2020.03.
4. 片倉喜範, アンチエイジング皮膚改善サプリメントの開発, 化粧品開発展, 2020.01.
5. 小川瑞紀、川野元一、松岡沙季、片倉喜範, SIRT6活性化食品成分の探索とその機能性, 日本分子生物学会, 2019.12.
6. 山下千春、篠﨑諒介、片倉喜範, 制御性T細胞活性化食品の探索と機能性, 日本分子生物学会, 2019.12.
7. 籠谷琴美、山下俊太郎、片倉喜範, カルノシンによる神経細胞活性化の分子基盤の解明, 日本分子生物学会, 2019.12.
8. 阿部佳世子、佐藤三佳子、片倉喜範, 運動模倣食品による筋中カルノシン産生の増強とミトコンドリアの活性化, 日本分子生物学会, 2019.12.
9. 田中玲、大津出、片倉喜範, カルノシンの腸管バリア増強効果, 日本分子生物学会, 2019.12.
10. 千草玄、魚住直毅、片倉喜範, NAD+増強食品成分の探索及び機能性解析, 日本分子生物学会, 2019.12.
11. 戸高涼花、趙衡、片倉喜範, SIRT1活性化ザクロポリフェノールは、XPC/XPAの活性化を通じてUVB誘導DNA損傷を修復する, 日本分子生物学会, 2019.12.
12. 中村水玖、花田栄、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる大腸がん抑制とその分子基盤, 日本分子生物学会, 2019.12.
13. 蕏塚涼、内村佳奈子、金武祚、片倉喜範, GABAによる脳腸相関活性化とその分子基盤, 日本分子生物学会, 2019.12.
14. 酒井菜摘、#花山なな子、片倉喜範, オートファジー誘導食品の探索とその機能性の検証, 日本分子生物学会, 2019.12.
15. 亀田菜月、趙衡、片倉喜範, SIRT3活性化ザクロポリフェノールによるSOD2活性化を介したROS抑制, 日本分子生物学会, 2019.12.
16. Yoshinori Katakura, Anti-aging activity of essential oils derived from Moroccan plans, TJASSST2019, 2019.12.
17. Hafida Bouamama, Fatiha Benkhalt, Chemseddoha Gadhi, Miku Nakamura, Yoshinori Katakura, Anti-aging effect of Juniperus, a plant of High Atlas Mountains, TJASSST2019, 2019.12.
18. 山下千春、片倉喜範, 制御性T細胞活性化食品の探索とその機能性, 日本食品免疫学会, 2019.11.
19. 田中玲、片倉喜範, SIRT1活性化ザクロ由来ポリフェノールは、XPC/XPAの活性化を通じてUVB誘導性DNA損傷を修復する, 日本食品免疫学会, 2019.11.
20. 千草玄、魚住直毅、片倉喜範, NAD+増強食品成分の探索および機能解析, 日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会, 2019.11.
21. 蕏塚涼、内村佳奈子、金武祚、片倉喜範, GABAによる脳腸相関活性化とその分子基盤, 日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会, 2019.11.
22. 尾上詩織、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる筋脳相関活性化とその分子基盤, 日本抗加齢医学会, 2019.06.
23. 片倉喜範, アンチエイジング活性を有する生物資源の探索系の開発とその機能性の分子基盤解明, 第3回食・触コンソーシアムシンポジウム, 2019.12.
24. 片倉喜範, エミュー肉の高付加価値化に向けて, 第2回日本エミュー研究協議会, 2019.12.
25. 片倉喜範, 老化のメカニズムとアンチエイジング食品開発のポイント, テックデザイン技術講習会, 2019.06.
26. 片倉喜範, アンチエイジング食品の探索とその機能性解明, 第65回構造生物応用研究会, 2019.06.
27. 片倉喜範, アンチエイジング食品の探索とその機能性, 第19回ビジネス創造交流会, 2019.04.
28. 片倉喜範, 天然物を用いた発毛・育毛促進化合物の開発と今後の課題, CMC技術セミナー, 2019.01.
29. 片倉喜範, ザクロポリフェノールの抗老化効果とその分子基盤, 日本栄養・食糧学会大会, 2018.05.
30. 片倉喜範、松尾花佳, テロメラーゼをターゲットとした新規発毛成分の探索, 日本農芸化学会, 2019.03.
31. 阿部佳世子、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる筋脳相関活性化とその分子基盤, 日本農芸化学会, 2019.03.
32. 松尾優樹、原口祐里奈、濱野桃子、尾上詩織、片倉喜範、古屋茂樹, セリン欠乏によるPhgdh KOマウス線維芽細胞でのミトコンドリア機能異常の誘発, 日本農芸化学会, 2019.03.
33. 尾上詩織、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる筋脳相関活性化とその分子基盤, 日本分子生物学会, 2018.11.
34. 阿部佳世子、片倉喜範, 筋中イミダゾールジペプチド産生増強とその分子基盤の解明, 日本分子生物学会, 2018.11.
35. 松尾花佳、久保智里、片倉喜範, hTERT活性化ポリフェノールの発毛効果の検証, 日本分子生物学会, 2018.11.
36. 家入浩美、大津出、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンの腸管バリア増強効果, 日本分子生物学会, 2018.11.
37. 片倉喜範, 皮膚改善アンチエイジング食品の探索, アグリビジネス創出フェア, 2018.11.
38. 松尾花佳、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる腸管を介した皮膚のアンチエイジング, 日本食品免疫学会, 2018.11.
39. 尾上詩織、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる腸管バリア増強効果, 日本食品免疫学会, 2018.11.
40. Haruka Matsuo, Nanako Hanayama, Yoshinori Katakura, Pomegranate-derived polyphenols augment barrier function in intestinal cells through inducing autophagy, JAACT2018, 2018.11.
41. Shiori Onoue, Sakae Hanada, Yoshinori Katakura, Molecular basis for the pomegranate-derived polyphenols induced suppression of colorectal cancer, JAACT2018, 2018.11.
42. Kayoko Abe, Yoshinori Katakura, Molecular mechanisms for the accumulation of imidazol dipeptide in muscle cells, JAACT2018, 2018.11.
43. 松尾花佳、森川琢海、三井雄史、片倉喜範, 植物抽出物由来発毛促進成分の探索, 日本食品科学工学会, 2018.08.
44. 尾上詩織、伊東秀之、片倉喜範, ザクロポリフェノールの抗老化効果とその分子基盤, 日本抗加齢学会, 2018.05.
45. 松尾花佳、久保智里、片倉喜範, 育毛促進成分とその機能性, 日本抗加齢学会, 2018.05.
46. 花山なな子、松尾花佳、片倉喜範, オートファジー誘導食品の探索とその機能性の検証, 日本栄養・食糧学会, 2018.05.
47. 花田栄、尾上詩織、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる大腸ガン抑制効果及びその分子基盤解明, 日本栄養・食糧学会, 2018.05.
48. 川野元一、松岡沙季、片倉喜範, SIRT6活性化食品成分によるDNA損傷の修復, 日本農芸化学会, 2018.03.
49. 松尾花佳、久保智里、片倉喜範, 育毛効果のある食品成分に関する研究, 日本農芸化学会, 2018.03, 【背景・目的】
近年、育毛を促進する因子としてテロメラーゼ逆転写酵素(TERT)が注目されている。本研究では、ヒト表皮ケラチノサイト由来HaCaT細胞を用いて、ヒトTERT遺伝子を活性化する食品成分を網羅的に探索するためのスクリーニング系を新たに構築し、有効な食品成分の探索・同定を行い、その機能性を評価することを目的とした。
【材料及び方法】
TERT遺伝子プロモーターが活性化されると蛍光タンパク質EGFPが蛍光を発するベクターを作製し、ヒト表皮角化細胞であるHaCaT細胞に導入し、安定株を樹立した。当該細胞株を用いてスクリーニングを行った。各種食品成分を添加し培養した後、イメージングサイトメーターを用いてEGFPの蛍光強度の変化を定量し、各種食品成分のヒトTERT遺伝子プロモーター活性化能を評価した。選定したヒトTERT遺伝子プロモーター増強食品成分について、HaCaT細胞の内在性ヒトTERT遺伝子発現に対する効果及び、HaCaT細胞の増殖に与える影響を評価した。更に、毛髪の合成や成長促進に関わる遺伝子や、毛髪の退行を誘導する遺伝子の発現に対する効果の検証及び、毛周期・毛髪の成長を促進するWntシグナル経路の因子であり、ヒトTERTプロモーターの制御にも関わることが知られているβカテニンの活性に対する効果の検証を行った。
【結果・考察】
イメージングサイトメーターによる解析、リアルタイムPCRによる内在性hTERT発現検証及び、細胞増殖に対する効果から、3種類のポリフェノールサンプルが育毛効果を有する食品成分として有望であると考えられた。また、これらのポリフェノールは、毛髪合成や成長促進に関わる成長因子の発現制御あるいは毛周期や毛髪の成長を促進するWnt経路の活性化を通じて、ヒトTERTの活性化、延いては育毛効果を発揮しているものと考えられた。(737/850).
50. 尾上詩織、藤井薫、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる腸管アンチエイジングとその分子基盤, 日本農芸化学会, 2018.03.
51. 篠崎諒介、大津出、藤井薫、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンの腸管バリア増強効果, 日本農芸化学会, 2018.03.
52. 千羽啓太、黒木未知留、白澤拓海、原田額郎、片倉喜範、土居克実, 各種ガン細胞におけるバクテリオファージ由来溶菌タンパク質Holinのアポトーシス誘導, 日本分子生物学会, 2017.12.
53. 尾上詩織、松岡沙季、藤田幸佑、片倉喜範, SIRT6活性化食品の探索とその機能性, 日本分子生物学会, 2017.12.
