九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
熊丸 敏博(くままる としひろ) データ更新日:2020.03.04

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座


主な研究テーマ
米油原料用イネの作出と利用に関する研究・開発 
キーワード:巨大胚、米油
2010.06~2019.03.
イネ種子貯蔵タンパク質の生合成・細胞内輸送・集積を制御する遺伝的機構
キーワード:プロラミン、グルテリン、小胞体、ゴルジ体、貯蔵型液胞、プロテインボディ、タンパク質輸送
1996.04~2019.03.
ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)におけるイネ突然変異系統の整備
キーワード:イネ、突然変異、遺伝子機能解析、メチルニトロソウレア、TILLING
2002.04~2019.03.
在来イネ遺伝子資源の保存と特性評価に関する研究
キーワード:遺伝子資源、特性評価、保存品種,データベース
2010.04~2019.03.
従事しているプロジェクト研究
ナショナルバイオリソースプロジェクト「イネ属遺伝資源の利活用高度化プロジェクト」(イネ属実験系統の整備とその利活用促進)
2017.04~2021.03, 代表者:熊丸敏博, 日本医療研究開発機構
栽培イネ実験系統は,遺伝的背景が異なる突然変異系統や染色体変異系統,イネ亜種間交雑に由来する組換え自殖系統群(RILs),そして近縁ならびに遠縁野生イネに由来する野生イネ派生系統 (wCSSL)など多岐にわたる。これらの多くは,複数系統群を1セットとして使用する大規模集団であるため,実験圃場を有しないユーザーにとっては,研究対象としづらい。この問題を解決する目的で,九州大学では新たにオープンフィールドを開始する。当該機関の大規模実験圃場を外部ユーザーに開放することで,ユーザー自身による系統リソースのフィールド調査が可能になる。得られた系統情報は随時Oryzabaseに還元し,系統情報の集約化を進めることでリソース利用を一層促進し,イネ研究全体の活性化を図る。これまでに収集済みの突然変異系統群,野生イネ派生染色体断片置換系統群(wCSSL等)をオープンフィールドの対象実験系統群とする。また,海外ユーザーの開拓を目的とした海外オープンフィールドを実施する。TILLINGオープンラボを第3期に始動したが,第4期ではWeb上で変異部位を特定するin silico TILLINGのシステム整備を進める。系統情報の深化と系統の利便性向上を図り,アクセスフリーな研究環境を整備することで利用者数の増加を図る。.
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業、発展融合ステージ「米油原料用イネの作出と利用に関する研究・開発」
2015.09~2018.03, 代表者:熊丸敏博, 九州大学, 農林水産省.
Plant Genome Research Project ”Deciphering the role of RNA binding proteins in RNA transport, localization and post-transcriptional processes in plants”
2015.06~2020.05, 代表者:Thomas W. Okita, Washington State University, Natinal Science Fundation (United State of America).
難消化性澱粉構造と高水分吸収性を有する変異体米を用いた低カロリー食品の開発
2013.08~2016.03, 代表者:藤田 直子, 公立大学法人 秋田県立大学, 公立大学法人 秋田県立大学.
ナショナルバイオリソースプロジェクト「イネ属の多様性を生かすリソース基盤の構築」(多様な高品質イネ実験系統の整備)
2012.04~2017.03, 代表者:熊丸敏博, 文部科学省
ゲノム配列解読後のライフサイエンスの重要な研究課題は、遺伝子機能の解明である。遺伝子の機能を研究する方法の一つに、突然変異体を利用した解析がある。多くの生物種で塩基置換突然変異を高頻度で生じさせるN-methyl-N-nitrosourea (MNU)を突然変異原とする受精卵処理法を用いて、水稲品種「金南風」および「台中65号」を原品種とする形態突然変異系統をそれぞれ約3,000系統、合計約6,000系統整備した。TILLING法を用いた解析の結果は、これらの変異系統プールはイネゲノム中のすべての遺伝子の突然変異を網羅していることを示唆している。.
画期的米油原料用稲の育種・利用に向けた基盤的技術シーズの開発
2009.10~2014.03, 代表者:佐藤 光, 九州大学, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(日本)
米油製油業など産業界からのニーズに応えるため、三つの視点から研究を進める。すなわち、(1)原料糠の安定的供給を可能とする糠含量及び脂質含量が多く、かつ(2)リパーゼ活性が低く脂質の分解・酸化が少ない画期的な米油原料用稲品種のゲノム育種に必要な分子マーカー及び育種素材の開発並びに(3)品種の特性を生かすための米油、胚乳部、製油脱脂物の評価と利用のために必要な基礎的・基盤的技術シーズの開発に向けた基礎研究を産学共同で戦略的に実施する。.
加州米品種改良プロジェクト
2009.04~2017.03, 代表者:伊東正一, 九州大学, JFCインターナショナル(米国).
「農林水産物・食品の機能性等を解析・評価するための基盤技術の開発」 -米タンパク質の新規生体調節機能性の先導的開発と機構解析-
2011.10~2014.03, 代表者:門脇 基二, 新潟大学, 農林水産省
米の中のタンパク質に注目し、そのほとんど知られていない未知の生体調節機能性を発掘するものである。この組織的に実施する米タンパク質の新規機能性の発掘により、第3の植物性タンパク質として健康食品素材としての新市場を獲得し、また、米の価値の再認識による日本型食生活の発展、そして米消費量の拡大、高齢社会での健康の維持増進につながり、ひいては米生産の拡大、食料自給率の上昇につながる。さらには未利用資源である米糠タンパク質を高付加価値素材に転換することにより、新産業創出をも目的とする。.
