九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
坂口 英継(さかぐち ひでつぐ) データ更新日:2022.05.24

准教授 /  総合理工学研究院 エネルギー科学部門 物性動力学


主な研究テーマ
スピン軌道相互作用とボース・アインシュタイン凝縮体
キーワード:スピン軌道相互作用、ボース・アインシュタイン凝縮体、渦ソリトン
2018.04~2020.03.
長距離相互作用を持つ系の自己組織化
キーワード:集団ダイナミクス 弾性相互作用
2013.04~2014.04.
分岐構造・階層構造のダイナミクス
キーワード:分岐、階層構造
2010.04~2012.04.
反応拡散系のパターン形成と制御
キーワード:反応拡散系 パターン形成 制御
2007.04~2010.03.
非線形シュレディンガー方程式のソリトンの運動
キーワード:ソリトン ボーズ凝縮
2003.01~2007.12.
振動子集団の同期現象および確率共鳴現象
キーワード:limit cycle oscillator, synchronizatio, stochastic resonance
1986.04~2007.12.
複素ギンツブルグ−ランダウ方程式のシミュレーション
キーワード:Complex Ginzburg-Landau equation, spatio-temporal chaos
1990.01~2007.12.
結晶成長のモデルシミュレーション
キーワード:phase field model, coupled map lattice
1997.01~2007.12.
ラチェットモデルなどの確率モデルの研究
キーワード:ファインマンラチェット、乗法的雑音
1998.01~2007.12.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本物理学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.03.21~2015.03.24, 日本物理学会第70回年次大会, 座長(Chairmanship).
2013.09.25~2013.09.28, 日本物理学会2013年秋季大会, 座長(Chairmanship).
2006.09, 日本物理学会, 座長(Chairmanship).
2003.09, 日本物理学会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度        
2004年度        
2003年度        
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ジョージア大学, UnitedStatesofAmerica, 2017.03~2017.04.
ポハン工科大学, Korea, 2007.08~2007.08.
ローザンヌ工科大学, Switzerland, 2006.07~2006.07.
ジョージア大学, UnitedStatesofAmerica, 2005.04~2005.04.
ローレンツ研究所, Netherlands, 2005.05~2005.06.
Zhejiang大学, China, 2002.08~2002.08.
Baureuth大学, Germany, 2001.10~2001.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2019.09~2019.09, Tel Aviv University, Israel.
2016.01~2016.02, 中国科学院, China.
2015.09~2015.09, Tel Aviv University, Israel.
2014.10~2014.10, Tel Aviv University, Israel.
2013.10~2013.10, Tel Aviv University, Israel.
2010.09~2010.09, 2週間未満, Tel Aviv University, Japan.
2008.12~2008.12, Tel Aviv University, Israel.
2006.08~2006.08, 2週間未満, Bharathidasan University, India, 日本学術振興会.
2005.10~2005.10, 2週間未満, Tel Aviv University, Israel, .
受賞
150 outstanding referees of the Physical Review Journals in 2017, Americal Physical Society, 2017.03.
応用物理学会論文賞, 応用物理学会, 2014.09.
日本物理学会論文賞, 1998.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, スピン軌道相互作用を持つボース・アインシュタイン凝縮体における渦ソリトン.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 長距離相互作用系における運動の自己組織化.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 分岐構造・階層構造の形成とダイナミクス.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, 反応拡散系のパターン形成と制御.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 外部ポテンシャル中のNLSソリトンの運動.
1999年度~2000年度, 基盤研究(C), 代表, 時空カオスの生成モデル.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」