54. 松尾花佳、久保智里、片倉喜範, 育毛促進成分の探索とその機能性, 日本分子生物学会, 2017.12.
55. 花山なな子、藤井薫、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる腸管アンチエイジングとその分子機構の解明, 日本分子生物学会, 2017.12.
56. 阿部佳世子、山口大貴、味志美穂、片倉喜範, SIRT1を増強するアンチエイジング乳酸菌の機能性, 日本分子生物学会, 2017.12.
57. 内村佳奈子、杉原由佳、片倉喜範, カルノシンによるエクソソームを介した脳腸相関活性化の分子基盤, 日本食品免疫学会, 2017.11, 【背景・目的】
 近年、脳と腸が密接に関わり影響を及ぼし合う「脳腸相関」という概念が注目されている。当研究室ではこれまでの研究で、食肉成分であるカルノシンが脳機能改善効果を示し、脳腸相関活性化能を有することを明らかにしている。そこで我々は、カルノシンによる脳腸相関活性化の分子基盤として腸管細胞由来エクソソームを想定し、その寄与を明らかにすることを目的として研究を行った。
【材料・方法】
 腸管モデル細胞として、ヒト結腸癌由来細胞株であるCaco-2細胞を、神経細胞モデルとしてヒト神経芽細胞腫SH-SY5Y細胞を用いた。カルノシン処理をしたCaco-2細胞の培養上清から、ExoquickあるいはMagCaptureを用いてエクソソームを単離した。エクソソーム内のmiRNAの発現変動及びエクソソームを添加したSH-SY5Y細胞におけるmRNAの発現変動は、マイクロアレイを用いた網羅的解析により評価した。神経突起長は、Neuro-Chrom Pan Neuronal Markerにより染色後、IN Cell Analyzer 1000により定量化し、評価した。
【結果・考察】
カルノシン処理をしたCaco-2細胞由来のエクソソームにおいて発現変動を示すmiRNAのターゲット遺伝子と当該エクソソームを添加したSH-SY5Y細胞において発現変動を示すmRNAを統合解析し、両者で共通に変動するターゲット遺伝子の探索を行った。さらにIngenuity Pathway Analysisにより、神経関連遺伝子を中心としたネットワークの解析を行い、カルノシンの機能性を規定するmiRNA-ターゲット遺伝子を同定した。発現解析の結果から、上記miRNAがカルノシン処理したCaco-2細胞から分泌されるエクソソームに含有され、神経細胞に運ばれるものと予想された。さらに、mimic及びinhibitorを用いた解析から、今回同定したmiRNAとそれによるターゲット遺伝子の発現制御を通じて、神経細胞の神経突起伸長が誘導されることが明らかとなり、カルノシンによるエクソソームを介した神経細胞活性化の分子基盤を明らかにすることができた。.
58. 松尾花佳、片倉喜範, 育毛促進成分の同定と機能性, 日本食品免疫学会, 2017.11.
59. Ai Sawazaki, Yoshinori Katakura, Bungo Shirouchi, Masao Sato, Neural Morphometric Appraisal by Addition of Apolipoprotein E in Human Neuroblastoma Cell Line SH-SY5Y, International Symposium on Agriculture, Food, Environmental and Life Science in Asia, 2017.11.
60. 澤崎 愛、片倉喜範、城内文吾、佐藤匡央, アポリポタンパク質E添加によるヒト神経芽細胞腫の形態学的評価, 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2017.10.
61. 川野元一、松岡沙季、片倉喜範, SIRT6活性化食品成分によるDNA損傷の修復, 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2017.10.
62. 田中 陽、山下俊太郎、片倉喜範, カルノシンによる脳機能改善の分子基盤, 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2017.10.
63. 久保智里、松尾花佳、片倉喜範, 育毛促進成分の探索およびその機能性の検証, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会, 2017.09.
64. 片倉喜範、杉原由佳、佐藤三佳子, 食肉成分カルノシンによるエクソソームを介した脳腸相関活性化, 日本抗加齢医学会, 2017.06, 【背景・目的】
 近年、脳と腸が密接に関わり影響を及ぼし合う「脳腸相関」という概念が注目されている。当研究室ではこれまでの研究で、食肉成分であるカルノシンが認知機能改善効果を示し、脳腸相関活性化能を有することを明らかにしている。そこで我々は、カルノシンによる脳腸相関活性化の分子基盤として腸管細胞由来エクソソームを想定し、その寄与を明らかにすることを目的として研究を行った。
【材料・方法】
 腸管モデル細胞として、ヒト結腸癌由来細胞株であるCaco-2細胞を用いた。カルノシン処理をしたCaco-2細胞の培養上清から、ExoquickあるいはMagCaptureを用いてエクソソームを単離し、エクソソーム内のmiRNAの発現変動をマイクロアレイを用いた網羅的解析により行った。Caco-2培養上清及びエクソソームの機能性は、ヒト神経芽細胞腫SH-SY5Y細胞を用いて検証した。
【結果・考察】
カルノシン処理をしたCaco-2細胞由来のエクソソームmiRNAの発現変動を解析した結果、カルノシン処理により発現変動を示す10種類のmiRNAを同定した。これらmiRNAのターゲット遺伝子をTargetScanによりについて予測したところ、神経管の形成・発達、神経伝達物質の分泌・輸送、ニューロンの発達・分化、軸索の誘導といった、神経細胞の分化・成熟に関わる遺伝子が多く含まれていることが明らかとなった。現在、カルノシン処理した腸管由来エクソソームのSH-SY5Y細胞への取り込み、及びSH-SY5Y細胞における神経突起伸長効果・分化誘導効果について,検証を行っている。.
65. 山下俊太郎、久保智里、片倉喜範, 育毛促進成分の探索およびその機能性の検証, 日本抗加齢医学会, 2017.06.
66. 魚住直毅、杉原由佳、佐藤三佳子、片倉喜範, 食肉由来カルノシンによる脳腸相関活性化の分子基盤, 日本栄養・食糧学会, 2017.05.
67. 阿部佳世子、藤井薫、佐藤三佳子、片倉喜範, カルノシンによる腸管アンチエイジングとその分子機構の解明, 日本栄養・食糧学会, 2017.05.
68. Kaoru Fujii, Izuru Ohtsu, Mikako Sato, Yoshinori Katakura, Carnosine activates the anti-aging signal in the intestinal epithelial cells, Keystone Symposia Aging and Mechanisms of Aging-related Diseases, 2017.05.
69. Shuntaro Yamashita, Yoshinori Katakura, Screening and functional evaluation of food components that promote hair growth, Keystone Symposia Aging and Mechanisms of Aging-related Diseases, 2017.05.
70. 花田栄, 原田額郎, 井上千聡, 伊東秀之, 片倉 喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる脂肪肝抑制, 日本栄養食糧学会, 2017.05.
71. Yoshinori Katakura, Mikako Sato, Yuka Sugihara, Carnosine activates the secretion of exosome form intestinal cells that activates neuronal cells, Keystone Symposia Aging and Mechanisms of Aging-related Diseases, 2017.05.
72. 谷川輝虎, 丁瓊, 金子順, 戸塚護, 片倉 喜範, 今林悦子, 松田博史, 久恒辰博, 鶏肉イミダゾールジペプチドの高齢者の脳老化改善に対する効果, 日本農芸化学会, 2017.03.
73. 花田栄, 堀美久, 伊東秀之, 片倉 喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる大腸ガン抑制効果とその分子基盤, 日本農芸化学会, 2017.03.
74. 大津出, 藤井薫, 佐藤三佳子, 片倉 喜範, カルノシンの腸管バリア増強効果, 日本農芸化学会, 2017.03.
75. 杉原由佳, 門岡桂史, 片倉 喜範, 食肉成分カルノシンによるエクソソームを介した脳腸相関, 日本農芸化学会, 2017.03.
76. 花山なな子, 小野友愛, 伊東秀之, 片倉 喜範, オートファジー誘導食品の探索とその機能性, 日本農芸化学会, 2017.03.
77. 阿部佳世子, 藤井薫, 松本貴之, 片倉 喜範, カルノシンによるミトコンドリア機能増強の分子基盤, 日本農芸化学会, 2017.03.
78. 久保智里, 片倉 喜範, 育毛効果を有する食品成分の探索とその機能性の分子基盤, 日本分子生物学会, 2016.11.
79. 杉原由佳, 松本貴之, 片倉 喜範, 食肉成分カルノシンによる脳腸相関活性化の分子基盤, 日本分子生物学会, 2016.11.
80. 藤井薫, 松本貴之, 片倉 喜範, カルノシンによる腸管アンチエイジングとその分子機構の解明, 日本分子生物学会, 2016.11.
81. 山口大貴, 味志美穂, 片倉 喜範, SIRT1を増強するアンチエイジング乳酸菌の同定とその機能性検証, 日本分子生物学会, 2016.11.
82. 松岡沙季, 藤田幸佑, 片倉 喜範, SIRT6活性化食品の探索とその機能性, 日本分子生物学会, 2016.11.
83. 杉原由佳, 藤井薫, 門岡桂史, 松本貴之, 片倉 喜範, 脳腸相関活性化食品の探索とその分子基盤解明, 日本食品免疫学会, 2016.11.
84. 花山なな子, 伊東秀之, 片倉 喜範, オートファジー誘導食品の探索とその機能性, 日本食品免疫学会, 2016.11.
85. Chisato Kubo, Yoshinori Katakura, Screening and functional evaluation of food components that promote hair growth, JAACT2016 Kobe, 2016.11.
86. Saki Matsuoka, Yoshinori Katakura, Kosuke Fujita, Screening and functional evaluation of SIRT6-activating foods, JAACT2016 Kobe, 2016.11.
