九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
清水 周次(しみず しゅうじ) データ更新日:2024.06.26



専門診療領域
生物系/医歯薬学/外科系臨床医学/外科学一般. 総合・新領域/総合領域/人間医工学/医用システム.
臨床医資格
日本外科学会, 指導医. 日本消化器外科学会, 指導医. 日本内視鏡外科学会. 日本消化器内視鏡学会. 日本乳癌学会, 認定医. 日本臨床外科学会. 日本肝胆膵外科学会. アメリカ消化器内視鏡外科学会.
医師免許取得年
1980年
勤務時間配分
研究 : 20%, 教育 : 5%, 臨床 : 0%, 管理運営 : 75%
特筆しておきたい臨床活動
臨床面では特に内視鏡外科分野において各臓器の内視鏡外科領域に携わっている。消化管では胆嚢摘出術のほか、胃の局所切除からリンパ節郭清を伴う胃全摘まで、また腸は進行大腸癌を含め症例を重ねている。総胆管嚢腫に対する腹腔鏡手術は世界で2例目の症例を報告した。1998年末からは重症筋無力症に対する縦隔鏡下の胸腺摘出術を開発し。1999年夏からは甲状腺や副甲状腺に対する内視鏡下の手術も新たに開始した。また食道癌に対する食道切除術や腎移植ドナー手術も積極的に推し進めている。その他総胆管結石症、脾臓疾患、膵腫瘍、気胸、肺癌などあらゆる分野の手術に応用している。なおこれら甲状腺に対する内視鏡下手術と膵疾患に対する内視鏡下手術が本院より先進医療に登録された。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。