研究業績
主要著書
1. 熊丸 敏博, ベトナムイネにおける種子成分の遺伝的多様性に関する研究. 世界のジャポニカ米市場と日本産米の競争力, 伊藤正一(編), 学会出版センター, 193-198, 2015.11.
2. 熊丸敏博,小川雅広,佐藤 光,Thomas W. Okita, イネ種子貯蔵タンパク質集積の遺伝的制御機構. 種子の科学とバイオテクノロジー, 原田久也ら(種子生理生化学研究会)編, 学会出版センター, 56-59, 2009.03.
3. Kumamaru T., M. Ogawa, H Satoh, T. W. Okita, Protein body biogenesis in cereal endosperms. In Endosperm - Development and Molecular Biology, O.D. Olsen, ed. Plant Cell Monographs, Springer, In Endosperm ミ Development and Molecular Biology, O.A. Olsen, ed. Plant Cell Monographs 8, 141-158, 2007.10.
4. 小川広, 佐藤光, 熊丸敏博, 米タンパク質の改良-胚乳に存在するタンパク質顆粒の突然変異-. 育種学最近の進歩, 第30集, 3-13, 日本育種学会, 1989.01.
主要原著論文
1. Elakhdar A., T. Ushijima, M. Fukuda, N. Yamashiro, Y. Kawagoe, T. Kumamaru., Eukaryotic peptide chain release factor 1 participates in translation termination of specific cysteine-poor prolamines in rice endosperm, Plant Science, org/10.1016/j.plantsci.2018.12.006, 281, 223-231, 2019.04.
2. M. Fukuda, Y. Kawagoe, T. Murakami, H. Washida, A. Sugino, A. Nagamine, T. W. Okita, M. Ogawa, T. Kumamaru, The Dual Roles of the Golgi Transport 1 (GOT1B): RNA Localization to the Cortical Endoplasmic Reticulum and the Export of Proglutelin and α-Globulin from the Cortical-ER to the Golgi., Plant and Cell Physiology, 10.1093/pcp/pcw154, 57, 11, 2380-2391, 2016.11.
3. Elakhdar, A., El-Sattar, M. A., Amer, K., Rady, A., Kumamaru T., Population structure and marker-trait association of salt tolerance in barley (Hordeum vulgare L.), Comptes rendus biologies, 10.1016/j.crvi.2016.06.006, 339, 11, 454-461, 2016.11.
4. Elakhdar Ammar, Ahmed, M. AbdEl-sattar, Khairy, A, Kumamaru T., Genetic diversity and association analysis among Egyptian barley (Hordeum vulgare L.) genotypes with different adaptations to saline conditions analyzed by SSR markers, Australian Journal of Crop Science, 10.21475/ajcs.2016.10.05.p7331, 10, 637-645, 2016.06.
5. Wen L., Fukuda M., Sunada M., Iahino S., Ishino Y., Okita T. W., Ogawa M., Ueda T., Kumamaru T., Guanine nucleotide exchange factor 2 for Rab5 proteins coordinated with GLUP6/GEF regulates the intracellular transport of the proglutelin from the Golgi apparatus to the protein storage vacuole in rice endosperm, Jouranl of Experimental Botany, 10.1093/jxb/erv325, 66 (20), 6137-6147, 2015.10.
6. Hoai T. T. T., Suu T. D., H. Satoh, T. Kumamaru, Diversity of glutelin acidic subunit polypeptides in rice cultivars collected from Northern Vietnam, Plant Breeding, 10.1111/pbr.12159, 133, 3, 341-347, 2014.06.
7. Hoai, T. T. T., M. Hiroaki, Y. Toyosawa, Suu T. D., H. Satoh, T. Kumamaru, Influence of single-nucleotide polymorphisms in the gene encoding granule-bound starch synthase I on amylose content in Vietnamese rice cultivars, Breeding Science, 10.1270/jsbbs.64.142, 64, 2, 142-148, 2014.06.
8. Fukuda M., Wen L., Satoh-Cruz M., Kawagoe Y., Nagamura Y., Okita T. W., Washida H., Sugino A., S. Iahino, Y. Ishino, Ogawa M., Sunada M., Ueda T., Kumamaru T., A guanine nucleotide exchange factor for Rab5 proteins is essential for intracellular transport of the proglutelin from the Golgi apparatus to the protein storage vacuole in rice endosperm, Plant Physiology, 10.1073/pnas.1216151110, 162, 2, 663-672, 2013.06.
9. Fukuda M., M. Satoh-Cruz, L. Wen, A. J. Crofts, A. Sugino, H. Washida, T. W. Okita, M. Ogawa, Y. Kawagoe, M. Maeshima, T. Kumamaru., The small GTPase Rab5a is essential for intracellular transport of proglutelin from Golgi apparatus to the protein storage vacuole and endosomal membrane organization in developing rice endosperm., Plant Physiology, 10.1104/pp.111.180505, 157, 2, 632-644, 2011.10.
10. Ushijima, T., H. Matsusaka, H. Jikuya, M. Ogawa, H. Satoh, T. Kumamaru, Genetic analysis of cysteine-poor prolamin polypeptides reduced in the endosperm of the rice esp1 mutant, Plant Science, 10.1016/j.plantsci.2011.04.011, 181, 125-131, 2011.08.