87. 花田栄, 堀美久, 伊東秀之, 片倉 喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる大腸ガン抑制作用及びその分子基盤, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
88. 花山なな子, 藤井薫, 戸塚護, 松本貴之, 松田博史, 久恒辰博, 片倉 喜範, 高機能イミダゾールジペプチドカルノシンの記憶機能回復効果に関わる因子の探索, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
89. 花山なな子, 高木大司, 洲山有美, 伊東秀之, 片倉 喜範, 皮膚表皮角化細胞においてSIRT1を活性化する食品成分の同定とその機能性, 日本抗加齢医学会, 2016.06.
90. 原田額郎, 松本貴之, 片倉 喜範, SIRT1増強乳酸菌T2102株による結腸がん抑制とその分子基盤の解明, 日本抗加齢医学会, 2016.06.
91. 片倉 喜範, 松本貴之, 藤井薫, カルノシンの腸管エイジング活性の検証とその分子基盤, 日本栄養食糧学会, 2016.05.
92. 芝原恭子, 門岡桂史, 片倉 喜範, 田辺康祐, 塩川亜弥, 村上仁, 細野朗, 上野川修一, 足立(中嶋)はるよ, 八村敏志, 経口免疫寛容において誘導されるCD62high/intCD44intおよびCD62lowCD44high T細胞の遺伝子発現・機能解析, 日本農芸化学会, 2016.03.
93. 千羽啓太, 黒木未知留, 原田額郎, 片倉 喜範, Katsumi Doi, 各種ガン細胞におけるファージ由来溶菌酵素Holinの効果とアポトーシス誘導, 日本農芸化学会, 2016.03.
94. 藤木司, 片倉 喜範, 岸原健二, 免疫老化におけるB細胞機能変化および網羅的遺伝子解析に関する研究, 日本農芸化学会, 2016.03.
95. 山口大貴, 味志美穂, 高田洋樹, 片倉 喜範, SIRT1を増強するアンチエイジング乳酸菌の同定とその機能性検証, 日本農芸化学会, 2016.03.
96. 久保智里, 藤井薫, 松本貴之, 片倉 喜範, カルノシンによるアンチエイジングシグナル活性化効果, 日本農芸化学会, 2016.03.
97. 松岡沙季, 藤田幸佑, 西田典永, 長友暁史, 田中幸雅, 伊東秀之, 片倉 喜範, SIRT6活性化食品の探索とその機能性解明, 日本農芸化学会, 2016.03.
98. 小野友愛, 西田典永, 長友暁史, 田中幸雅, 伊東秀之, 片倉 喜範, オートファジー誘導食品の探索とその機能性, 日本農芸化学会, 2016.03.
99. 杉原由佳, 児崎智美, 井上千聡, 片倉 喜範, 脂肪肝発症に対する細胞老化因子SMARCD1の寄与, 日本農芸化学会, 2016.03.
100. 片倉 喜範, アンチエイジング食品の可能性, 第6回豊かな長寿社会を目指す講演会, 2016.03.
101. 児崎智美、井上千聡、續祐実、鵜殿美弥子、片倉喜範, 細胞老化関連因子SMARCD1による肝機能制御, 日本分子生物学会, 2015.12.
102. 原田額郎、松本貴之、長谷川隆則、片倉喜範, SIRT1増強乳酸菌T2102株による大腸がん抑制効果とその分子基盤解明, 日本分子生物学会, 2015.12.
103. 藤井薫、松本貴之、片倉喜範, カルノシンによる腸管上皮細胞における抗老化シグナル活性化機構の解明, 日本分子生物学会, 2015.12.
104. 花山なな子、原田額郎、井上千聡、伊東秀之、西田典永、長友暁史、松浦洋一、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる脂肪肝抑制の分子基盤, 日本分子生物学会, 2015.12.
105. 花田栄、堀美久、伊東秀之、西田典永、長友暁史、松浦洋一、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる大腸ガン抑制効果とその分子基盤, 日本分子生物学会, 2015.12.
106. 吉本尚平、森田浩光、中村誠司、片倉喜範、平田雅人, 口腔扁平上皮癌における高浸透圧受容による増殖制御機構の解明, 日本分子生物学会, 2015.12.
107. 藤井薫、松本貴之、片倉喜範, カルノシンによる腸管上皮細胞におけるアンチエイジングシグナル活性化機構の解明, 日本食品免疫学会, 2015.10.
108. 原田額郎、松本貴之、長谷川隆則、片倉喜範, SIRT1活性化乳酸菌T2102株による大腸がん抑制効果とその分基盤解明, 日本食品免疫学会, 2015.10.
109. 八村敏志, 宮川拓也, 片倉 喜範, 田之倉優, 加齢性炎症と食品による抑制, 日本食品免疫学会, 2015.10.
110. 片倉 喜範, アンチエイジング食品による腸管機能制御, 日本食品免疫学会, 2015.10.
111. 片倉喜範、藤井薫, IN Cell Analyzer 1000を用いた細胞内カルシウムシグナル経路解析, GE Life Science Day, 2015.07.
112. 松岡沙季、坂口武則、藤田幸佑、伊東秀之、西田典永、長友暁史、松浦洋一、片倉喜範, SIRT3活性化食品の探索・同定とその機能性解析, 日本動物細胞工学会, 2015.07.
113. 久保智里、玉井郁人、松本貴之、片倉喜範, BDNFをターゲットとした脳腸相関活性化食品とその機能性, 日本動物細胞工学会, 2015.07.
114. 久保智里, 原田額郎, 久恒辰博, 松田博史, 今林悦子, 戸塚護, 松本貴之, 佐藤三佳子, 森松文毅, 片倉 喜範, DNAマイクロアレイ解析によるイミダゾールジペプチドの機能性及びその分子基盤の解明, 日本抗加齢医学会, 2015.05.
115. 原田額郎, 佐藤三佳子, 松本貴之, 森松文毅, 片倉 喜範, SIRT1増強乳酸菌T2102株による大腸がん抑制とその分子基盤, 日本抗加齢医学会, 2015.05.
116. 片倉 喜範, 井上千聡, 細胞老化因子SMARCD1による肝機能制御に関する研究, 日本抗加齢医学会, 2015.05.
117. 松岡沙季, 藤田幸佑, 坂口武則, 西田典永, 長友暁史, 松浦洋一, 伊東秀之, 片倉 喜範, SIRT3活性化食品による抗酸化制御, 日本抗加齢医学会, 2015.05.
118. Kaoru Fujii, Takashi Matsumoto, Mikako Sato, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Molecular mechanisms for Carnosine-induced mitochondrial biogenesis in the intestinal epithelial cells, ACN2015, 2015.05.
119. Gakuro Harada, Takashi Matsumoto, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Identification and functional analysis of anti-aging lactic acid bacteria, ACN2015, 2015.05.
120. 原田額郎、久恒辰博、松田博史、戸塚護、松本貴之、片倉喜範, DNAマイクロアレイ解析によるイミダゾールジペプチドの機能性及びその分子基盤の解明, 日本農芸化学会, 2015.03.
121. 藤井薫、松本貴之、佐藤三佳子、森松文毅、片倉喜範, カルノシンによる腸管上皮細胞におけるミトコンドリア生合成の促進とその分子制御機構の解明, 日本農芸化学会, 2015.03.
122. 高木大司、山下俊太郎、片倉喜範, PKC-βにより誘導されるhTERT転写抑制の分子メカニズム, 日本農芸化学会, 2015.03.
123. 小野友愛、坂口武則、藤田幸佑、伊東秀之、西田典永、長友暁史、松浦洋一、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによるSIRT3の活性化, 日本農芸化学会, 2015.03.
124. 片倉 喜範, アンチエイジング活性を有する食品の探索, 大分県農林水産部との連携協議会, 2015.02.
125. 原田 額郎、松本 貴之、森松 文毅、片倉 喜範, SIRT1増強乳酸菌による大腸がん抑制の分子基盤, 日本分子生物学会, 2014.11.
126. 洲山 有美、山下 俊太郎、西田 典永、長友 暁史、松浦 洋一、片倉 喜範, SIRT1をターゲットとした皮膚老化抑制ポリフェノールの探索, 日本分子生物学会, 2014.11.
127. 坂口 武則、藤田 幸佑、西田 典永、長友 暁史、松浦 洋一、片倉 喜範, SIRT3活性化食品成分の探索・同定とその機能性, 日本分子生物学会, 2014.11.
128. 井上 千聡、續 祐実、鵜殿 美弥子、片倉 喜範, 細胞老化関連因子SMARCD1による肝機能制御に関する研究, 日本分子生物学会, 2014.11.
129. 藤井 薫、松本 貴之、佐藤 三佳子、森松 文毅、片倉 喜範, カルノシンによる腸管上皮細胞におけるミトコンドリア新生の亢進, 日本分子生物学会, 2014.11.
130. 玉井 郁人、松本 貴之、佐藤 三佳子、森松 文毅、片倉 喜範, BDNFをターゲットとした脳腸相関活性食品の探索とその機能性, 日本分子生物学会, 2014.11.
131. 堀 美久、原田 額郎、西田 典永、長友 暁史、松浦 洋一、片倉 喜範, ザクロ由来ポリフェノールの大腸ガン抑制効果とそのメカニズムの解析, 日本分子生物学会, 2014.11.
132. Tsukasa Fujiki, Yoshinori Katakura, Kenji Kishihara, Function of MAPK p38 in aging-associated phenotypic changes of B cells, JAACT2014, 2014.11.
133. Asuka Kishikawa, Hiroya Ishikawa, Yoshinori Katakura, Kuniyoshi Shimizu, Anti-allergic compound in ethanol extract of olive milled waste, JAACT2014, 2014.11.
