九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
友岡 克彦(ともおか かつひこ) データ更新日:2021.06.11

教授 /  先導物質化学研究所 分子集積化学部門 総合理工学府物質理工学専攻物質構造化学


主な研究テーマ
非天然型キラル分子の創製
キーワード:天然には存在しないキラル分子の化学
2000.03.
天然型キラル分子の不斉合成
キーワード:生理活性物質,全合成
1990.03.
炭素-炭素結合形成反応の開発
キーワード:カルボアニオン反応
1988.04.
官能基変換反応の開発
キーワード:ヒドロアルミニウム化反応,オゾン酸化,不斉合成
2000.03.
従事しているプロジェクト研究
統合物質創製化学研究機構
2017.04~2023.03.
統合物質創製化学推進事業
2010.04~2016.03.
研究業績
主要著書
1. Igawa, K.; Tomooka, K. , “Chiral Silicon Molecules”  in Organosilicon Chemistry : Novel Approaches and Reactions

, Wiley‐VCH Verlag GmbH & Co. KGaA., 978-3-527-34453-6, 2020.02.
2. Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Science of Synthesis "Silanecarboxylic Acids and Esters", Thieme: Stuttgart, Knowledge Updates 2013/3, pp 93-99, 2013.08.
主要原著論文
1. Yuuya Kawasaki, Yuki Yamanaka, Yuki Seto, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Synthesis of NMs-DACN
Small and hydrophilic click reaction device, Chemistry Letters, 10.1246/cl.190026, 48, 5, 495-497, 2019.01, [URL], Newly designed small and hydrophilic click reaction devices, NMs-4, 8-diazacyclononynes (NMs-DACNs), have been efficiently synthesized by a one-pot double Nicholas approach. NMs-DACNs react with azides smoothly under copper-free conditions and show higher water solubility than that of previously developed NTs-DACNs..
2. Jun-ichi Hayashi, Kazuhiro Uehara, Yusuke Ano, Yuuya Kawasaki, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka , SYNTHESIS AND STEREOCHEMICAL ANALYSIS OF DYNAMIC PLANAR CHIRAL NINE-MEMBERED DIALLYLIC AMIDE: SIGNIFICANT SUBSTITUENT EFFECT ON STEREOCHEMICAL STABILITY, Heterocycles, 10.3987/COM-18-S(F)92, 99, 2019.01.
3. Kouhei Machida, Yuki Yoshida, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Efficient approach to medium-sized cyclic molecules containing (E)-Alkene via z to e photochemical isomerization in the presence of AgNO3-impregnated silica gel, Chemistry Letters, 10.1246/cl.170937, 47, 2, 186-188, 2018.01, [URL], Efficient synthesis of medium-sized cyclic molecules containing an (E)-alkene was performed via the highly (E)selective photochemical isomerization of the (Z)-isomer, facilitated by AgNO3-impregnated silica gel..
4. Kazunobu Igawa, Akihiro Kuroo, Daisuke Yoshihiro, Yuki Yamanaka, Katsuhiko Tomooka, Synthesis of Stereoselectively Functionalized Silacyclopentanes, Synlett, 10.1055/s-0036-1590826, 28, 18, 2445-2448, 2017.11, [URL], An efficient approach to a variety of chiral silacyclopentanes having silicon stereogenic center based on the stereospecific transformations of C4 carbon stereogenic center of silacyclopentenols by Mitsunobu reaction or Tsuji-Trost reaction has been developed. The thus obtained substitution products can be converted into novel silacyclopentane triols, amines, and carboxylic acids in stereospecific manner..
5. Kazunobu Igawa, Shin Aoyama, Yuuya Kawasaki, Takeru Kashiwagi, Yuki Seto, Runyan Ni, Naoto Mitsuda, Katsuhiko Tomooka, One-Pot Synthesis of Versatile Buckle Units for Click Chemistry: 4,8-Diazacyclononynes (DACNs), Synlett, 10.1055/s-0036-1588839, 28, 16, 2110-2114, 2017.01, [URL], Newly designed buckle units for copper-free click chemistry: 4,8-diazacyclononynes (DACNs) were efficiently synthesized with a one-pot procedure from commercially available 2-butyne-1,4-diol. The synthesized DACNs possess versatile connectors for the introduction of functional units and exhibit high click reactivity..
6. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of planar chiral medium-sized heterocycles, Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry, 10.5059/yukigoseikyokaishi.75.449, 75, 5, 449-457, 2017.01, [URL], Nine-membered E,Z-diallylic heterocycles 1 and [7]-orthocyclphenes 2 exhibit planar chirality at ambient temperature. Their stereochemical stabilities are highly dependent on substituent R1 on the E-Alkene, embedded heteroatom X in the ring, and ring size. Their planar chirality can be transformed into carbon central chirality without loss of enantiopurity. Therefore, they are useful chiral building blocks for biologically active chiral molecules and precursors for chiral reagents. The enantioenriched forms of 1 and 2 are available by optical resolution of racemate, and asymmetric synthesis based on enantioselective cyclization. Planar chiral dialkoxysilane 32 and ketone 33 were also developed..
7. Kazunobu Igawa, Kouhei Machida, Kyouhei Noguchi, Kazuhiro Uehara, Katsuhiko Tomooka, Synthesis and Stereochemical Analysis of Planar-Chiral (E)-4-[7]Orthocyclophene, Journal of Organic Chemistry, 10.1021/acs.joc.6b01799, 81, 23, 11587-11593, 2016.12, [URL], An efficient synthesis of (E)-4-[7]orthocyclophene (E)-1 via photochemical isomerization of (Z)-1 has been achieved. The key intermediate (Z)-1 was synthesized from commercially available 2-(hydroxymethyl)benzenepropanol (3) in five steps: (i) group-selective Mitsunobu reaction with CH2=CHCH2CH(SO2Ph)2, (ii) oxidation of alcohol, (III) olefination, (iv) RCM, and (v) removal of sulfones in an overall yield of 73%. The photochemical isomerization of (Z)-1 was efficiently performed in the presence of AgNO3-impregnated silica gel (AgNO3/SiO2). The resulting (E)-1 shows dynamic planar chirality at rt. Enantioenriched (E)-1 was prepared by the HPLC separation of enantiomers using a chiral stationary phase, and the absolute stereochemistry was determined by X-ray diffraction analysis of the Pt-coordinated crystalline derivative. The planar chirality of (E)-1 can be converted into the central chirality of carbon; e.g., the oxidation of (R)-(E)-1 using DMDO provided epoxide (8S,9S)-9 in a stereospecific manner. Furthermore, the Lewis acid-promoted reaction of (8S,9S)-9 afforded a unique tricyclic compound (8S,9S)-10 in an excellent yield and in a stereospecific manner..
8. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Yusuke Abe, Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Synthesis of Silacyclopentanes, Angew. Chem. Int. Ed., DOI: 10.1002/anie.201511728, 55, 5814-5818, 2016.04, A variety of functionalized silacyclopentanes were synthesized by highly enantioselective β‐eliminations of silacyclopentene oxides followed by stereospecific transformations. The reaction mechanism of the β‐elimination was elucidated by DFT calculations. An in vitro biological assay with an oxy‐functionalized silacyclopentane showed substantial binding to a serotonin receptor protein..
9. Kazunobu Igawa, Nobumasa Ichikawa, Yusuke Ano, Keisuke Katanoda, Masato Ito, Toshiyuki Akiyama, Katsuhiko Tomooka, Catalytic Enantioselective Synthesis of Planar Chiral Cyclic Amides Based on Pd-catalyzed Asymmetric Allylic Substitution Reaction, J. Am. Chem. Soc., 10.1021/jacs.5b04340, 137, 23, 7294-7297, 2015.06.
10. Kazunobu Igawa, Shouji Miyasaka, Shougo Motomura, Katsuhiko Tomooka, Planar Chiral Dialkoxysilane: Introduction of Inherent Chirality and High Reactivity in Conventional Achiral Alkene, Chem. Eur. J., 10.1002/chem.201402434, 20, 7598-7602, 2014.05.
11. Kazunobu Igawa, Takeshi Kawabata, Runyan Ni, Katsuhiko Tomooka, Synthesis, Structural Analysis, and Reaction of 3-Aza-5-[7]orthocyclophyne, Chem. Lett, 10.1246/cl.130735, 42, 1374-1376, 2013.11.
12. Suguru Yoshida, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Nucleophilic Substitution Reaction at the Nitrogen of Arylsulfonamides with Phosphide Anion, J. Am. Chem. Soc., 10.1021/ja309642r, 134, 19358-19361, 2012.11.
13. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Nobumasa Ichikawa, Naoto Kokan, Katsuhiko Tomooka, Catalytic Enantioselective Synthesis of Alkenylhydrosilanes, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.201207361, 51, 12745-12748, 2012.11.
14. Katsuhiko Tomooka, Chisato Iso, Kazuhiro Uehara, Masaki Suzuki, Rie Nishikawa-Shimono, Kazunobu Igawa, Planar-Chiral [7]Orthocyclophanes, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.201204484, 51, 10355-10358, 2012.09.
15. Kawasaki, Y.; Ishikawa, Y.; Igawa, K.; Tomooka, K., Directing Group-Controlled Hydrosilylation: Regioselective Functionalization of Alkyne, J. Am. Chem. Soc., 10.1021/ja209553f, 133, 20712-20715, 2011.12, アルキンの変換法として重要なヒドロシリル化反応について,従来は困難であった「反応の位置制御」の問題を解決した.具体的には,分子内に配向基を導入することでヒドロシリル化反応を触媒する白金錯体の位置を制御し,その結果としての生成物の位置制御を行うという新手法を開発した.本法により,精密有機合成化学において重要な非対称アルケニルシランの効率的合成が初めて可能となった..
16. Tomooka, K.; Suzuki, M.; Shimada, M.; Ni, R.; Uehara, K., Stereoselective Multimodal Transformations of Planar Chiral 9-Membered Diallylic Amides, Organic Lett., 10.1021/ol202009x, 13, 18, 4926–4929, 2011.08.
17. Tomooka, K.; Inoue, H.; Igawa, K., Synthesis and Stereochemical Behavior of (E)-Cyclononene Derivatives, Chemistry Letters, 10.1246/cl.2011.591, 40, 6, 591-593, 2011.06.
18. Igawa, K.; Kawasaki, Y; Tomooka, K., Addition-type Oxidation of Silylalkene using Ozone: An Efficient Approach for Acyloin and Its Derivatives, Chemistry Letters, 10.1246/cl.2011.233, 40, 3, 233-235, 2011.02.
19. Tomooka, K.; Ezawa, T.; Inoue, H.; Uehara, K.; Igawa, K., Dynamic Chirality of (E)-5-Cyclononen-1-one and its Enolate, J. Am. Chem. Soc., 10.1021/ja1092375, 2011.01.
20. Tomooka, K.; Shimada, M.; Uehara, K.; Ito, M., A Unique Functional Group Transformation of Planar Chiral Diolefinic Organonitrogen Cycles Utilizing PtCl2(2,4,6-trimethylpyridine) Complexes, Organometallics, 29, 24, 6632–6635, 2010.11.
21. Inoue, H.; Igawa, K.; Tomooka, K., Synthesis and Stereochemical Behavior of Ketoester Derivatives having trans-Cyclononene Skeleton, Engineering Scienece Reports, 32, 3, 19-22, 2010.11.
22. Tomooka, K.; Uehara, K.; Nishikawa, R.; Suzuki, M.; Igawa, K., Enantioselective Synthesis of Planar Chiral Organonitrogen Cycles, J. Am. Chem. Soc., 132, 27, 9232-9233., 2010.06.
23. Igawa K.; Kokan N.; Tomooka K., Asymmetric Synthesis of Chiral Silacarboxylic Acids and Their Ester Derivatives, Angew. Chem. Int. Ed., 49, 4, 728-731., 2010.01.
24. Uehara K.; Tomooka K., Planar Chiral Organosulfur Cycles, Chem. Lett., 38, 11, 1028-1029., 2009.10.
25. Igawa, K.; Takada, J.; Shimono, T.; Tomooka, K., Enantioselective Synthesis of Silanol, J. Am. Chem. Soc., 130, 48, 16132-16133., 2008.12.
26. Tomooka, K.; Suzuki, M.; Uehara, K.; Shimada, M.; Akiyama, T., Novel Synthetic Approach to Nine-Membered Diallylic Amides: Stereochemical Behavior and Utility as Chiral Building Block, Synlett, 16, 2518-2522., 2008.09.
27. Tomooka, K.; Akiyama, T.; Man, P.; Suzuki, M., Asymmetric Synthesis of (-)- and (+)-Kainic acid using a Planar Chiral Amide as a Chiral Building Block, Tetrahedron Letters, 49, 6327-6329., 2008.09.
28. Nakazaki, A.; Usuki, J.; Tomooka, K., Stereoselective 1,4-Phenyl Migration from Silicon to Carbon in α-Siloxy Cyclic Acetal Systems: A Concise Synthesis of 1,2-cis-Phenyl C-Glycoside and Enantioenriched Silanol, Synlett, 13号,2064-2068頁, 2008.07.
29. Igawa, K.; Sakita, K.; Murakami, M.; Tomooka, K., Partial Oxydation of Alkenylsilane with Ozone: A Novel Stereoselective Approach for the Diol- and Triol-derivatives, Synthesis, 10号,1641-1645頁, 2008.05.