11. Nagamine A., H. Matsusaka, T. Ushijima,Y. Kawagoe, M. Ogawa, T. W. Okita, T. Kumamaru, A role for the cysteine-rich 10 kDa prolamin in protein body I formation in rice, Plant and Cell Physiology, 10.1093/pcp/pcr053, 52, 6, 1003-1016, 2011.06.
12. Satoh H., H.Matsusaka, T. Kumamaru., Use of N-methyl-N-nitrosourea treatment of fertilized egg cells for saturation mutagenesis of rice, Breeding Science, 60, 5, 475-485, 2010.12.
13. Ueda Y., M. Satoh-Cruz, H. Matsusaka,Y. Takemoto-Kuno, M. Fukuda, T. W. Okita, M. Ogawa, H. Satoh, T. Kumamaru. , Gene-gene interactions between mutants that accumulate abnormally high amounts of proglutelin in rice seed, Breeding Science, 60, 5, 568-574, 2010.12.
14. Satoh-Cruz M., A. J. Crofts, Y. Takemoto-Kuno, A. Sugino, H. Washida, N. Crofts, T. W. Okita, M Ogawa, H. Satoh and T. Kumamaru, Protein disulfide isomerase like 1-1 participates in the maturation of proglutelin within endoplasmic reticulum in rice endosperm, Plant and Cell Physiology, 10.1093/pcp/pcq098, 51, 9, 1581-1593, 2010.09, [URL].
15. Sadar Uddin Siddiqui, Toshihiro Kumamaru, Hikaru Satoh, Pakistan rice genetic resources-III: SDS-PAGE diversity profile of glutelins (Seed storage protein), Pak. J. Bot.,, 42(4): 2523-2530, 2010.07.
16. Satoh-Cruz M., M. Fukuda, M. Ogawa, H. Satoh, and T. Kumamaru, Glup4 gene encodes small GTPase, Rab5a in rice, Rice Genetics Newsletter, 25, 48-49, 2010.05, [URL].
17. Kumamaru T., Y. Uemura, Y. Inoue, Y. Takemoto, S. U. Siddiqui, M. Ogawa, I. Hara-Nishimura and H. Satoh, Vacuolar processing enzyme plays an essential role in the crystalline structure of glutelin in rice seed, Plant and Cell Physiology, 10.1093/pcp/pcp165, 51, 1, 38-46, 2010.01, [URL].
18. Sadar Uddin Siddiqui, Toshihiro Kumamaru, Hikaru Satoh, Pakisitan rice genetic resources-II: Distribution pattern of grain morphological diversity, Pak. J. Bot, 39, 5, 1533-1538, 2007.10.
19. Sadar Uddin Siddiqui, Toshihiro Kumamaru, Hikaru Satoh, Pakisitan rice genetic resources-I: Grain morphological diversity and its distribution, Pak. J. Bot.,, 39, 3, 841-848, 2007.07.
20. Jahan Md. S., Y. Uemura, T. Kumamaru, A. Hamid and H. Satoh., Genetic variation of glutelin acidic subunit polypeptides in Bangladesh rice genetic resources., Genetic Resources and Crop Evolution, 10.1007/s10722-003-6023-7, 52, 8, 977-987, 2005.01.
21. T. Kumamaru, Y. Uemura, Y. Takemoto, M. Ogawa and H. Satoh, High-resolution mapping of glup3 gene accumulating high amount of glutelin precursor, Rice Genetics Newsletter, 19, 62-63, 2002.12.
22. Ushijima, T., H. Satoh and T. Kumamaru., Mapping of esp1 gene for cystein-poor (CysP) prolamin decreased mutant in rice., Rice Genetics Newsletter, 19, 64-65, 2002.12.
23. Y. Takemoto, S. J. Coughlan, T. W. Okita, H. Satoh, M. Ogawa, and T. Kumamaru, The rice mutant esp2 greatly accumulates the glutelin precursor and deletes the protein disulfide isomerase, Plant Physiology, 10.1104/pp.010624, 128, 4, 1212-1222, 2002.04.
24. Kumamaru, T., H. Sato and H. Satoh, High-lysine mutants of rice, Oryza sativa L., Plant Breeding, 116, 3, 245-249, 1997.08.
25. A. Bhowmik, T. Omura, Toshihiro Kumamaru, Screening of Rice Varieties for Endosperm Storage Proteins, Plant Breeding, 10.1111/j.1439-0523.1990.tb00461.x, 105, 2, 101-105, 1990.05, [URL].
26. Toshihiro Kumamaru, Hikaru Satoh, Takeshi Omura, Masahiro Ogawa, Mutants for rice storage proteins. IV. maternally inherited mutants for storage proteins of protein bodies in starchy endosperm, Heredity, 10.1038/hdy.1990.2, 64, 1, 9-15, 1990.01, [URL].
27. M. Ogawa, Toshihiro Kumamaru, H. Satoh, T. Omura, T. Park, K. Shintaku, K. Baba, Mutants for rice storage proteins - 2. Isolation and characterization of protein bodies from rice mutants, Theoretical And Applied Genetics, 10.1007/BF00265288, 78, 3, 305-310, 1989.09, [URL].
28. Toshihiro Kumamaru, H. Satoh, N. Iwata, T. Omura, M. Ogawa, K. Tanaka, Mutants for rice storage proteins - 1. Screening of mutants for rice storage proteins of protein bodies in the starchy endosperm, Theoretical And Applied Genetics, 10.1007/BF00288825, 76, 1, 11-16, 1988.07, [URL].