134. Kaoru Fujii, Takashi Matsumoto, Mikako Sato, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Carnosine promotes mitochondrial biogenesis through the activation of CREB in intestinal eptithelial cells, JAACT2014, 2014.11.
135. 久恒辰博、金子順、戸塚護、片倉喜範、佐藤三佳子、松本貴之、森松文毅、今林悦子、松田博史, 食品による脳老化予防の可能性, 日本食品免疫学会, 2014.10.
136. 味志美穂、門岡桂史、松本貴之、佐藤三佳子、森松文毅、片倉喜範, マイクロアレイ解析によるカルノシンの機能性推定, 日本食品免疫学会, 2014.10.
137. 曹元、薩秀夫、片倉喜範、佐藤三佳子、松本貴之、森松文毅、戸塚護, イミダゾールペプチド摂取が中高齢者の血清サイトカインに及ぼす影響, 日本食品免疫学会, 2014.10.
138. 片倉喜範, アンチエイジング食品の探索とその機能性の分子メカニズム, 日本農芸化学会, 2014.09.
139. 片倉喜範、藤井薫, 高機能ジペプチドによる腸管上皮細胞におけるミトコンドリア生合成の亢進, GE Life Science Day 2014, 2014.08.
140. 洲山有美、山下俊太郎、長友暁史、西田典永、松浦洋一、片倉喜範, SIRT1をターゲットとした皮膚老化抑制ポリフェノールの探索, 日本抗加齢医学会, 2014.06.
141. 原田額郎、井上千聡、長友暁史、西田典永、松浦洋一、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールによる脂肪肝抑制効果とその分子基盤, 日本抗加齢医学会, 2014.06.
142. 片倉喜範、門岡桂史、佐藤三佳子、松本貴之、森松文毅、戸塚護、松田博、久恒辰博, マイクロアレイを用いたイミダゾールジペプチドのブレインエイジング予防効果の分子基盤解明, 日本抗加齢医学会, 2014.06.
143. 片倉喜範, ザクロエキスの抗老化(長寿遺伝子活性化)作用, 日本抗加齢医学会, 2014.06.
144. 井上千聡、原田額郎、長友暁史、西田典永、松浦洋一、片倉喜範, ザクロ由来ポリフェノールの脂肪肝抑制効果, 日本栄養・食糧学会, 2014.06.
145. 原田額郎、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, SIRT1活性化乳酸菌T2102株による結腸ガン細胞抑制効果とその分子基盤, 日本栄養・食糧学会, 2014.06.
146. 藤井薫、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, カルノシンによる腸管上皮細胞におけるミトコンドリア生合成の亢進とその分子基盤, 日本栄養・食糧学会, 2014.06.
147. 片倉 喜範, マイクロアレイ解析による鶏肉由来高機能ジペプチドの機能性検証, 日本農芸化学会, 2014.03.
148. 片倉 喜範, 藤井薫, 松本貴之, 森松文毅, カルノシンによる腸管におけるミトコンドリア生合成の亢進, 日本農芸化学会, 2014.03.
149. 片倉 喜範, 門岡桂史, 松本貴之, 森松文毅, DNAマイクロアレイ解析による腸管細胞におけるカルノシンの機能推測, 日本農芸化学会, 2014.03.
150. 片倉 喜範, 新規細胞老化関連因子の同定による老化診断, 第2回九州大学技術シーズ活用フォーラム, 2014.03.
151. 片倉 喜範, 細胞老化の分子基盤とそれに基づくアンチエイジング食品の開発, 2014.01.
152. 片倉 喜範, 井上千聡, 續祐実, 鵜殿美弥子, SMARCD1による肝機能制御に関する研究, 日本分子生物学会, 2013.12.
153. 片倉 喜範, 原田額郎, 松本貴之, 森松文毅, SIRT1活性化乳酸菌による大腸ガン抑制の分子基盤, 日本分子生物学会, 2013.12.
154. 片倉 喜範, 門岡桂史, 松本貴之, 森松文毅, マイクロアレイ解析に基づくカルノシンの腸管細胞機能に与える影響の解析, 日本分子生物学会, 2013.12.
155. 片倉 喜範, 藤井薫, 松本貴之, 森松文毅, カルノシンによる腸管上皮細胞におけるCREBの活性化を通じたミトコンドリア生合成の亢進, 日本分子生物学会, 2013.12.
156. 片倉 喜範, 藤田幸佑, 松本貴之, 森松文毅, SIRT3をターゲットとしたアンチエイジング食品の探索とその機能性, 日本分子生物学会, 2013.12.
157. 片倉 喜範, 山下俊太郎, PKC-δにより誘導されるhTERT転写抑制の分子メカニズム, 日本分子生物学会, 2013.12.
158. 片倉 喜範, 原田額郎, 松本貴之, 森松文毅, 乳酸菌T2102株による大腸がん抑制の分子基盤, 日本食品免疫学会, 2013.10.
159. 片倉 喜範, 藤井薫, 松本貴之, 森松文毅, カルノシンによる腸管CREBの活性化とその分子基盤, 日本食品免疫学会, 2013.10.
160. 片倉 喜範, アンチエイジング食品の開発, 福岡県生物食品研究所・九大農学部セミナー, 2013.10.
161. 片倉 喜範, 健康長寿実現のためのアンチエイジング食品の開発とその機能性, IUFoST-Japan, 2013.08.
162. 片倉 喜範, IN Cell Analyzer 1000を用いた機能性食品成分の探索とその機能性の分子基盤, GE Healthcare Cellular Sciencesセミナー, 2013.08.
163. 片倉 喜範, 新規機能性食品の探索と同定—新奇アンチエイジング食品の開発に向けたー, 2013.07.
164. 片倉 喜範, 門岡桂史, 松本貴之, 森松文毅, カルノシンの腸管機能活性化効果, 日本動物細胞工学会, 2013.07.
165. 片倉 喜範, 山下俊太郎, 黒田真衣, 深見 克哉, 長寿遺伝子SIRT1による皮膚老化抑制, 日本動物細胞工学会, 2013.07.
166. 片倉 喜範, 小熊一郎, 石川ルリ子, 小澤啓子, 丸本朝清, 佐藤聡, 山下俊太郎, 温度応答性プロテインAによる抗体の精製, 日本動物細胞工学会, 2013.07.
167. 片倉 喜範, IN Cell Analyzer 1000を用いた機能性食品成分の探索, GE Life Sciences Days 2013, 2013.07.
168. 片倉 喜範, 山下俊太郎, 黒田真衣, 長寿遺伝子SIRT1による皮膚老化抑制, 日本抗加齢医学会, 2013.06.
169. 片倉 喜範, 原田額郎, 松本貴之, 森松文毅, SIRT1活性化乳酸菌による結腸がん抑制とその分子基盤, 日本抗加齢医学会, 2013.06.
170. 片倉 喜範, 原田額郎, 長友暁史, 松浦洋一, 西田典永, 長寿遺伝子活性化効果を有するザクロ由来ポリフェノールの同定とその機能性, 日本抗加齢医学会, 2013.06.
171. 片倉 喜範, カルノシンの新規機能性, 日本栄養・食糧学会, 2013.05.
172. 片倉 喜範, 門岡桂史, 松本貴之, 森松文毅, カルノシンによる腸管機能制御, 日本栄養・食糧学会, 2013.05.
173. 片倉 喜範, 山下俊太郎, 小熊一郎, Thermo-responsive chromatography resin, Bioprocess International Europe, 2013.04.
174. 片倉 喜範, 原田 額郎, 松本 貴之, 森松 文毅, アンチエイジング乳酸菌による結腸ガン細胞抑制効果, 日本農芸化学会, 2013.03.
175. 片倉 喜範, 藤井 薫, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, カルノシンによる腸管におけるCREBの活性化とその機能性, 日本農芸化学会, 2013.03.
176. 片倉 喜範, 藤木 司, 岸原 健二, 加齢に伴うB細胞機能変化におけるMAPKp38の関与, 日本農芸化学会, 2013.03.
177. 片倉 喜範, 山下 俊太郎, FOXO3aによるテロメラーゼ制御の分子基盤, 日本農芸化学会, 2013.03.
178. 片倉 喜範, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, カルノシンによるCaco-2細胞の機能制御, 日本農芸化学会, 2013.03.
179. 片倉 喜範, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, カルノシンによるCaco-2細胞の活性化と機能性, 日本分子生物学会, 2012.12.
180. 片倉 喜範, 山下 俊太郎, FOXO3aによるテロメラーゼ活性化の分子機構, 日本分子生物学会, 2012.12.
181. 片倉 喜範, 藤木 司, 岸原 健二, 加齢に伴うB細胞機能変化におけるMAPK p38の関与, 日本分子生物学会, 2012.12.
182. 片倉 喜範, 黒田 真衣, SIRT1による皮膚老化制御, 日本分子生物学会, 2012.12.
183. 片倉 喜範, 原田 額郎, 松本 貴之, 森松 文毅, SIRT1活性化乳酸菌の大腸癌抑制効果, 日本分子生物学会, 2012.12.
184. 片倉 喜範, 藤井 薫, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, Caco-2細胞におけるカルノシンによるBDNF発現増強, 日本分子生物学会, 2012.12.
185. 片倉 喜範, 井上 千聡, 續 祐実, 鵜殿 美弥子, 細胞老化関連因子による肝機能制御に関する研究, 日本分子生物学会, 2012.12.
186. 片倉 喜範, 山下 俊太郎, 小熊 一郎, 佐藤 聡, 奧山 和雄, Novel purification method of human antibody using a temperature-responsive protein A column, The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, 2012.11.