30. Tomooka, K.; Sakamaki, J.; Harada, M.; Wada, R., Enantioselective [1,2]-Stevens rearrangement using sugar-derived alkoxides as chiral promoters, Synlett, 5号,683-686頁, 2008.03.
31. Murakami, M.; Sakita, K.; Igawa, K.; Tomooka, K., Stereoselective Oxy-Functionalization of γ-Silyl Allylic Alcohols with Ozone: A Facile Synthesis of Silyl Peroxide and Its Reactions, Organic Letters, 8巻,18号,4023-4026頁, 2006.08.
32. Nakazaki, A.; Nakai, T.; Tomooka, K., Asymmetric Retro-[1,4] Brook Rearrangement and its Stereochemical Course at Silicon, Angew. Chem. Int. Ed., 45巻,14号,2235-2238頁, 2006.03.
33. Tomooka, K.; Suzuki, M.; Shimada, M.; Yanagitsuru, S.-i.; Uehara, K., Planar Chiral Cyclic Amine and Its Derivatives: Synthesis and Stereochemical Behavior, Organic Letters, 8巻,5号,2449-2453頁, 2006.01.
34. Igawa K.; Tomooka, K., γ-Silyl Group Effect in Hydroalumination and Carbolithiation of Propargylic Alcohols, Angew. Chem. Int. Ed., 45巻,2号,232-234頁, 2005.12.
35. Tomooka, K.; Komine, N.; Fujiki, D.; Nakai, T.; Yanagitsuru, S., Planar Chiral Cyclic Ether: Asymmetric Resolution and Chirality Transformation, J. Am. Chem. Soc., 127巻,35号,12182-12183頁, 2005.08.
36. Tomooka, K.; Yamamoto, H.; Nakai, T., Stereoselective Synthesis of Highly Functionalized C-Glycosides based on the Acetal [1,2]- and [1,4]-Wittig Rearrangements, Angew. Chem. Int. Ed., 39巻,24号,4500-4502頁, 2000.12.
37. Tomooka, K.; Kikuchi, M.; Igawa, K.; Suzuki, M.; Keong, P.-h.; Nakai, T., Stereoselective Total Synthesis of Zaragozic Acid A based on an Acetal [1,2]-Wittig Rearrangement, Angew. Chem. Int. Ed., 39巻,24号,4503-4505頁, 2000.12.
38. Tomooka, K.; Nakazaki, A.; Nakai, T., A Novel Aryl Migration from Silicon to Carbon: An Efficient Approach to Asymmetric Synthesis of α-Aryl β-Hydroxy Cyclic Amines and Silanols, J. Am. Chem. Soc., 122巻,2号,40-409頁, 2000.01.
39. Tomooka, K.; Yamamoto, K.; Nakai, T., Enantioselective [1,2]-Wittig Rearrangement using an External Chiral Ligand, Angew. Chem. Int. Ed., 38巻,24号,3741-3743頁, 1999.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 井川和宣,友岡克彦, キラルケイ素分子の不斉合成と生物活性, ファルマシア, https://doi.org/10.14894/faruawpsj.56.5_411, 2020, 56, 411-415, 2020.05.
2. 井川和宣,友岡克彦, キラルケイ素分子の化学—地球上に存在しなかったキラル分子を作り出す, 化学, 2017, 72, 12-16., 2017.02.
主要学会発表等
1. 友岡 克彦, キラル分子科学の再認識, 新化学技術推進協会 第9回JACI/GSCシンポジウム, 2020.06.
2. Katsuhiko Tomooka, New Aspects of Asymmetric Preparation of Chiral Molecules, The 4th IRCCS International Symposium(統合物質創製化学研究推進機構第4回国際シンポジウム), 2020.03.
3. 友岡 克彦, 新しい特性を有するアルケン,アルキンの創製と応用, 有機合成化学協会, 2020.02.
4. 友岡 克彦, キラル分子科学の再認識, 第11回北里化学シンポジウム, 2019.12.
5. 友岡 克彦, キラル分子科学の再認識, 京都大学化学研究所講演会, 2019.12.
6. 友岡 克彦, 新しい特性を有するアルケン,アルキンの創製と応用, 有機合成化学協会賞 受賞講演, 2019.12.
7. 黒尾 明弘,井川 和宣,友岡 克彦, キラル2-ヒドロキシシラシクロペンタンの環拡大型[1,2]-Brook転位, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
8. 吉田 祐樹,井川 和宣,友岡 克彦, 面不斉を有する4-アザ9員環ラクタムの設計と合成, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
9. 河崎 悠也,井本 裕樹,友岡 克彦, 動的キラルなクロモン誘導体の設計,合成とその応用, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
10. 林 純一,河崎 悠也,井川 和宣,友岡 克彦, 動的キラルな10員環ジアリルアミドの設計と合成, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
11. 友岡 克彦, 珍奇なキラル分子の化学, 鳥取大学 GSCセミナー, 2019.01.
12. 友岡 克彦, 珍奇なキラル分子の化学, 東北大学薬学部 特別講演会, 2018.12.
13. 友岡 克彦, 珍奇なキラル分子の化学, パイスター分子制御による未来型分子変換研究拠点, 2018.12.
14. Katsuhiko Tomooka, Nitrogen-embedded Nine-membered Cycloalkyne DACN: Synthesis and Utility as Multi-molecule Connector, The 13th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2018.11.
15. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Medium-sized Unsaturated Organonitrogen Cycles, 8th SPANISH-PORTUGUESE-JAPANESE ORGANIC CHEMISTRY SYMPOSIUM , 2018.11.
16. Katsuhiko Tomooka, Nitrogen-embedded Nine-membered Cycloalkyne DACN: Synthesis and Utility as Multi-molecule Connector, The International Symposium on Organic Reactions (ISOR-13), 2018.11.
17. Katsuhiko Tomooka, Multi-molecule Connectable DACN for Chemical Modification of Biomolecules, The 4th International Symposium of Middle Molecular Strategy, 2018.11.
18. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Akihiro Kuroo, Yusuke Abe, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Silacyclopentanes based on Enantioselective β-Elimination of Silacyclopentene Oxide, 第6回 日英触媒的不斉合成シンポジウム, 2018.11.
19. 井川 和宣,山中 祐貴,青山 慎,河崎悠也,友岡 克彦, DACN含有ポリマーの合成とそのクリック反応, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
20. 黒尾 明弘,井川 和宣,友岡 克彦, 多官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の不斉合成, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
21. 吉田 祐樹,町田 康平,井川 和宣,友岡克彦, アルケンの光異性化を鍵とする面不斉中員環分子の合成, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
22. 河崎 悠也,瀬戸 祐樹,河原 慎太朗,井川 和宣,友岡 克彦, 複数の分子連結部位を有する新規クリック反応素子の開発と応用, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
23. 林 純一,堀川 真太郎,井川 和宣,友岡 克彦, 動的面不斉を有する10員環ジアリルアミドの設計と合成, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
24. 瀬戸 祐樹,河崎 悠也,河原 慎太郎,青山 慎,井川 和宣,友岡 克彦, アミノ酸残基と連結可能なDACN誘導体の合成とその応用, 第29回若手研究者のためのセミナー, 2018.09.