29. Masahiro Ogawa, Toshihiro Kumamaru, Hikaru Satoh, Nobuo Iwata, Takeshi Omura, Zenzaburo Kasai, Kunisuke Tanaka, Purification of protein body-I of rice seed and its polypeptide composition, Plant and Cell Physiology, 28, 8, 1517-1527, 1987.12.
30. Toshihiro Kumamaru, Nobuo Iwata, Takeshi Omura, Hikaru Satoh, Masahiro Ogawa, Mutants for rice storage proteins. III. Genetic analysis of mutants for storage proteins of protein bodies in the starchy endosperm, Genes and Genetic Systems, 10.1266/jjg.62.333, 62, 4, 333-339, 1987.01, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 福田真子,熊丸敏博, コメ貯蔵タンパク質グルテリンの細胞内輸送機構の解明, Plant Morphology 31, 31-35, 2019.08.
主要学会発表等
1. Ammar Elakhdar, Tomokazu Ushijima, Masako Fukuda, Noriko Yamashiro, Yasushi Kawagoe, Toshihiro Kumamaru, ESP1 encoding eukaryotic peptide chain release factor 1 regulates the termination of a specific cysteine-poor prolamines in rice endosperm, 九州育種談話会, 2018.12.
2. Saw Myat Nwe,Masako Fukuda,Toshihiro Kumamaru, The role of the Protein Disulfide Isomerase Like (PDIL) 2-3 in the accumulation of the storage proteins in rice endosperm, 日本育種学会第134回講演会, 2018.09.
3. Ammar Elakhdar, Tomokazu Ushijima, Masako Fukuda, Noriko Yamashiro, Yasushi Kawagoe, Toshihiro Kumamaru, The recognition assay of termination codon by ESP1/ eukaryote releases factor-1 (eRF1) in rice, International Plant & Animal Genome XXVI, 2018.01.
4. 中村哲洋, 熊丸敏博, イネ ae/sug1 二重変異体における胚乳澱粉生合成解析, 九州育種談話会, 2017.12.
5. Ammar Elakhdar, Tomokazu Ushijima, Masako Fukuda, Noriko Yamashiro, Yasushi Kawagoe, Toshihiro Kumamaru, The recognition assay of termination codon by ESP1/ eukaryotic releases factor-1 (eRF1) in rice, 九州育種談話会, 2017.12.
6. Sobhy A., Fukuda M., and Kumamaru T., Guanine nucleotide exchange factor2 (GEF2) for Rab5 proteins is essential for intracellular transport of the proglutelin from the Golgi apparatus to the protein storage vacuole in rice endosperm., 九州育種談話会, 2017.12.
7. 福田真子、小川雅広、熊丸敏博, コメグルテリンの生合成・蓄積に関わる因子の欠損による貯蔵タンパク質の局在部位の変化, 九州育種談話会, 2017.12.
8. Ammar Elakhda, Tomokazu Ushijima, Masako Fukuda, Noriko Yamashiro, Yasushi Kawagoe, Toshihiro Kumamaru, Function of ESP1/eRF1 in the translation of prolamin polypeptides in rice endosperm, 日本育種学会, 2018.03.
9. 中村 哲洋,熊丸 敏博, イネ sugary1 変異、及び sugary2 変異の胚乳澱粉改変効果, 日本育種学会, 2018.03.
10. Ammar El-Akhdar, T. Kumamaru, Gene action for yield and its components in barley, 日本育種学会第9回九州育種談話会, 2014.09.
11. 福田 真子, 村上 孝裕, 熊丸 敏博, イネグルテリン前駆体を多量に蓄積するglup2 変異遺伝子の連鎖地図構築及び同変異体種子の組織学的解析
, 日本育種学会第9回九州育種談話会, 2014.09.
12. 松坂 弘明, 橋本 博之, 佐藤 匡央, 熊丸 敏博, TILLING法を用いたイネOleosin変異体の選抜
, 日本育種学会第9回九州育種談話会, 2014.09.
13. 中村 哲洋, 熊丸 敏博, 植物性グリコーゲンを種子に高蓄積するイネ突然変異体の選抜及び解析
, 日本育種学会第9回九州育種談話会, 2014.09.
14. 熊丸 敏博, 安井 秀, 吉村 淳, 土井 一行, 久保 貴彦, 野々村 賢一, 倉田 のり, イネNBRP -イネ属の多様性を生かすリソース基盤の構築-
, 日本育種学会第9回九州育種談話会, 2014.09.
15. 熊丸 敏博, イネ貯蔵タンパク質の輸送・集積に関する調節機構解明
, 日本育種学会第8回九州育種談話会, 2013.09.
16. 山城 憲子, 熊丸 敏博, タンパク質の翻訳における終止コドン認識に関するイネESP1/eRF1 の機能解析., 日本育種学会第123回講演会, 2013.03.
17. 北原真衣, 田代 康介, 熊丸 敏博, イネ種子におけるグルテリンの細胞内輸送に関与する GLUP7 遺伝子の連鎖地図の構築, 日本育種学会第123回講演会, 2013.03.
18. 熊丸 敏博, 安井 秀, 土井一行, 野々村賢一, 久保貴彦, 吉村 淳, 倉田のり, NBRP「イネ」:イネ属の多様性を生かすリソース基盤の構築., 第35回日本分子生物学会特別企画「NBRP バイオリソース勢ぞろい」, 2012.12.