187. 片倉 喜範, 藤井 薫, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, Molecular basis for the carnosine-induced transcriptional activation of BDNF gene in Caco-2 cells., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, 2012.11.
188. 片倉 喜範, 原田 額郎, 松本 貴之, 森松 文毅, Pawat Pattarawat, 伊藤 謙二, Identification and functional evaluation of lactic acid bacteria that activates SIRT1 expression, Keystone Symposia Aging and Desease of Aging, 2012.10.
189. 片倉 喜範, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, Carnosine induces Caco-2 cells to secrete neurotrophic factors and activate SH-SY5Y cells, Keystone Symposia Aging and Desease of Aging, 2012.10.
190. 片倉 喜範, 鵜殿 美弥子, Functional involvement of senescence-associated gene in the formation of Golgi apparatus, Keystone Symposia Aging and Desease of Aging, 2012.10.
191. 片倉 喜範, 山下 俊太郎, 小川 香織, Molecular mechanisms for FOXO3a-induced transcriptional activation of hTERT, Keystone Symposia Aging and Desease of Aging, 2012.10.
192. 片倉 喜範, 黒田 真衣, 長寿遺伝子サーチュインによる皮膚老化制御, 日本食品免疫学会, 2012.10.
193. 片倉 喜範, 門岡桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, カルノシンによる腸管由来BDNF産生増強とその機能性, 日本食品免疫学会, 2012.10.
194. 片倉 喜範, 原田 額郎, 松本 貴之, 森松 文毅, 抗老化乳酸菌の探索とその機能性に関する研究, 日本食品免疫学会, 2012.10.
195. 片倉 喜範, 原田 額郎, Pawat Pattarawat, 松本 貴之, 森松 文毅, 抗老化乳酸菌の探索とその機能性に関する研究, 化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
196. 片倉 喜範, 門岡 桂史, 鵜殿美弥子, 松本 貴之, 森松 文毅, カルノシンによる腸管由来BDNF産生増強を通じた神経系制御, 化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
197. 片倉 喜範, 黒田 真衣, 鵜殿 美弥子, 細胞老化因子による老化制御の分子基盤, 化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
198. 片倉 喜範, 藤井 薫, 門岡 桂史, 松本 貴之, 森松 文毅, 食肉成分による腸管細胞における神経栄養因子発現制御, 化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
199. 片倉 喜範, 山下 俊太郎, PKC-δによるhTERT転写抑制の分子機構, 化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
200. 片倉喜範, カルノシンの脳腸相関活性化効果, カルノシン・アンセリン研究会, 2012.05.
201. 濱野桃子、佐矢野智子、鵜殿美弥子、小川拓哉、片倉喜範、加藤久典、古屋茂樹, セリン合成酵素Phgdh欠損線維芽細胞に惹起される炎症反応の分子機序, 日本農芸化学会, 2012.03.
202. 原田額郎、Pawat Pattarawat、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, 抗老化乳酸菌の探索とその機能性に関する研究, 日本農芸化学会, 2012.03.
203. 鵜殿美弥子、山下俊太郎、片倉喜範, 細胞老化因子のゴルジ体形成に対する寄与, 日本農芸化学会, 2012.03.
204. 黒田真衣、鵜殿美弥子、片倉喜範, イメージングサイトメーターを用いた細胞老化プロセスの定量化解析, 日本農芸化学会, 2012.03.
205. 藤井薫、門岡桂史、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, 食肉成分による腸管細胞における神経栄養因子発現制御, 日本農芸化学会, 2012.03.
206. Keishi Kadooka, Miyako Udono, Masaya Deguchi, Takashi Matsumoto, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Carnosine induces Caco-2 cells to secrete neutrophic factors, The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology Soceity of Japan, 2011.12.
207. Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Functional involvement of senescence-associated gene in the formation of Golgi apparatus, The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology Soceity of Japan, 2011.12.
208. Shuntaro Yamashita, Yoshinori Katakura, Identification of repressor complex recuited to hTERT promoter in response to PKC-δ, The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology Soceity of Japan, 2011.12.
209. Gakuro Harada, Pawat Pattarawat, Kenji Ito, Takashi Matsumoto, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Identification and functional evaluation of lactic acid bacteria that activates SIRT1 expression, The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology Soceity of Japan, 2011.12.
210. 黒田真衣、鵜殿美弥子、片倉喜範, イメージングサイトメーターを用いた細胞老化表現型の定量化解析, システム生命科学府オールラボポスターコンテスト, 2011.11.
211. 佐矢野智子、和田晃、濱野桃子、鵜殿美弥子、片倉喜範、小川拓哉、加藤久典、古屋茂樹, セリン欠乏による遺伝子発現応答にAtf4は関与するか?, アミノ酸学会, 2011.11.
212. 片倉喜範, 抗老化食品の探索とその機能性の分子機構, 日本食品免疫学会, 2011.10.
213. 鵜殿美弥子、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, SIRT1活性化乳酸菌の探索とその機能性に関する解析, 日本食品免疫学会, 2011.10.
214. 藤木司、岸原健司、片倉喜範, 加齢に伴うB細胞機能変化におけるMAPK p38の関与, 日本動物細胞工学会, 2011.07.
215. 鵜殿美弥子、片倉喜範, イメージングサイトメーターによる細胞老化の定量的解析, 日本動物細胞工学会, 2011.07.
216. Pawat Pattarawat、伊藤謙二、鵜殿美弥子、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, SIRT1活性化乳酸菌の探索とその機能性に関する解析, 日本動物細胞工学会, 2011.07.
217. 片倉喜範, イメージングサイトメーターを用いた細胞老化プロセスの定量化解析, 化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
218. 續祐実、鵜殿美弥子、片倉喜範, 細胞老化因子によるがん抑制, 化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
219. 鵜殿美弥子、片倉喜範, 細胞老化関連因子による細胞老化誘導の分子機構, 化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
220. 山下俊太郎、片倉喜範, PKC-δによるhTERT抑制, 化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
221. 門岡桂史、鵜殿美弥子、出口征弥、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, カルノシンによるCaco-2由来BDNF産生増強効果, 化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
222. Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Senescence-associated genes and their implication in the induction of cellular senescence, ESACT, 2011.05.
223. Keishi Kadooka, Noritake Kobatake, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, High content analysis revealed regulatory mechanisms of cellular senescence, ESACT, 2011.05.
224. 門岡桂史、鵜殿美弥子、出口征弥、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, カルノシンによるCaco-2細胞からのBDNF産生増強, 日本農芸化学会, 2011.03.
225. 有本八潮、佐矢野智子、鵜殿美弥子、片倉喜範、古屋茂樹, Phgdh欠損線維芽細胞のセリン制限による増殖抑制の分子機構, 日本農芸化学会, 2011.03.
226. 山下俊太郎、片倉喜範, PKC-δによるhTERT転写抑制の分子基盤, 日本農芸化学会, 2011.03.
227. 鵜殿美弥子、續祐実、片倉喜範, 細胞老化関連因子による細胞老化誘導の分子機構, 日本農芸化学会, 2011.03.
228. Keishi Kadooka, Norihiro Kobatake, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, High content analysis revealed regulatory mechanisms of cellular senescence programs, 日本分子生物学会, 2010.12.
229. Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Functional analysis of senescence-associated genes in cellular senescence programs, 日本分子生物学会, 2010.12.
230. Neng Qian, Yuri Nakahara, Kaori Mukae, Asuka Ogawa, Yoshinori Katakura, Molecular mechanisms of MAPK p38-induced repression of hTERT, 日本分子生物学会, 2010.12.
231. Shuntaro Yamashita, Yoshinori Katakura, Molecular basis for the PKC-δ-induced hTERT repression, 日本分子生物学会, 2010.12.
232. Pawat Pattarawat, Kenji Ito, Miyako Udono, Takashi Matsumoto, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Identification of lactic acid bacteria that activate SIRT1 expression, 日本分子生物学会, 2010.12.
233. 門岡桂史、鵜殿美弥子、出口征弥、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, 食肉成分による腸管上皮細胞機能の制御, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2010.09.
234. Keishi Kadooka, Norihiro Kobatake, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Regulatory mechanisms of cellular senescence revealed by high-content analysis, JAACT2010 Sapporo, 2010.09.
235. Miyako Udono, Kaori Mukae, Tsukasa Fujiki, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Functional analysis of senescence-associated genes in the induction of cellular senescence, JAACT2010 Sapporo, 2010.09.
236. Shuntaro Yamashita, Kaori Ogawa, Yoshinori Katakura, Molecular mechanisms of telomerase regulation by FOXO3a, JAACT2010 Sapporo, 2010.09.
237. 片倉喜範, IN Cell Analyzer 1000を用いた細胞老化プロセスの定量化解析, IN Cell User’s Day 2010, 2010.08.
238. Tsukasa Fujiki, Kenji Kishihara, Yoshinori Katakura, Functions of MAPK p38 in aging-associated phenotypic changes of B cells, 第14回国際免疫会議, 2010.08.
239. 鵜殿美弥子、片倉喜範, 新規細胞老化関連因子の発現・機能解析, 日本抗加齢医学会, 2010.06.
240. 鵜殿美弥子、松本貴之、森松文毅、片倉喜範, Caco-2細胞を用いた機能性乳酸菌の探索とその作用機序に関する研究, 日本食品免疫学会, 2010.06.
241. 片倉喜範, 動物細胞を用いた新規機能性食品・食品成分の探索とその機能性の分子基盤の解明, 研究成果発表会, 2010.04.
242. 山下俊太郎、小川香織、白畑實隆、片倉喜範, 動物細胞を用いた新規機能性食品・食品成分の探索とその機能性の分子基盤の解明, 日本農芸化学会, 2010.03.