25. 河崎悠也,瀬戸祐樹,河原慎太朗,井川和宣,友岡克彦, 生体分子の化学修飾に有用な多分子連結型DACNの開発, 第60回天然有機化合物討論会, 2018.09.
26. 友岡 克彦, 私たちが間違えたこと,見いだしたこと, 岡山大学工学部 特別講演会, 2018.08.
27. 井川和宣,町田康平,吉田祐樹,野口恭平,上原和浩,友岡克彦, (E)-4-[7]オルトシクロフェンの合成と立体化学, 第113回有機合成シンポジウム, 2018.06.
28. 瀬戸 祐樹,河崎 悠也,河原 慎太郎,青山 慎,井川 和宣,友岡 克彦, アミノ酸残基と連結可能なDACN誘導体の合成とその応用, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
29. 吉田祐樹,町田康平,岡本真梨子,阿野勇介,井川和宣,友岡克彦, アルケンの光異性化を鍵とする面不斉中員環分子の効率的合成, 第28回 万有福岡シンポジウム, 2018.05.
30. 友岡 克彦, 非天然型キラル分子の化学, モレキュラー・キラリティー2018, 2018.05.
31. 黒尾明弘,井川和宣,友岡克彦, ヘテロ官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の不斉合成, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
32. 井川和宣,野崎素良,高田純子,重松和樹,宮坂祥司,友岡克彦, キラルアルコキシシランに対する有機金属反応剤の求核置換反応, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
33. 林純一,堀川真太郎,井川和宣,友岡克彦, 10員環ジアリルアミド類の合成とその立体化学挙動, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
34. 阿野勇介,吉岡由香梨,田中澄怜,河崎悠也,井川和宣,友岡克彦, 6位置換3-アザ[7]オルトピリジノフェンの合成とその立体化学挙動, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
35. 吉田祐樹,町田康平,井川和宣,友岡克彦, 硝酸銀含浸シリカゲル共存下での光異性化を鍵とするE-アルケン中員環分子の効率的合成, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
36. 河崎悠也,瀬戸祐樹,河原慎太朗,青山慎,井川和宣,友岡克彦, Thia-Michael反応部位を有するDACN誘導体の合成と応用, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
37. 河崎悠也,河原慎太朗,瀬戸祐樹,井川和宣,友岡克彦, N-Fmoc-アミノ酸型DACN誘導体の合成とその応用, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
38. 井川和宣,山中裕貴,青山慎,河崎悠也,友岡克彦, DACNを導入した高分子の合成とそのクリック反応, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
39. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Akihiro Kuroo, Yusuke Abe, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Highly Functionalizaed Silacyclopentanes, IRCCS The 1st International Symposium, 2018.01.
40. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Medium-sized Unsaturated Heterocycles, IRCCS The 1st International Symposium, 2018.01.
41. 井川和宣,吉廣大佑,黒男明弘,安部雄介,友岡克彦, キラルシラシクロペンタンの不斉合成, 第44回有機典型元素化学討論会, 2017.12.
42. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Unnatural Chiral Molecules, Special Seminar at Shanghai Institute of Materia Medica, 2017.11.
43. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Unnatural Chiral Molecules, Special Seminar at Shanghai Institute of Organic Chemistry, 2017.11.
44. Kazunobu Igawa, Kazuhiro Uehara, Masaki Suzuki, Nobumasa Ichikawa, Rie Nishikawa-Shimono, Yusuke Ano, Keisuke Katanoda, Toshiyuki Akiyama, and Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral Cyclic Amides, ICCEOCA-12, 2017.11.
45. Jun-ichi Hayashi, Yusuke Ano, Kazuhiro Uehara, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Design and Synthesis of Novel Dynamic Planar-Chiral Amide: Stereochemical Effect of C4-Substituent, The 7th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2017.10.
46. 井川和宣,吉廣大佑,黒男明弘,安部雄介,友岡克彦, キラルシラシクロペンタンの不斉合成と反応, 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
47. 井川和宣,黒男明弘,吉廣大佑,友岡克彦, 多官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の立体選択的合成, 第四回 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」若手シンポジウム, 2017.08.
48. 阿野勇介,吉田祐樹,岡本真梨子,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有するラクタムの設計と合成, 第四回 新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」若手シンポジウム, 2017.08.
49. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有する9員環ラクタムの合成とその立体化学挙動の研究, 第29回若手研究者のためのセミナー, 2017.08.
50. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有する9員環ラクタムの合成とその立体化学挙動の研究, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
51. 井川和宣,黒男明弘,吉廣大佑,友岡克彦, 立体選択的アリル位置換反応を鍵とするキラルシラシクロペンテノールの高度官能基化, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
52. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Unnatural Chiral Molecules, Wender Fest Symposium, 2017.07.
53. 友岡克彦, 非天然型キラル分子の化学, 京都大学大学院材料化学専攻特別講演会, 2017.07.
54. 河崎悠也,瀬戸祐樹,青山慎,井川和宣,友岡克彦, クリック反応素子DACNの効率的合成法とその多機能化, 万有福岡シンポジウム, 2017.06.
55. 河崎悠也,青山慎,柏木健,井川和宣,友岡克彦, クリック反応素子DACNのワンポット合成とその機能化, 第111回有機合成シンポジウム, 2017.06.
56. 河崎悠也,青山慎,瀬戸祐樹,井川和宣,友岡克彦, ワンポット法による多機能DACN類の効率的合成と反応, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
57. 河崎悠也,牟田口実咲,井川和宣,友岡克彦, 動的キラルなα,β-不飽和ケトンの設計と合成, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
58. 河崎悠也,上久保椋太,井川和宣,友岡克彦, 動的キラルな1,3-ケトアミドエノラートの合成とその変換, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
59. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 動的キラルな9員環ラクタムの設計,合成とその立体化学挙動, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
60. 井川和宣,吉廣大佑,黒尾明弘,友岡克彦, キラルシラシクロペンテノールの立体選択的変換, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
61. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦, キラルジアルコキシシランのグループ選択的求核置換反応とその立体化学, IRCCS 第2回国内シンポジウム, 2017.01.
62. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉中員環ラクタムの合成,立体化学挙動およびその変換, IRCCS 第2回国内シンポジウム, 2017.01.
63. 友岡克彦, 非天然型キラル分子の化学, 東京農工大大学 特別講演会, 2017.01.
64. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦, キラルジアルコキシシランの立体選択的求核置換反応キラルジアルコキシシランのグループおよび立体選択的求核置換反応, 第20回ケイ素化学協会シンポジウム, 2016.10.
65. Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Synthesis of Silacyclopentanes, Asian Core Program 2016 Korea, 2016.10.
66. Yusuke Ano, Yukari Yoshioka, Kohei Ogawa, Ryouta Morita, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Synthesis, Stereochemical Behavior, and Transformation of 3-Aza[7]orthocyclophenes, The 6th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia , 2016.10.
67. Kazunobu Igawa, Shin Aoyama, Runyan Ni, Takeru Kashiwagi, Naoto Mitsuda, Katsuhiko Tomooka, Efficient Synthesis of Click Reaction Device "DACN", The 6th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2016.10.
68. 友岡克彦, 私達は何を間違え,何を見い出したのか, 第32回若手科学者のための化学道場, 2016.08.
69. 井川和宣,吉廣大佑,安部雄介,黒尾明弘,友岡克彦, 官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の不斉合成, 第32回若手科学者のための化学道場, 2016.08.
70. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有する中員環ラクタムの設計と合成, 第32回若手科学者のための化学道場, 2016.08.
71. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦, キラルジアルコキシシランの立体選択的求核置換反応, 第28回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学協会九州山口支部), 2016.08.
72. 井川和宣,青山慎,柏木健,倪潤炎,光田直人,友岡克彦, クリック反応素子DACNの設計と効率的合成, 第28回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学協会九州山口支部), 2016.08.
73. 井川和宣,青山慎,柏木健,倪潤炎,光田直人,友岡克彦, クリック反応素子DACNの設計と効率的合成, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
74. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦, キラルジアルコキシシランの求核置換反応, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
75. 友岡克彦, キラル分子化学の再認識, IRCCS キックオフシンポジウム, 2016.06.
76. 阿野勇介,小川浩平,市川延雅,守田涼汰,吉岡由香梨,井川和宣,友岡克彦, 面不斉オルトシクロフェンの設計,合成及びその反応, IRCCS キックオフシンポジウム, 2016.06.
77. 井川和宣,青山慎,柏木健,倪潤炎,光田直人,友岡克彦, クリック反応素子DACNの効率合成と高機能化, IRCCS キックオフシンポジウム, 2016.06.
78. Yuuya Kawasaki, Kosuke Nishino, Naoto Mitsuda, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Ozone Oxidation of Silylalkene Using Chiral Silyl Auxiliary, Molecular Chirality Asia 2016, 2016.04.
79. Kazunobu Igawa, Junko Takada, Daisuke Yoshihiro, Naoto Kokan, Nobumasa Ichikawa, Tomohiro Shimono, Katsuhiko Tomooka, Divergent Asymmetric Synthesis of Chiral Organosilanes:Enantioselective Synthesis of Chiral Silanols and Stereospecific Transformations Thereof, Molecular Chirality Asia 2016, 2016.04.
80. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Planar Chiral Heterocycles, Molecular Chirality Asia 2016, 2016.04.
81. 阿野 勇介, 小川 浩平, 守田 涼汰, 吉岡 由香梨, 井川 和宣, 友岡 克彦, 3-アザ[7]オルトシクロフェン類の合成,立体化学挙動,および立体特異的変換, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
82. 河崎 悠也, 牟田口 美咲, 井川 和宣, 友岡 克彦, 動的軸不斉を有する新規1,3-ケトアミドの設計と合成, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
83. 井川 和宣, 柏木 健, Ni Runyan, 光田 直人, 青山 慎, 友岡 克彦, 含ヘテロ9員環アルキンのワンポット合成, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
84. 柏木 健, Ni Runyan, 光田 直人, 青山 慎, 井川 和宣, 友岡 克彦, 含ヘテロ9員環アルキンの機能化と応用, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
85. 井川 和宣, 高田 純子, 重松 和樹, 友岡 克彦, ジアルコキシシランの求核置換反応とその立体化学経路, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
86. 吉廣 大佑, 安部 雄介, 井川 和宣, 友岡 克彦, キラルシラシクロペンタン類のエナンチオ選択的合成, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
87. 友岡 克彦, アルケン,アルキンの化学の新展開, 関西学院大学大学院理工学研究科 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 合同シンポジウム, 2016.01.
88. Kazunobu Igawa, Runyan Ni, Takeru Kashiwagi, Naoto Mitsuda, Shin Aoyama, Katsuhiko Tomooka, Heteroatom-embedded Nine-membered Cycloalkynes: Efficient Device for Click Reaction, The 10th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2015.11.
89. 吉廣 大佑, 安部 雄介, 井川 和宣, 友岡 克彦, キラルシラシクロペンタン誘導体の不斉合成, 第19回ケイ素化学協会シンポジウム, 2015.10.
90. 友岡 克彦, 動的キラル分子の特性に立脚した新しいキラルテクノロジーの開拓, 第32回有機合成化学セミナー, 2015.09.
91. 井川 和宣, 倪 潤炎, 光田 直人, 柏木 健, 友岡 克彦, 高いクリック反応性と機能多様性を兼ね備える新型アルキンの開発, 第57回天然有機化合物討論会, 2015.09.
92. 吉廣大佑,安部雄介,井川和宣,友岡克彦, 多官能基化されたキラルシラシクロペンタン誘導体の不斉合成, 第107回有機合成シンポジウム, 2015.06.
93. 柏木健,平塚祐也,井川和宣,友岡克彦, 動的軸不斉を有する新規N-アリールアミドの設計と合成, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
94. 井川和宣,工藤雄大,本村彰悟,宮坂祥司,友岡克彦, 動的面不斉を有する9員環ジアルコキシシランの合成とその立体化学挙動, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
95. 吉廣大佑,安部雄介,井川和宣,友岡克彦, シラシクロペンテノールのエナンチオ選択的不斉合成とその変換, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
96. 阿野勇介,林純一,上原和浩,井川和宣,友岡克彦, C4位に置換基を有する面不斉9員環ジアリルアミン類の合成とその立体化学挙動, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
97. 阿野勇介,市川延雅,井川和宣,友岡克彦, 触媒的不斉環化反応による面不斉中員環アミン類のエナンチオ選択的合成 , 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
98. 井川和宣,宮坂祥司,本村彰悟,友岡克彦, ケイ素継ぎ手の利用による鎖状アルケンへのキラリティーと反応性の付与, 第18回ケイ素化学協会シンポジウム, 2014.10.
99. Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Properly Functionalized Chiral Silanes , The 18th International Symposium on Silicon Chemistry, 2014.08.
100. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Planar Chiral Heterocycles , Philipps-Universität Marburg, 2014.08.
101. Katsuhiko Tomooka, Recent Advances in the Chemistry of Dynamic Planar Chiral Molecules, The 4th International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, 2014.07.