19. 豊澤佳子, 井上佳美, 吉川尚樹, 小川雅広, 熊丸敏博, イネ胚乳におけるProtein Disulfide Isomerase Like (PDIL)2-3に関する変異体の選抜と解析, 日本育種学会第7回九州育種談話会, 2012.10.
20. 福田真子, 文柳瓔, 佐藤-Cruz美緒, T.W. Okita, 川越靖, 小川雅広, 砂田麻里子, 上田貴志, 熊丸敏博, イネ胚乳においてGLUP6/GEFはGLUP4/Rab5aの活性化因子であり、グルテリン前駆体のゴルジ体から貯蔵型液胞への輸送に関与している, 日本育種学会第7回九州育種談話会, 2012.10.
21. 熊丸敏博・安井秀・吉村淳・久保貴彦・野々村賢一・倉田のり, イネNBRP -基礎および応用研究を支える、より使いやすいイネ実験系統の提供を目指して―, 日本育種学会第7回九州育種談話会, 2012.10.
22. 熊丸敏博, 安井秀, 吉村淳, 多様な高品質イネバイオリソースの整備に向けて, 日本遺伝学会, 2012.09.
23. Yasui H, Kumamaru T, Nonomura K, Doi K, Yoshimura A, Fukami K, Yamazaki Y, Kubo T, Kurata N, National Bioresource Project of rice: Forward to construction of rice genetic resources for utilizing genetic and phenotypic diversity of genus Oryza, 第15回 国際分子・植物・微生物相互作用学会, 2012.07.
24. Kumamaru T, Taniguchi K, Fujimoto W, Okita TW,, Identification of mutants for factors required for the ER-localization of prolamin-mRNAs in rice by TILLING method, Plant Biology 2012, American Society of Plant Biologists, 2012.07.
25. Fukuda M, Wen L, Satoh-Cruz M, Kawagoe Y, Okita TW, Ogawa M, Sunada M, Ueda T, Kumamaru T , GLUP6/GEF is the activator for GLUP4/Rab5a, and involved in intracellular transporting of proglutelin from Golgi to protein storage vacuole in rice endosperm, Plant Biology 2012, American Society of Plant Biologists, 2012.07.
26. 松坂弘明, 佐藤匡央, 佐藤光, 熊丸敏博, TILLING法を用いたイネOleosin変異体の選抜, イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ, 2012.07.
27. 福田真子, Okita TW, 熊丸敏博, イネ種子貯蔵タンパク質グルテリンのゴルジ体から貯蔵型液胞への細胞内輸送機構の解明, イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ, 2012.07.
28. 豊澤佳子, 井上佳美, Okita TW, 熊丸敏博, イネ胚乳におけるProtein Disulfide Isomerase Like (PDIL)2-3に関する変異体の選抜と解析, イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ, 2012.07.
29. Fukuda M, Wen L, Satoh-Cruz M, Okita TW, Kawagoe Y, Ogawa M, Kumamaru T, The small GTPase Rab5a is essential for intracellular transport of glutelin precursor from Golgi apparatus and endosomal membrane organization in developing rice endosperm, BIT’s 3rd Annual World, World DNA and Genome Day, 2012.04.
30. Kumamaru T, Construction of MNU-induced mutant pools and high performance TILLING system for detection of SNPs in rice, BIT’s 3rd Annual World, World DNA and Genome Day, 2012.04.
31. Kumamaru, T, Detection of SNPs by TILLING and analysis of the gene function in rice, 植物生理学会, 2012.03.
32. 福田真子,佐藤美緒,文柳瓔,A. J. Crofts,杉野彩,鷲田晴彦,Thomas W. Okita,小川雅広,川越靖,前島正義,熊丸敏博, イネ胚乳においてsmall GTPase Rab5a はグルテリン前駆体のゴルジ体から貯蔵型液胞への細胞内輸送に関与する, 植物生理学会, 2012.03.
33. Wen, L., M. Fukuda , M. Satoh-Cruz, T. W.Okita, M. Ogawa, T. Kumamaru, The relationship between Rab5a GTPase and guanine exchange factor in the intracellular transport of glutelin in rice seed, 植物生理学会, 2012.03.
34. Liuying Wen, Masako Fukuda, Mio Satoh-Cruz, Thomas W.Okita, Masahiro Ogawa, Toshihiro Kumamaru, The relationship between Rab5a GTPase and guanine nucleotide exchange factor in the intracellular transport of glutelin in rice seed, American society of Cell Biology, 2011.12.
35. Masako Fukuda, Liuying Wen, Mio Satoh, Yasushi Kawagoe, ThomasW.Okita, Masahiro Ogawa, Toshihiro Kumamaru, Guanine nucleotide exchange factor is required for the intracellular transport of proglutelins to protein storage vacuole in rice endosperm, American society of Cell Biology, 2011.12.
36. 谷口晃一、藤本若菜、 T. W. Okita、熊丸 敏博, イネプロラミンmRNAの特定小胞体への局在化に関する因子のTILLING法を用いた突然変異体の選抜, 日本育種学会第6回九州育種談話会, 2011.11.
37. 小川雅博・長嶺愛・T. W. Okita・熊丸敏博, イネα-グロブリンはPBIに一時的に局在する, 第32回種子生理生化学研究会年会, 2011.11.
38. 福田真子, 佐藤美緒, 川越靖, Thomas W. Okita, 小川雅広, 熊丸敏博, イネ胚乳においてGEFはグルテリン前駆体の貯蔵型液胞への輸送に関与する, 第32回種子生理生化学研究会年会, 2011.11.