243. Pawat Pattarawat, Kenji Ito, Takashi Matsumoto, Fumiki Morimatsu, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, High-throughput screening system for probiotic bacteria regulating intestinal function, 日本農芸化学会, 2010.03.
244. Yoshinori Katakura, Identification of senescence-associated genes and its implication to tumor suppression, International Conference on Radiation and Cancer Biology, 2010.02.
245. 片倉喜範, 機能性食品のハイスループット探索, 農工連携分科会第2回機能性天然素材研究会(出会いの場)講演会, 2010.02.
246. Yasuyo Yokota, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Molecular basis regulating intestinal senescence, 日本分子生物学会年会, 2009.12.
247. Kenji Ito, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, High-throughput screening for probiotic bacteria regulating intestinal functions, 日本分子生物学会年会, 2009.12.
248. Miyako Udono, Kaori Mukae, Tsukasa Fujiki, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Contribution of senescence-associated genes to the onset of inflammatory diseases, 日本分子生物学会年会, 2009.12.
249. Norihiro Kobatake, Tatsuhiko Kodama, Yusuke Shirohzu, Miyako Udono, Tsukasa Fujiki, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Signal network regulating TAK1-induced cellular senescence, 日本分子生物学会年会, 2009.12.
250. Shuntaro Yamashita, Miyako Udono, Yoshinori Katakura, Molecular mechanisms for PKC-δ-induced repression of human telomerase reverse transcriptase gene., 日本分子生物学会年会, 2009.12.
251. Miyako Udono, Kaori Mukae, Tsukasa Fujiki, Sanetaka Shirahata, Yoshinori Katakura, Expression analysis of senescence-associated genes: their possible involvment in the onset of diabetes, The 6th International Joint Symposium between Japan and Korea, 2009.11.
252. 片倉喜範, 老化関連因子未病診断システム, バイオジャパン, 2009.10.
253. 鵜殿美弥子、向江佳織、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化関連遺伝子の発現解析を通じた生活習慣病発症に対する寄与の解析, 日本動物細胞工学会, 2009.07.
254. 鵜殿美弥子、小磯綾加、山下万貴子、今林明日香、平川標、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、白畑實隆、片倉喜範, ヒト幼若好塩基球KU812Fを用いた抗アレルギー乳酸菌の探索とその作用機構の解析, 日本食品免疫学会, 2009.05.
255. 鵜殿美弥子、向江佳織、藤木司、張平波、藤井博、白畑實隆、片倉喜範, 新規細胞老化因子の同定と生活習慣病発症への寄与の解析, 日本農芸化学会, 2009.03.
256. 小畠規寬、中原ゆり、白畑實隆、片倉喜範, MAPK p38による細胞老化制御の分子基盤, 日本農芸化学会, 2009.03.
257. 児玉龍彦、小畠規寬、白水祐輔、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化制御ネットワークの分子基盤の解析, 日本農芸化学会, 2009.03.
258. 小川香織、横田泰代、池井崇大、白畑實隆、片倉喜範, テロメラーゼ制御によるアンチエイジングの分子基盤の解析, 日本農芸化学会, 2009.03.
259. 白畑實隆、富松航佑、片倉喜範, 体外免疫法とファージディスプレイ法を組み合わせた効率的ヒトモノクローナル抗体作製法, 日本農芸化学会, 2009.03.
260. 小磯綾加、山下万貴子、今林明日香、平川標、後藤浩予、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、白畑實隆、片倉喜範, ヒト幼若好塩基球KU812Fを用いた抗アレルギー乳酸菌の探索とその作用機構の解析, 日本農芸化学会, 2009.03.
261. 後藤浩予、山下万貴子、伊藤謙二、田中勇人、小磯綾加、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、白畑實隆、片倉喜範, AID活性化乳酸菌の探索と感染防御への応用, 日本農芸化学会, 2009.03.
262. 児玉龍彦、白水祐輔、藤木司、伊藤紋子、今田悠介、白畑實隆、片倉喜範, TAK1依存的に細胞老化を誘導するシグナルネットワークに関する研究, 日本分子生物学会, 2008.12.
263. 小畠規寬、中原ゆり、向江佳織、小川明日香、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, MAPキナーゼp38によるhTERT転写抑制の分子機構, 日本分子生物学会, 2008.12.
264. 鵜殿美弥子、向江佳織、藤木司、張平波、藤井博、白畑實隆、片倉喜範, 新規細胞老化関連因子の発現・機能解析, 日本分子生物学会, 2008.12.
265. 小川香織、池井崇大、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, テロメラーゼ制御による延命の分子基盤の解明, 日本分子生物学会, 2008.12.
266. M. Udono, K. Mukae, T. Fujiki, Z. P. Bo, H. Fujii, S. Shirahata, Y. Katakura, Expression analysis of senescence-associated genes: their possible involvement in the diabetes, The 21st Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, 2008.11.
267. 後藤浩予、山下万貴子、田中勇人、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、白畑實隆、片倉喜範, AIDプロモーターを活性化する乳酸菌の同定, 日本免疫学会, 2008.11.
268. 小磯綾加、山下万貴子、今林明日香、平川標、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、白畑實隆、片倉喜範, ヒト幼若好塩基球様細胞に対する乳酸菌の抗アレルギー効果, 日本免疫学会, 2008.11.
269. 山下万貴子、日高顕、藤野陽美子、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、照屋輝一郎、白畑實隆、片倉喜範, 体外免疫法を用いたヒト免疫賦活作用を有する乳酸菌の検索, 日本食品免疫学会, 2008.05.
270. 藤木司、神武洋二郎、三浦巧、白畑實隆、片倉喜範, 浸透圧ストレスによるマウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 日本農芸化学会, 2008.03.
271. 鵜殿美弥子、向江佳織、藤木司、張平波、藤井博、白畑實隆、片倉喜範, 新規細胞老化関連因子の同定と発現・機能解析, 日本農芸化学会, 2008.03.
272. 香月一志、池井崇大、藤木司、西出寿也、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化プログラムを規定するPKC-δの機能解析, 日本農芸化学会, 2008.03.
273. 児玉龍彦、白水祐輔、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化プログラムにおけるTAK1の機能的役割, 日本農芸化学会, 2008.03.
274. 片倉喜範, アンチエイジングの分子生物学, ミニゲノムひろば, 2007.12.
275. 藤木司、神武洋二郎、三浦巧、白畑實隆、片倉喜範, NFAT5によるマウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 日本分子生物学会, 2007.12.
276. 中原ゆり、向江佳織、小川明日香、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, MAPキナーゼp38によるテロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子転写抑制の分子機構, 日本分子生物学会, 2007.12.
277. 白水祐輔、藤木司、伊藤紋子、今田悠介、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化を規定する因子としてのTAK1の機能解析, 日本分子生物学会, 2007.12.
278. 鵜殿美弥子、向江佳織、藤木司、張平波、藤井博、白畑實隆、片倉喜範, 新規細胞老化関連因子の同定と発現・機能解析, 日本分子生物学会, 2007.12.
279. 田中勇人、後藤浩予、山下万貴子、安部義一、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、照屋輝一郎、片倉喜範、白畑實隆, AIDプロモーター活性化能をもつ乳酸菌のスクリーニング, 日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部大会, 2007.09.
280. 藤瀬有岐子、日高顕、山下万貴子、片倉喜範、藤野陽美子、松本信英、松本貴之、長谷川隆則、森松文毅、照屋輝一郎、白畑實隆, ヒト末梢血リンパ球に対する免疫賦活作用を有する乳酸菌の探索, 日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部大会, 2007.09.
281. Makiko Yamashita, Yoshinori Katakura, Yoshiichi Abe, Kiichiro Teruya, Takashi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Fumiki Morimatsu, Sanetaka Shirahata, Search for LAB having an ability to activate human activation-induced cytidine deaminase, 国際粘膜免疫学会, 2007.07.
282. Akira Hitaka, Makiko Yamashita, Himiko Fujino, Kiichiro Teruya, Takashi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Sanetaka Shirahata, Identification of immunomodularoty LAB against human peripheral blood mononuclear cells, 国際粘膜免疫学会, 2007.07.
283. Asuka Imahayashi, Makiko Yamashita, Kozue Hirakawa, Kiichiro Teruya, Takashi Matsumoto, Takanori Hasegawa, Fumiki Morimatsu, Yoshinori Katakura, Sanetaka Shirahata, Anti-allergenic effect of LAB on human basophile KU812F cells, 国際粘膜免疫学会, 2007.07.
284. 藤木司、三浦巧、香月一志、白畑實隆、片倉喜範, マウスTERT遺伝子の転写制御機構の解析, 日本動物細胞工学会, 2007.07.
285. 片倉 喜範, 体外免疫によるヒト抗体生産, 動物細胞工学シンポジウム, 2007.03.
286. 藤木司、三浦巧、白石裕士、眞浦麻里子、香月一志、田代康介、白畑實隆、片倉喜範, TAK1によるテロメラーゼ抑制の分子機構, 日本農芸化学会大会, 2007.03.
287. 中原ゆり、向江佳織、小川明日香、古木秀平、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, MAPキナーゼp38によるテロメラーゼ転写抑制の分子機構, 日本農芸化学会大会, 2007.03.
288. 香月一志、池井崇大、藤木司、西出寿也、田平有紀子、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化プログラムを規定するPKC-δの機能解析, 日本農芸化学会大会, 2007.03.
289. 山下万貴子、片倉喜範、松本信英、富松航佑、照屋輝一郎、白畑實隆, フェリチンによるヒト末梢血リンパ球の免疫抑制機構の解析, 日本農芸化学会大会, 2007.03.