102. 井川 和宣, 倪 潤炎, 光田 直人, 友岡 克彦, 含ヘテロ中員環アルキンの合成,構造解析,反応, 第105回有機合成シンポジウム, 2014.06.
103. 井川 和宣, 倪 潤炎, 光田 直人, 友岡 克彦, 中員環アルキンの歪みと反応性に環内ヘテロ原子が及ぼす効果, 日本化学会 第94春季年会, 2014.03.
104. 吉廣大佑, 安部雄介, 井川和宣, 友岡克彦, シラシクロペンテンオキシドのエナンチオ選択的β−脱離反応, 日本化学会 第94春季年会, 2014.03.
105. 小川 浩平, 守田 涼汰, 井川 和宣, 友岡 克彦, 6位に置換基を有する3-アザ[7]オルトシクロフェンの立体化学挙動とその変換, 日本化学会 第94春季年会, 2014.03.
106. 畑山 有介, 井川 和宣, 友岡 克彦, 1(6)位にヘテロ置換基を有する面不斉3-アザ[7]オルトシクロフェン類の合成とその立体化学, 日本化学会 第94春季年会, 2014.03.
107. 市川 延雅, 井川 和宣, 友岡 克彦, 面不斉中員環アミドの触媒的不斉合成, 日本化学会 第94春季年会, 2014.03.
108. 友岡 克彦, 不飽和結合を含む中員環分子の化学, 金沢大学 薬学シンポジウム2013 −新たな反応場の構築−, 2014.02.
109. 友岡 克彦, 1)官能基変換に関するいくつかの新知見,2)珍奇なキラル分子の化学, 北海道大学 集中講義,特別講演会, 2014.01.
110. Katsuhiko Tomooka, Dynamic Chiral Keton and Its Enolate, The 11th International Symposium on Organic Reaction, 2013.11.
111. Katsuhiko Tomooka, Masaki Suzuki, Kazuhiro Uehara, Maki Shimada, Toshiyuki Akiyama, Chisato Iso, Syun-ichi Yanagitsuru, Kazunobu Igawa, Asymmetric Transannular Aza-[2,3]-Wittig Rearrangement of Planar Chiral Organonitrogen Cycles, 10th International Symposium on Carbanion Chemistry (ISCC-10), 2013.09.
112. 友岡 克彦, 非天然型キラル分子の化学, 岡山理科大学 特別講演会, 2013.07.
113. 井川 和宣, 吉廣 大佑, 市川延雅, 古閑直人, 友岡 克彦, アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成, 第103回有機合成シンポジウム, 2013.06.
114. 井川 和宣, 吉廣 大佑, 市川延雅, 古閑直人, 友岡 克彦, キラルケイ素分子の不斉合成:アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成とその変換, 第23回福岡シンポジウム, 2013.06.
115. 井川 和宣, 光田 直人, 西野 浩輔, 河崎 悠也, 友岡 克彦, 不斉オゾン酸化反応の立体化学研究, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
116. 倪 潤炎, 井川 和宣, 友岡 克彦, ヘテロ中員環アルキンの効率的合成法の開発, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
117. 井川 和宣, 町田 康平, 上原 和浩, 友岡 克彦, 面不斉[7]オルトシクロファンの合成とその立体化学, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
118. 井川 和宣, 小川 浩平, 川端 健志, 上原 和浩, 友岡 克彦, 6位に置換基を有する面不斉3-アザ[7]オルトシクロファンの合成とその動的立体化学挙動, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
119. 畑山 有介, 井川 和宣, 友岡 克彦, 1(6)位に置換基を有する面不斉3-アザ[7]オルトシクロファンの合成とその立体化, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
120. 井川 和宣, 山浦 佑太郎, 友岡 克彦, 立体配座が規制されたジヒドロオキソニンの合成とその立体化学, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
121. 井川 和宣, 野口 恭平, 川端 健志, 扇好 信, 友岡 克彦, 面不斉γ-アミノ酸とその誘導体の動的立体化学挙動, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
122. 井川 和宣, 吉廣 大佑, 市川 延雅, 古閑 直人, 友岡 克彦, アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成とその変換(2), 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
123. 井川 和宣, 吉廣 大佑, 市川 延雅, 友岡 克彦, アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成とその変換(1), 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
124. 友岡 克彦, 動的キラルなアルケンの設計,合成,応用, 関学化学フォーラム(主催:関西学院大学理工学研究科), 2013.01.
125. 友岡 克彦, 非天然型キラル分子の化学, 有機合成セミナー(主催:有機合成化学協会東海支部), 2012.11.
126. Kazunobu Igawa, Yuuya Kawasaki, Masanori Murakami, Kyohei Sakita, Youhei Ishikawa, KATSUHIKO TOMOOKA, Significant Silyl Substituent Effect on Ozone Oxidation: A Novel Approach to Multi-oxy-functionalized Compounds from Alkynes, The 4th Asian Silicon Symposium, 2012.10.
127. 友岡 克彦, 動的面不斉を有するヘテロ中員環化合物の化学, 第24回 万有札幌シンポジウム, 2012.07.
128. 井川 和宣, 西野 浩輔, 河崎 悠也, 友岡 克彦, 不斉オゾン酸化反応の開発, 第101回有機合成シンポジウム, 2012.06.
129. 井川和宣,野口恭平,友岡克彦, 面不斉ジペプチドの立体化学挙動, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
130. 伊藤正人,畑山有介,友岡克彦, 面不斉アミンを配位子とするパラジウム錯体の合成とその立体化学, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
131. 上原和浩,倪潤炎,鈴木征希,島田麻木,友岡克彦, 面不斉中員環アミドおよびその誘導体の立体特異的渡環反応, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
132. 井川和宣,町田康平,友岡克彦, 環上に芳香環を導入した面不斉ヘテロ中員環分子の合成と立体化学的挙動, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
133. 友岡克彦, 非天然型キラル分子の設計,合成と反応, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
134. 井川和宣,西野浩輔,河崎悠也,友岡克彦, キラルシリル基を導入したアルケンの不斉オゾン酸化, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
135. 河崎悠也,石川洋平,井川和宣,友岡克彦, ビニルシリル基を配向基として活用したアルキンの位置選択的ヒドロシリル化反応, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
136. 河崎悠也,石川洋平,井川和宣,友岡克彦, 非対称アルキンの位置選択的ヒドロシリル化反応の開発とその応用, 第100 回有機合成シンポジウム, 2011.11.
137. 友岡克彦, 転位手法を基盤とする分子構築法の開発とその応用, 第 99 回有機合成シンポジウム, 2011.06.
138. 伊藤正人,片野田圭介,秋山俊行, 友岡克彦, パラジウム触媒を用いる面不斉中員環 アミド類のエナンチオ選択的合成, 日本化学会 第91春季年会, 2011.03.