39. 谷口晃一、藤本若菜、Okita Tomas W.、熊丸 敏博, イネプロラミンmRNAの特定小胞体への局在化に関する因子のTILLING法を用いた突然変異体の選抜, 日本育種学会, 2011.09.
40. 松坂 弘明、佐藤匡夫、佐藤 光、熊丸 敏博, TILLING法を用いたイネOleosin変異体の選抜, 日本育種学会, 2011.09.
41. Tomokazu Ushijima, Hiroaki Matsusaka, Yasushi Kawagoe, Masahiro Ogawa and Toshihiro Kumamaru, The ESP1 gene, regulatory factor of cysteine-poor prolamins, encode the eucaryotic peptide chain release factor 1(eRF1) in rice, International Plant RNA Workshop 2011, 2011.06.
42. 村上孝裕、野口亮介、小川雅広、熊丸敏博, イネグルテリン前駆体を多量に蓄積するglup2変異遺伝子の連鎖地図の構築, 日本育種学会119回講演会, 2011.03.
43. 井上佳美、吉川尚樹、小川雅広、熊丸敏博, イネ胚乳におけるprotein disulfide isomerase like 2-3(PDIL2-3)に関する変異体のTILLING法を用いた選抜, 日本育種学会119回講演会, 2011.03.
44. 長嶺愛,松坂弘明,川越靖,小川雅広,T. W. Okita,熊丸敏博, イネ種子貯蔵タンパク質プロラミンの集積におけるCys-richプロラミンの作用, 第52回植物生理学会年会, 2011.03.
45. Wen, L.,M. Fukuda,M. Satoh-Cruz,T. Kumamaru,M. Ogawa,T.W. Okita, The relationship between Rab5a GTPase and guanidine exchange factor involved in the intracellular transport of the glutelin in rice seed, 第52回植物生理学会年会, 2011.03.
46. 福田真子, 佐藤美緒, 川越靖, Thomas W. Okita, 小川雅広, 熊丸敏博 , イネ胚乳においてGEFはグルテリン前駆体の貯蔵型液胞への輸送に関与する, 第52回植物生理学会年会, 2011.03.
47. 川越靖, 長嶺愛,恩田弥生, Yun Min-Soo, 熊丸敏博, イネ胚乳貯蔵オルガネラ発達の分子機構の解明, 第31回種子生理生化学研究会年会, 2010.12.
48. 熊丸敏博・松坂弘明・佐藤光・安井秀・山形悦透・吉村淳, NBRPにおけるイネ突然変異系統と染色体部分置換系統の収集・保存・提供と高度情報化, 日本育種学会第5回九州育種談話会, 2010.11.
49. 井上佳美、長嶺愛、熊丸敏博、小川雅広, イネ種子におけるProtein Disulfide Isomerase(PDI)に関する変異体の選抜と解析, 日本育種学会第5回九州育種談話会, 2010.11.
50. 村上孝裕、小川雅広、熊丸敏博, イネグルテリン前駆体の小胞体からの輸送に関与するglup2変異遺伝子の連鎖地図構築, 日本育種学会第5回九州育種談話会, 2010.11.
51. 熊丸敏博,井上佳美,西村いくこ,竹本陽子,小川雅広,佐藤光, 液胞プロセッシング酵素はイネ種子グルテリンの結晶構造形成に寄与する, 第51回植物生理学会年会, 2010.03.
52. 藤本若菜、T. W. Okita、佐藤美緒、熊丸敏博, イネ貯蔵タンパク質mRNAの特定小胞体への局在化に関与するTudor-SNに関する突然変異体の選抜と解析, 日本育種学会第4回九州育種談話会, 2009.12.
53. Masako Fukuda, Mio Satoh, Haruhiko Washida, Aya Sugino, Andrew J. Crofts,Thomas W. Okita, Yasushi Kawagoe, Masahiro Ogawa, Hikaru Satoh, Toshihiro Kumamaru , The small GTPase Rab5a is essential for intracellular transport of glutelin precursor from Golgi apparatus and endosomal membrane organization in developing rice endosperm , 日本育種学会第4回九州育種談話会, 2009.12.
54. 熊丸敏博, MNUミュータジェネシスによるイネリソースの高品質化, 第32 回日本分子生物学会年会, 2009.12.
55. Toshihiro Kumamaru, Yoko Takemoto, Ikuko Hara-Nishimura, Masahiro Ogawa, Hikaru Satoh, Vacuolar processing enzyme plays an essential role in the formation of the glutelin crystalline structure in rice seed, Plant Biology 2009, 2009.07, [URL].
56. Nagamine Ai , Inoue Yoshimi, Ogawa Masahiro, Matsusaka Hiroaki, Ushijima Tomokazu, Satoh Hikaru , Okita Thomas W, Kumamaru Toshihiro , The role of cysteine-rich prolamines for the formation of prolamine protein body in rice, Plant Biology 2009, 2009.07, [URL].
57. Masako Fukuda, Mio Satoh, Haruhiko Washida, Aya Sugino, Andrew J. Crofts,Thomas W. Okita, Yasushi Kawagoe, Masahiro Ogawa, Hikaru Satoh, Toshihiro Kumamaru , The small GTPase Rab5a is essential for intracellular transport of glutelin precursor from Golgi apparatus and endosomal membrane organization in developing rice endosperm , Plant Biology 2009, 2009.07, [URL].