290. 松本信英、山下万貴子、富松航佑、田中勇人、照屋輝一郎、高田英俊、平本哲也、片倉喜範、白畑實隆, ヒト末梢血リンパ球を用いた体外免疫法によるダニ抗原特異的ヒトモノクローナル抗体の作製とその性状解析, 日本農芸化学会大会, 2007.03.
291. Kosuke Tomimatsu, Makiko Yamashita, Yoshinori Katakura, Shinei Matsumoto, Kiichiro Teruya, Sanetaka Shirahata, Induction of antigen-specific immune response in human peripheral blood mononuclear cells by CpG ODN, 日本免疫学会, 2006.12.
292. Shinei Matsumoto, Makiko Yamashita, Yoshinori Katakura, Kosuke Tomimatsu, Kiichiro Teruya, Sanetaka Shirahata, Efficient generation of antigen-specific human monoclonal antibody by using in vitro immunization, 日本免疫学会, 2006.12.
293. Makiko Yamashita, Yoshinori Katakura, Shinei Matsumoto, Kosuke Tomimatsu, Kiichiro Teruya, Sanetaka Shirahata, Ferritin suppresses immune reaction in human peripheral blood lymphocytes, 日本免疫学会, 2006.12.
294. 池井崇大、藤木司、田平有紀子、西出寿也、船田雅昭、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化誘導におけるPKC-δの機能解析, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006.12.
295. 向江佳織、小川明日香、古木秀平、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, MAPキナーゼp38によるテロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子転写抑制の分子機構, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006.12.
296. 藤木司、三浦巧、向江佳織、白石裕士、香月一志、田代康介、白畑實隆、片倉喜範, TAK1によるテロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子転写抑制の分子機構, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006.12.
297. 白水祐輔、伊藤紋子、今田悠介、藤木司、白畑實隆、片倉喜範, 細胞老化規定因子としてのTAK1の機能解析, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006.12.
特許出願・取得
特許出願件数  21件
特許登録件数  1件
その他の優れた研究業績
2014.06, 「農林水産省 2014年農林水産研究成果10大トピックス」への選定.
学会活動
所属学会名
日本栄養・食糧学会
日本抗加齢医学会
日本農芸化学会
日本動物細胞工学会
日本分子生物学会
日本食品免疫学会
日本免疫学会
学協会役員等への就任
2013.04, 日本農芸化学会西日本支部, 参与.
2011.04~2013.03, 日本農芸化学会, 被災地理科教育支援特別委員会委員.
2011.04~2013.03, 日本農芸化学会, 広報委員会委員.
2004.04~2006.03, 日本農芸化学会, 代議員.
1999.04, 日本農芸化学会西日本支部, 評議員.
1999.04, 日本動物細胞工学会, 幹事.
2002.04, 日本動物細胞工学会, 評議員.
2005.04, 日本食品免疫学会, 学術委員会委員.
2001.04~2004.04, 日本農芸化学会西日本支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.10~2019.11.11, 日本食品免疫学会, 学術大会実行委員.
2020.03.20~2020.03.25, 日本農芸化学会, 実行委員会委員.
2018.11.10~2018.11.11, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2018.11.09~2018.11.10, 日本食品免疫学会2018年度大会実行委員, 実行委員.
2018.11.07~2018.11.07, JAACT2018, 座長(Chairmanship).
2018.05.12~2018.05.13, 日本栄養・食糧学会, 座長(Chairmanship).
2018.05.12~2018.05.12, 日本栄養・食糧学会, シンポジスト.
2017.11.10~2017.11.11, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2017.11.09~2017.11.10, 日本食品免疫学会2017年度大会実行委員, 実行委員.
2017.03.17~2017.03.20, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2016.11.09~2016.11.10, 日本食品免疫学会2015年度大会実行委員, 実行委員.
2016.11.09~2016.11.12, JAACT2016 Kobe, Organizing Board.
2016.11.09~2016.11.10, 日本食品免疫学会2016年度大会実行委員, 実行委員.
2016.11.05~2016.11.05, 第23回日本未病システム学会学術総会, シンポジスト.
2016.05.15~2015.05.15, 日本栄養食糧学会, 座長(Chairmanship).
2016.03.06~2016.03.06, 第6回豊かな長寿社会を目指す講演会, シンポジスト.
2015.10.16~2015.10.16, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2015.10.15~2015.10.16, 日本食品免疫学会2015年度大会, 実行委員.
2015.10.15~2015.10.16, 日本食品免疫学会2015年度大会, シンポジスト.
2015.03.28~2015.03.28, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2015.02.23~2015.02.23, 大分県農林水産部との連携協議会, シンポジスト.
2014.10.13~2014.10.14, JAACT2014, Meeting Secretary.
2014.09.26~2014.09.26, 日本農芸化学会2014年度中四国支部大会・第33回動物細胞工学シンポジウム共催シンポジウム「食と健康」, シンポジスト.
2014.06.20~2014.06.20, 動物細胞工学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.06.01~2014.06.01, 日本栄養・食糧学会, 座長(Chairmanship).
2014.05.13~2014.05.14, 日本食品免疫学会2014年度大会, 大会実行委員.
2014.03.30~2014.03.30, 日本農芸化学会, シンポジウムオーガナイザー.
2014.03.30~2014.03.30, 日本農芸化学会, シンポジスト.
2014.03.28~2014.03.28, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2014.03.06~2014.03.06, 第2回九州大学技術シーズ活用フォーラム, シンポジスト.
2014.01.30~2014.01.30, 北大セミナー, シンポジスト.
2013.08.30~2013.08.30, IUFoST-Japan, シンポジスト.
2013.08.23~2013.08.23, GE Healthcare Cellular Sciencesセミナー, シンポジスト.
2013.05.26~2013.05.26, 日本栄養・食糧学会 スポンサードセミナー, シンポジスト.
2013.02.01~2013.02.01, 第4回有体物管理センターシンポジウム, シンポジスト.
2012.11.27~2012.11.30, JAACT2012, 座長(Chairmanship).
2012.11.16~2012.11.16, IN Cell User’s Day 2012, シンポジスト.
2012.11.14~2012.11.14, 第2回バイオ産業研究会, シンポジスト.
2012.10.16~2012.10.17, 日本食品免疫学会2012年度大会, シンポジウムオーガナイザー.
2012.10.16~2012.10.17, 日本食品免疫学会2012年度大会, 実行委員.
2012.10.16~2012.10.17, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2012.05.19~2012.05.19, 第6回カルノシン・アンセリン研究会, シンポジスト.
2012.03.24~2012.03.24, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2011.12.14~2011.12.14, 日本分子生物学会年会, 座長(Chairmanship).
2011.12.12~2012.12.12, IN Cell User’s Day 2011, シンポジスト.
2011.10.18~2011.10.18, 日本食品免疫学会2011年度大会, シンポジスト.
2011.10.18~2011.10.19, 日本食品免疫学会2011年度大会, 実行委員.
2011.10.18~2011.10.19, 日本食品免疫学会2011年度大会, シンポジウムオーガナイザー.
2011.10.18~2011.10.18, 日本食品免疫学会2011年度大会シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2011.09.01~2011.09.04, JAACT2010 (Sapporo), Organizing Boards.
2011.07.09~2011.07.09, 第48回化学関連支部合同九州大会, シンポジスト.
2011.05.15~2011.05.18, 22nd ESACT Meeting, シンポジスト.
2010.10.23~2010.10.23, 日本農芸化学会西日本支部若手シンポジウム, 世話人.
2010.10.23~2010.10.23, 日本食品免疫学会2010年度大会, 実行委員.
2010.10.23~2010.10.23, 2010年度日本農芸化学会西日本支部若手シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2010.09.02~2010.09.04, JAACT2010Sapporo, 座長(Chairmanship).
2010.08.27~2010.08.27, IN Cell User’s Day 2010, シンポジスト.
2010.03.27~2010.03.30, 日本農芸化学会2010年度大会, 座長(Chairmanship).
2010.03.27~2010.03.30, 日本農芸化学会2010年度大会, 座長(Chairmanship).
2010.02.17~2010.02.17, International Conference on Radiation and Cancer Biology, シンポジスト.
2010.02.01~2010.02.01, 第2回機能性天然素材研究会(出会いの場)講演会, シンポジスト.
2009.11.12~2009.11.12, The 6th International Joint Symposium between Japan and Korea, Editorial Board.
2009.07.24~2009.07.25, JAACT2009, 大会実行委員.
2009.07.24~2009.07.25, 日本動物細胞工学会2009年度大会, 座長(Chairmanship).
2009.03, 日本農芸化学会, 大会実行委員.
2008.11.24~2008.11.27, JAACT2008, 座長(Chairmanship).
2008.11, JAACT2008, Meeting Vice Chairman.
2008.05.13~2008.05.14, 日本食品免疫学会2008年度大会, 大会実行委員.
2008.05, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2008.03, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2008.01, 日本農芸化学会西日本支部総会, 座長(Chairmanship).
2007.12.23~2007.12.23, ミニゲノムひろば, シンポジスト.
2007.07, JAACT2007, 大会実行委員.
2007.07, 国際粘膜免疫学会, 座長(Chairmanship).
2007.03, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2006.10, 日本食品免疫学会2006年度大会, 実行委員.
2006.10, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2006.09, JAACT2006, Meeting Secretary, Organizing Board.
2006.09, JAACT2006, 座長(Chairmanship).
2006.03, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2005.10, 日本食品免疫学会2005年度大会, 実行委員.
2005.09, 日本農芸化学会西日本・中四国・関西合同大会, 座長(Chairmanship).
2004.11, JAACT2004, Organizing Boards.
2002.11, JAACT2002, Organizing Boards.
2000.11, JAACT2000, Meeting Secretary.
2000.11, JAACT2000, Organizing Boards.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.10~2018.12, Cytotechnology, 国際, 編集委員.