139. 河崎悠也,石川洋平,井川和宣,友岡克彦, 非対称アルキンの 位置選択的ヒドロシリル化, 日本化学会 第91春季年会, 2011.03.
140. 井川和宣,河崎悠也,古閑直人,友岡克彦, シラカルボン酸エステルの 合成とその反応, 日本化学会 第91春季年会, 2011.03.
141. 井川和宣,河崎悠也,西野浩輔,古閑直人,友岡克彦, ジアステレオ選択的付加型オゾン酸化: アシロインの不斉合成への展開, 日本化学会 第91春季年会, 2011.03.
142. 友岡克彦, 非天然型キラル分子の設計,合成と反応, 日本化学会 第91春季年会, 2011.03.
143. Kazunobu Igawa, Junko Takada, Naoto Kokan, Tomohiro Shimono, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Si-stereogenic Compounds based on Chiral Silanol, The 1st International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, 2011.01.
144. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Planar Chiral Heterocycles, National Taiwan University, 2010.11.
145. Kazunobu Igawa, Atsuo Nakazaki, Junko Takada, Naoto Kokan, Tomohiro Shimono, Junji Usuki,Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Chiral Silanol and Its Transformation, 5th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-5), 2010.11.
146. 友岡克彦, 新しい分子を創る, 目路はるか教室(慶応義塾普通部), 2010.11.
147. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Planar Chiral Heterocycles: Stereochemical Behavior and Synthetic Utility, Fall International Convention of The Pharmaceutical Society of Korea, 2010.10.
148. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Unnatural Chiral Molecules, Seoul National University, 2010.10.
149. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Unnatural Chiral Molecules, Korea Advanced Institute of Science and Technology, 2010.10.
150. 友岡克彦, 面不斉へテロ中員環の化学, 第45回天然物化学談話会, 2010.07.
151. 河崎悠也,崎田享平,村上正徳,井川和宣,友岡克彦, 付加型オゾン酸化反応の開発, 有機合成化学協会・九州山口支部 有機合成化学講演会, 2010.05.
152. 川端健志・扇好信・井川和宣・友岡克彦, 面不斉を有するジペプチドの合成, 日本化学会 第90春季年会, 2010.03.
153. 友岡克彦, 大学における化学系実験の安全向上:設備,管理,教育, 日本化学会 第90春季年会, 2010.03.
154. 友岡克彦, ・ 面不斉中員環化合物の化学

・有機ケイ素化合物の反応に関するいくつかの知見, Organic Syntheses Lectureship, 2010.02.
155. Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis with Planar Chiral Heterocycles, The 4th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2009.11.
156. 井川和宣・古閑直人・友岡克彦, キラルシラカルボン酸の不斉合成, 第13回ケイ素化学協会シンポジウム, 2009.10.
157. Katsuhiko Tomooka, Chemistry of Planar Chiral Heterocycles, 第14回 日韓有機化学セミナー, 2009.10.
158. 江澤隆行・井上寛子・井川和宣・友岡克彦, 9員環アルケニルケトンの立体化学的挙動:動的面不斉の分析と制御, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
159. Kazunobu Igawa, Masanori Murakami, Kyohei Sakita, Yuuya Kawasaki, Katsuhiko Tomooka, A Novel Facet of Ozone Oxidation: Addition-type Oxidation of Alkene, The 9th International Symposium on Organic Reactions, 2008.11.
160. 井川和宣・崎田享平・村上正徳・河崎悠也・友岡克彦, アルケンの新規付加型酸化:アルケニルシランのオゾン酸化, 第50回 天然有機化合物討論会, 2008.10.
161. 上原和浩,鈴木征樹,井川和宣,友岡克彦, 置換基を有する面不斉9員環アミン類の合成とその立体化学的挙動の研究, 第91回有機合成シンポジウム, 2007.05.
162. 和田良治・酒巻順一郎・原田学・井川和宣・友岡克彦, エナンチオ選択的[2,3]-Stevens転位, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
163. 崎田享平・村上正徳・井川和宣・友岡克彦, オゾンによるγ-シリルアリルアルコールの立体選択的な酸素官能基化, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
164. 井川和宣・古閑直人・友岡克彦, キラルカルボキシシランの不斉合成, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
165. 井川和宣・川端健志・友岡克彦, β位にアシル基を有する面不斉9員環アミン類の合成とその立体化学的挙動, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
166. 上原和浩・三宅裕樹・磯知里・呉宗翰・友岡克彦, ピリジン環を有する面不斉9員環アミン類の合成, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
167. 井川和宣,下野智弘,中崎敦夫,友岡克彦, アリルオキシシラン系における[1,4]-retro-Brook転位の立体化学経路と反応機構, 第52回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 2006.12.
168. 友岡克彦, 面不斉ヘテロ中員環の創製とその利用, 特定領域研究「生体機能分子の創製」第一回公開シンポジウム, 2006.12.
169. 北川和彦,磯知里,井川和宣,友岡克彦, ヘミアミナール系カルボアニオン転位を基盤とする多置換ピロール,ピリジンの合成, 第90回 有機合成化学協会シンポジウム, 2006.11.
170. Ryoji Wada, Junichiro Sakamaki, Manabu Harada, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Stevens Rearrangement, 5th Workshop on Organic Chemistry for Junior Chemists (WOCJC-5), 2006.11.
171. Kazuhiro Uehara, Masaki Suzuki, Katsuhiko Tomooka, Planar Chiral Cyclic Ammonium Salts: Synthesis and Its Application, 5th Workshop on Organic Chemistry for Junior Chemists (WOCJC-5), 2006.11.
172. 友岡克彦, 珍奇なキラル分子の化学, 有機合成ミニシンポジウム, 2006.10.
173. Katsuhiko Tomooka, Noriyoshi Seki, Takahiro Tomoyasu, Takayuki Hanji and Kazuhiko Kitagawa, Novel Carbanion Reaction of Hemiaminal System: A Facile Approach to Polysubstituted Pyrroles and Pyridines, 1st International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2006.10.
174. Kazunobu Igawa, Masanori Murakami, Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Hydroalumination of Prochiral Propargylic Alcohol: An Efficient Stereoselective Approach to Functionalized Chiral tert-Alcohol, ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products Scientific Program, 2006.07.
175. 上原和浩・鈴木征希・友岡克彦, 面不斉を有する四級アンモニウム塩の合成とその応用, 第51回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 2006.05.
176. 和田良治・酒巻順一郎・原田学・井川和宣・友岡克彦, エナンチオ選択的Stevens転位, 第51回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 2006.05.