58. 牛島智一,川越靖, 小川雅弘, 佐藤光, 熊丸敏博, 低システインプロラミンの集積制御に関わるEsp1遺伝子はeucaryotic Release Factor 1(eRF1)をコードする, 日本植物生理学会, 2009.03, [URL].
59. 野口亮介、小川雅広、佐藤光、熊丸敏博, イネ種子におけるグルテリン前駆体を多量に蓄積するglup2 変異体の遺伝学的解析, 日本育種学会九州育種談話会, 2008.12.
60. 福田真子, 佐藤美緒, 川越靖, TW. Okita, 小川雅広, 佐藤光, 熊丸敏博 , イネ胚乳において低分子量GTPase Rab5aは貯蔵タンパク質の輸送に関与する, 日本植物生理学会, 2008.03.
61. 川越靖・高星千恵美・恩田弥生・熊丸敏博・佐藤光, イネ種子貯蔵タンパク質突然変異体esp2における米粉の製パン特性, 日本育種学会, 2008.03.
62. 熊丸敏博, 小川雅広, TW Okita, 佐藤 光 , イネグルテリンの細胞内輸送と蓄積を制御する遺伝的メカニズム, 植物生理学会, 2008.03.
63. 熊丸敏博, イネ種子貯蔵タンパク質グルテリンのプロティンボディへの輸送・蓄積に関与する遺伝的集積機構, 日本育種学会, 2006.09.
64. 熊丸敏博・竹本陽子・佐藤美緒・佐藤光, イネ種子貯蔵タンパク質グルテリンのプロティンボディへの輸送・蓄積に関与する遺伝的集積機構, 日本植物学会, 2006.09.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  4件
学会活動
所属学会名
American Society of Plant Biologist
日本育種学会
日本植物生理学会
日本遺伝学会
種子生理生化学研究会
Rice Genetics Cooperative
学協会役員等への就任
2012.01~2016.03, 日本育種学会, 幹事.
2009.04~2019.03, 種子生理生化学研究会, 事務局.
2008.04~2016.03, 日本育種学会, LMO連絡会委員.
2010.04~2012.03, 日本植物生理学会, 評議員.
2004.04~2008.03, 日本育種学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.24~2018.03.26, 日本育種学会第133回講演会, 大会運営委員.
2012.03.16~2012.03.18, 第53回植物生理学会年会, オーガナイザー.
2010.03.20~2010.03.22, 第52回植物生理学会年会, 座長(Chairmanship).
2009.03.18~2009.03.21, 第51回植物生理学会年会, 座長(Chairmanship).
2008.03.16~2008.03.18, 日本植物生理学会, オーガナイザー.
2008.03.26~2008.03.27, 日本育種学会, 座長(Chairmanship).
2003.04.01~2003.04.02, 日本育種学会, 座長(Chairmanship).
2002.08.20~2002.08.21, 日本育種学会, 座長(Chairmanship).
2001.03.15~2001.03.18, 日本植物生理学会, オーガナイザー.
2015.03.20~2015.03.22, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2014.09.25~2014.09.27, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2014.03.21~2014.03.22, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2013.10.12~2013.10.13, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2013.03.27~2013.03.28, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2012.09.14~2012.09.15, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2012.09.24~2012.09.26, 日本遺伝学会第84回大会, オーガナイザー.
2012.09.24~2012.09.26, 日本遺伝学会第84回大会, プログラム委員.
2012.03.16~2012.03.18, 植物生理学会シンポジウム, オーガナイザー.
2009.11.26~2009.11.26, 第30回種子生理生化学研究会, 運営委員.
2010.03.18~2010.03.21, 第51回植物生理学会年会, プログラム編集委員.
2008.12.06~2008.12.06, 日本育種学会九州育種談話会, 会場責任者.
2008.07.04~2008.07.05, イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2008, 運営委員.
2008.03.23~2008.03.24, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2007.09.20~2007.09.21, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2007.03.27~2007.03.27, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2006.09.23~2006.09.24, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2006.03.27~2006.03.28, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2005.08.24~2005.08.25, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2004.09.23~2004.09.24, 日本育種学会講演会, 大会運営委員.
2002.07.05~2002.07.06, イネ分子遺伝学ワークショップ, 運営委員.
2001.03.15~2001.03.17, 日本植物生理学会2001年度年会, 準備委員.
2001.10.08~2001.10.09, 日本育種学会, 講演会組織委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2003.04~2004.03, Rice Genetics Newsletter, 国際, 編集委員.
1994.04~1996.03, Japanease Journal of breeding, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度    
2009年度    
2008年度      
2007年度    
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度      
2000年度      
1997年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Ministry of Agriculture, Department of Agricultural Research, Myanmar, 2020.02~2020.02.
FRC, UnitedStatesofAmerica, 2018.08~2018.08.
Ministry of Agriculture, Department of Agricultural Research, Myanmar, 2019.03~2019.03.
FRC, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, 2016.09~2016.09.
中国黒竜江省農業科学院, China, 2016.08~2016.08.
中国農業科学院煙草研究所, 中国科学院植物研究所, China, 2015.11~2015.11.
FRC, UnitedStatesofAmerica, 2014.06~2014.06.
ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 2013.11~2013.11.
National Sciense Fundation, UnitedStatesofAmerica, 2013.07~2013.07.
ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 2013.01~2013.01.
FRC, UnitedStatesofAmerica, 2012.09~2012.09.
ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, 2011.11~2011.11.
FRC, UnitedStatesofAmerica, 2011.09~2011.09.
中国科学院植物学研究所, China, 2011.10~2011.10.