2010.04~2011.03, Journal of Pediatric Biochemistry, 国際, 査読委員.
2008.11~2008.12, Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects Volume 16, 国際, 編集委員.
2000.11~2001.04, Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects Volume 12, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度 12  12 
2018年度 14  14 
2017年度
2016年度 14  14 
2015年度 18  18 
2014年度 17  17 
2013年度 18  18 
2012年度 14  14 
2011年度 16  16 
2010年度 14  14 
2009年度 14  14 
2008年度 11  11 
2007年度 14  14 
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
スース大学, Tunisia, Tunisia, 2019.11~2019.12.
カディアヤド大学, スース大学, Morocco, Tunisia, 2017.05~2017.05.
カディアヤド大学, スース大学, Morocco, Tunisia, 2018.10~2018.10.
ESACT, Austria, 2011.05~2011.05.
外国人研究者等の受入れ状況
2019.03~2020.07, 1ヶ月以上, カディアヤド大学, Morocco, 科学技術振興機構.
2019.03~2020.07, 1ヶ月以上, カディアヤド大学, Morocco, 科学技術振興機構.
2018.12~2019.03, 1ヶ月以上, カディアヤド大学, Morocco, 科学技術振興機構.
2017.10~2018.01, 1ヶ月以上, カディアヤド大学, Morocco, 科学技術振興機構.
2014.09~2015.02, 1ヶ月以上, インドネシア農業研究開発庁食用作物研究開発センター豆・イモ類研究所, Indonesia, .
2010.07~2010.07, 2週間未満, 慶尙大學校, Korea, .
2010.06~2010.09, 2週間以上1ヶ月未満, 慶尙大學校, Korea, .
2002.01~2002.01, 2週間未満, フランスGenethonバイオプロセス解析部門長, France, .
2002.01~2002.01, 2週間未満, 米国・マウントデザート生物研究所・副所長, UnitedStatesofAmerica, .
2002.10~2003.10, 1ヶ月以上, Zhejiang University, China, .
2004.04~2004.09, 1ヶ月以上, Korea, .
受賞
ポスター賞, 日本食品免疫学会, 2018.11.
Poster Award, JAACT2018, 2018.11.
Poster Award, JAACT2018, 2018.11.
日本食品免疫学会ポスター賞, 日本食品免疫学会, 2017.11.
2017年度日本抗加齢医学会優秀演題賞, 日本抗加齢医学会, 2017.05.
2004年度農芸化学奨励賞, 日本農芸化学会, 2004.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 特別研究員奨励費, 連携, カルノシンによる腸管機能制御とその分子基盤の解明.
2016年度~2018年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, アンチエイジングエクソソームを介した食品の機能性とその分子基盤解明.
2015年度~2016年度, 特別研究員奨励費, 連携, 長寿遺伝子をターゲットとしたアンチエイジング食品の開発とその機能性の分子基盤.
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, ネパール野生キノコのライブラリーと健康機能を含むデータベースの構築.
2013年度~2014年度, 特別研究員奨励費, 連携, FOXO3aによる抗老化実現の分基盤の解明とアンチエイジング食品創製への応用.
2012年度~2013年度, 特別研究員奨励費, 連携, 食品成分による脳腸相関活性化を通じた脳神経系制御に関する研究.
2012年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 腸管機能制御を通じて加齢性疾患を抑制する抗老化食品の探索とその機能性の分子基盤.
2009年度~2011年度, 特別研究員奨励費, 連携, 細胞老化により規定される個体老化の分子基盤の解明とアンチエイジング創薬への応用.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, 細胞老化により規定される個体老化の分子基盤の解明とアンチエイジング創薬への応用.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 老化を規定する分子基盤の解明とアンチエイジング創薬への応用.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 代表, 細胞老化プログラム駆動因子の探素と新規創薬ターゲットとしての検証.
2002年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 高親和性ヒト抗体作製技術の開発と特異的治療・リスク評価法への応用.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2016年度~2017年度, 特別研究員, 連携, カルノシンによる腸管機能制御とその分子基盤の解明.
2015年度~2016年度, 特別研究員, 連携, 長寿遺伝子をターゲットとしたアンチエイジング食品の開発とその機能性の分子基盤.
2013年度~2014年度, 特別研究員, 連携, FOXO3aによる抗老化実現の分子基盤の解明とアンチエイジング食品創製への応用.
2012年度~2013年度, 特別研究員, 連携, 食品成分による脳腸相関活性化を通じた脳神経系制御に関する研究.
2009年度~2011年度, 特別研究員, 連携, 個体老化の分子基盤の解明とアンチエイジング創薬への応用.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2013年度~2015年度, 受託研究, 代表, アンチエイジング活性を有する食素材の探索.
2014年度~2015年度, 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ, 代表, 長寿遺伝子をターゲットとしたアンチエイジング食品探索システムの構築.
2013年度~2014年度, 農山漁村6次産業化対策事業「緑の水の環境技術革命プロジェクト」, 分担, ザクロエキスの長寿遺伝子に及ぼす影響の検討.
2013年度~2015年度, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業委託事業, 分担, 鶏肉に含まれる高機能 ジペプチドを用いた中高齢者の心身健康維持に関する研究.
2007年度~2007年度, 地域イノベーション創出総合支援事業・重点地域研究開発プログラム「シーズ発掘試験」, 代表, アンチエイジング乳酸菌の探索.
2006年度~2006年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 分担, 機能性食品等の迅速な科学的評価法の開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.04~2019.03, 代表, アンチエイジングを実現する分子メカニズムの解明.
2017.04~2018.03, 代表, イミダゾールジペプチド高含有高機能化はかた地どりの生産技術開発.
2017.04~2018.03, 代表, 食肉、食肉成分ならびに乳酸菌、ビフィズス菌の新規機能性探索.
2017.04~2018.03, 代表, アンチエイジング活性を有する天然素材の機能性研究.
2017.04~2018.03, 代表, 食品成分の老化制御作用機構の解明.
2017.04~2018.03, 代表, 神経伝達物質GABAの腸脳相関メカニズムの解明.
2016.04~2017.03, 代表, アンチエイジング効果を指標とした食肉、畜産副産物ならびに腸内細菌の新規機能性探索.
2016.04~2017.03, 代表, イミダゾールジペプチド高含有高機能化はかた地どりの生産技術開発.
2012.04~2016.03, 代表, アンチエイジング活性を有する食素材の探索.
2015.04~2016.03, 代表, 食品の新規機能性探索とその機能性の分子基盤に関する研究.
2014.04~2015.03, 代表, 食品の新規機能性探索とその機能性の分子基盤に関する研究.
2013.04~2014.03, 代表, 食品の新規機能性探索とその機能性の分子基盤に関する研究.
2013.02~2014.01, 代表, ザクロおよびザクロ成分の有効性評価.
2013.01~2013.12, 代表, アンチエイジング素材に関する共同研究.
2013.03~2015.02, 代表, アンチエイジング活性を有する食素材の探索.
2012.04~2014.03, 代表, キビ酢の加齢性疾患予防・抑制効果.
2012.04~2013.03, 代表, 食品の新規機能性探索とその作用発現の分子メカニズムに関する研究.
2011.11~2012.10, 代表, サーチュイン活性化食品素材の探索.
2011.04~2012.03, 代表, 機能性食品素材の探索とその作用メカニズムに関する研究.
2010.09~2011.08, 代表, きび酢の機能性.
2010.04~2011.03, 代表, 機能性食品素材(畜産物・海産物を含む)の探索に関する研究.
2009.04~2010.03, 代表, 黒豚プラセンタ新規物質・新規活性物質の探索.
2009.04~2010.03, 代表, 機能性食品素材の探索に関する研究.
2009.10~2010.03, 代表, プロバイオティクスによる抗老化作用に関する検討.
2008.04~2009.03, 代表, 腸内細菌の有する生理活性に関する研究.
2008.04~2009.03, 代表, 黒酢の健康機能評価研究.
2007.04~2008.03, 代表, 腸内細菌の有する生理活性に関する研究.
2006.08~2007.03, 代表, 腸内細菌の有する生理活性に関する研究.
2003.04~2004.03, 分担, 新規組織構築型3次元培養装置による有用タンパク質の高効率生産.
2002.04~2004.03, 分担, 細胞培養床アパタイトシートを用いた組換えタンパク質高効率生産装置の開発.
寄附金の受入状況
2019年度, 岩瀬コスファ, アンチエイジング素材の探索.
2017年度, 岩瀬コスファ, アンチエイジング素材の探索.
2015年度, 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団, 小麦ペプチドのアレルギー低減化・抗老化機能の解明.
2015年度, ニッポンハム食の未来財団, アレルギー抑制食品の探索とその機能性の分子基盤解明.
2014年度, 旭化成, 新規抗体精製技術の開発.
2013年度, ノマディックバイオサイエンス, 抗体精製技術の開発.
2013年度, 旭化成, 抗体精製技術の開発.
2012年度, ノマディックバイオサイエンス, 抗体精製技術の開発.
2011年度, ノマディックバイオサイエンス, 抗体精製技術の開発.
2012年度, 旭化成, 抗体精製技術の開発.
2011年度, 旭化成, 抗体精製技術の開発.
2010年度, アサヒビール学術振興財団, アンチブレインエイジング食品の探索とその機能性の分子基盤の解明.
2009年度, ダノン学術研究助成, 寄付金.
2008年度, 伊藤記念財団, 寄付金.
2006年度, 日本ハム, 腸内細菌の有する生理活性に関する研究.
2005年度, 日本ハム株式会社, 奨学寄付金.
学内資金・基金等への採択状況
2010年度~2011年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(Bタイプ), 分担, ネパールの食品および環境中の遺伝資源の高度有効利用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」