177. 秋山俊行・友岡克彦, 面不斉を有する中員環アミドをキラル合成素子として活用するγ-lycoraneの不斉合成, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
178. 上原和浩・秋山俊行・井川和宣・友岡克彦, 面不斉中員環アミン類におけるγ-換基効果, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
179. 井川和宣・江澤隆行・和田良治・友岡克彦, 糖アルコキシド塩基を用いた不斉環化による光学活性環状アミン類の合成, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
180. 井川和宣・高田純子・宮坂祥司・会田渉・友岡克彦, 環状ジアルコキシシランのδ-脱離反応による光学活性シラノールの不斉合成, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
181. 北川和彦・磯知里・井川和宣・友岡克彦, ピリダインの付加環化反応による多置換ピリジンの合成, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
182. 井川和宣・下野智弘・中崎敦夫・友岡克彦, [1,4]-retro-Brook転位によるシリルエノールエーテルの合成とその応用, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
183. K. Tomooka, M. Ootani, K. Hayakawa, T. Oi, Network Registration of Chemicals at University, PACIFICHEM 2005, 2005.12.
184. 友岡克彦, プロパルギル系ヒドロアルミニウム化反応におけるγ-シリル置換基の顕著な活性化効果, 特定領域研究「生体機能分子の創製」第1回 公開シンポジウム, 2005.11.
185. 友岡克彦, 炭素中心性不斉を持たないキラル小分子の化学, 平成17年度 後期(秋季)有機合成化学講習会, 2005.11.
186. 井川和宣・友岡克彦, プロパルギル系ヒドロアルミニウム化反応におけるγ-シリル置換基の顕著な活性化効果, 第88回 有機合成化学協会シンポジウム, 2005.11.
187. 井川和宣・会田 渉・齊藤大介・高田純子・友岡克彦, アリルオキシシラン系新規カルボアニオン転位の開発と応用, 第50回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 2005.11.
188. 村上正徳・崎田享平・井川和宣・友岡克彦, エナンチオ選択的ヒドロアルミニウム化反応の開発と展開, 第50回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 2005.11.
189. 友岡克彦・鈴木征希・秋山俊行・磯 知里・上原和浩・島田麻木・Man Phewlungde, 安定な面不斉を有する中員環アミン類の合成と不斉合成素子としての活用, 第47回 天然有機化合物討論会, 2005.10.
190. 井川和宣・高田純子・友岡克彦, 光学活性シラノールの不斉合成, 第10回 ケイ素化学協会シンポジウム, 2005.10.
191. 関法良・北川和彦・判治貴之・友安崇浩・磯知里・友岡克彦, 新規カルボアニオン反応による多置換ピロールの合成, 第35回 複素環化学討論会, 2005.10.
192. 友岡克彦, カルボアニオン転位を基盤とする不斉分子構築法の開発, 特定領域研究「生体機能分子の創製」第1回 全体会議, 2005.06.
193. 井川和宣・高田純子・友岡克彦, 光学活性シラノールの不斉合成, 第87回 有機合成化学協会シンポジウム, 2005.06.
特許出願・取得
特許出願件数  8件
特許登録件数  5件
学会活動
所属学会名
日本化学会
有機合成化学協会
アメリカ化学会
ケイ素化学協会
国際複素環化学会
学協会役員等への就任
2019.01~2020.12, 有機合成化学協会 九州山口支部, 運営委員.
2013.04~2016.03, 万有福岡シンポジウム組織委員会, 運営委員.
2014.04~2015.03, 有機合成化学協会 九州山口支部, 運営委員.
2013.04~2014.03, 有機合成化学協会 九州山口支部, 運営委員.
2005.04~2006.03, 日本化学会, 幹事.
2004.04~2006.03, 日本化学会, 関東支部・化学教育協議会委員.
2005.04~2006.12, 有機合成化学協会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.09.17~2014.09.19, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 実行委員長.
2014.09.17~2014.09.19, 第31回有機合成化学セミナー, 実行委員長.
2015.05.16~2015.05.16, 第25回記念万有福岡シンポジウム, Organizer.
2012.05.19~2012.05.19, 第22回万有福岡シンポジウム, Co-organizer.
2010.02.24~2010.02.24, 若手化学者・研究交流会 2010, 実行委員.
2009.09.28~2009.09.28, 有機金属化学・有機合成化学 学生Workshop 2009, 実行委員.
2008.09.08~2008.09.10, 第25回有機合成化学シンポジウム, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.04~2011.03, 有機合成化学協会誌, 国内, 編集委員.
2007.06, Organic Preparations and Procedures International, 国際, Advisory Board.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度 12  12 
2013年度
2012年度 14  14 
2011年度 13  15 
2011年度 14  14 
2010年度 13  18 
2009年度 19  20 
2008年度 10  16 
2007年度 16 
2006年度 16  16 
受賞
有機合成化学協会賞(第61回, 2019年度), 有機合成化学協会, 2020.02.
Asian Core Program Lectureship Award (China), The 10th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2015.11.
Asian Core Program Lectureship Award (Hong Kong), 2014.11.
長瀬研究振興賞(平成24年度), 長瀬科学技術振興財団, 2012.04.
日本化学会学術賞(第28回,平成22年度) , 日本化学会, 2011.03.
有機合成化学協会 アステラス製薬・生命有機化学賞(2010年度 ), 有機合成化学協会, 2011.02.
Asian Core Program Lectureship Award (Singapore), 2010.11.
Asian Core Program Lectureship Award (Korea), 2009.11.
2001 Synthesis-Synlett Journal Award, Thieme, 2001.01.
有機合成化学協会奨励賞(第15回,1996年度) , 有機合成化学協会, 1997.02.
有機合成化学協会 エーザイ研究企画賞(1996年度 ), 有機合成化学協会, 1997.02.
井上研究奨励賞(第5回,1988年度) , 井上科学振興財団, 1989.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2024年度, 基盤研究(S), 代表, キラル分子を光学活性体として得る革新的手法DYASINの開発.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, クリック反応素子DACNを活用した分子ハイブリッド法の開発と中分子合成への展開.
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, キラルケイ素ラジカルの立体化学挙動研究と新規不斉合成法への展開.
2016年度~2017年度, 新学術領域研究, 代表, ヘテロ中員環アルキンのクリック反応を基盤とする分子ハイブリッド化法の開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 動的面不斉を有する中員環分子の設計,光学活性体の調製,及びその応用.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 面不斉を有するヘテロ環分子の創製とその応用.
2010年度~2011年度, 新学術領域研究, 代表, アルケンの集積型官能基化法.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 特殊なキラリティーを有するアミノ酸,ペプチド類の合成と応用.
2012年度~2013年度, 新学術領域研究, 代表, アルキンの集積型精密変換法の開発.
2002年度~2004年度, 基盤研究(B), 代表, 新規含ヘテロ不斉カルボアニオン転位.
2002年度~2003年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 代表, 安定な面不斉を有するヘテロ中員環化合物の化学.
2004年度~2007年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 代表, カルボアニオン転位を基盤とする不斉分子構築法の開発.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, 光学活性な有機ケイ素化合物の創製と応用.
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, キラルケイ素化合物の不斉合成とその応用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」