中国科学院植物学研究所, China, China, China, 2010.11~2010.11.
FRC, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2010.09~2010.10.
FRC, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2009.06~2009.06.
南京農業大学, 中国農業科学院作物研究所, 中国科学院植物学研究所, China, China, China, 2008.11~2008.11.
中国農業科学院作物研究所, 中国科学院植物研究所, 南京農業大学, China, China, China, 2007.09~2007.10.
ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, 2003.12~2003.12.
外国人研究者等の受入れ状況
2019.05~2019.07, 1ヶ月以上, ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2019.05~2019.08, 1ヶ月以上, ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.09~2015.09, 2週間未満, Washington State University, UnitedStatesofAmerica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.09~2015.09, 2週間未満, Cal-State University at Los Angeles, UnitedStatesofAmerica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.09~2015.09, 2週間未満, Cal-State University at Los Angeles, UnitedStatesofAmerica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.01~2018.01, 1ヶ月以上, Botany and Microbiology Department, Faculty of Science, Al-Azhar University, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2014.06~2015.05, Field Crops Research Institute, Agricultural Research Center, Egypt.
2013.06~2013.08, 1ヶ月以上, ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2013.06~2013.08, 1ヶ月以上, ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 日本学術振興会.
2013.01~2013.06, 1ヶ月以上, Kafr El Sheikh 大学, 農学部, 遺伝学科, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2012.07~2012.10, 1ヶ月以上, ベトナム農業科学アカデミー 植物資源センター, Vietnam, 日本学術振興会.
2012.02~2012.03, 1ヶ月以上, 中国科学院植物研究所, China, 日本学術振興会.
2009.08~2009.08, 2週間未満, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, .
2009.08~2009.08, 2週間未満, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, .
2009.08~2009.08, 2週間未満, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, .
2009.08~2009.08, 2週間未満, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, .
2009.08~2009.08, 2週間未満, ワシントン州立大学, UnitedStatesofAmerica, .
2008.06~2008.09, 1ヶ月以上, Pakistan, 日本学生支援機構.
2006.04~2007.12, 1ヶ月以上, 山西省農科院品種資源研究所, China, 文部科学省.
1998.02~1999.03, 1ヶ月以上, 南京農業大学, China, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
1997.12~1998.12, 1ヶ月以上, 農林振興庁農業科学技術院, Korea, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(B), 代表, イネ種子の細胞内物質貯蔵における小胞体機能タンパク質の機能解明とその育種的利用.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 水稲玄米の登熟過程における貯蔵タンパク質蓄積に関する遺伝的制御機構の解明.
2013年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 海外産ジャポニカ米の官能試験評価による国産米競争力分析に関する研究.
2007年度~2010年度, 基盤研究(A), 分担, イネのアミロプラストエンジニアリングに関する基盤的研究.
2009年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, イネプロラミンの翻訳及び小胞体内への集積機構の解明.
2004年度~2007年度, 基盤研究(B), 代表, イネ種子プロラミンのプロテインボディへの集積機構の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2021年度, ナショナルバイオリソースプロジェクト, 代表, イネ属遺伝資源の利活用高度化プロジェクト(イネ属実験系統の整備とその利活用促進).
2015年度~2017年度, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業、発展融合ステージ, 代表, 米油原料用イネの作出と利用に関する研究・開発.
2015年度~2018年度, National Science Foundation, Plant Genome Research Project, 分担, Deciphering the role of RNA binding proteins in RNA transport, localization and post-transcriptional processes in plants.
2013年度~2015年度, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業, 分担, 難消化性澱粉構造と高水分吸収性を有する変異体米を用いた低カロリー食品の開発.
2012年度~2016年度, ナショナルバイオリソースプロジェクト, 代表, 「イネ属の多様性を生かすリソース基盤の構築」 (多様な高品質イネ実験系統の整備).
2011年度~2013年度, 農林水産技術会議 委託プロジェクト研究, 分担, 農水産物・食品の機能性等を解析・評価するための基盤技術の開発 「米タンパク質の新規生体調節機能性の先導的開発と機構解析」.
2009年度~2013年度, 生研センター イノベーション創出基礎的研究推進事業, 分担, 画期的米油原料用稲の育種・利用に向けた基盤的技術シーズの開発 「高脂質含量稲品種のゲノム育種のための分子マーカー及び育種素材の開発」.
2003年度~2004年度, 農林水産省, 代表, イネ種子貯蔵タンパク質の翻訳後装飾と集積に関する遺伝子の単離と構造解析.
2005年度~2007年度, 農林水産省, 分担, TILLINGを用いたイネ全遺伝子ミュータント探索システムの形成と遺伝子機能解析への利用.
寄附金の受入状況
2017年度, エジプト大使館 文化・教育・科学局, 植物遺伝子資源研究.
2016年度, エジプト大使館 文化・教育・科学局, 植物遺伝子資源研究.
2015年度, JFCインターナショナル, 植物遺伝子資源研究.
2014年度, JFCインターナショナル, 植物遺伝子資源研究.
2013年度, JFCインターナショナル, 植物遺伝子資源研究.
2012年度, JFCインターナショナル, 植物遺伝子資源研究.
2010年度, JFCインターナショナル, 植物遺伝子資源研究.
2011年度, JFCインターナショナル, 植物遺伝子資源研究.
2010年度, 植物遺伝子資源学研究資金への研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2012年度~2012年度, P&P, 分担, 気孔機能を改変した温暖化対応型CO2高効率利用イネの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」