九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
松下 拓也(まつした たくや) データ更新日:2020.07.10



社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
大学院留学生の研究指導と論文作成の補佐を行う。臨床実習のために来院する留学生に対して,実習プログラムを策定し,その指導を行う。市民講座において神経難病について講演を行い,臨床的問題の解決に向けた多方面の取り組みついて周知を行う。多発性硬化症/視神経脊髄炎の研究推進のため国際的生体試料バンク事業に参画する。HTLV1関連脊髄症診療のガイドライン作成委員として参画し,またプリオン病サーベイランス委員として九州地区を担当している。福岡県における国保審査を行い適正な保険診療の遂行に寄与している。
一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2016.12, 多発性硬化症の基礎知識と治療について, 福岡市中央区保健福祉センター, 福岡市.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2016.07~2018.03, 国際化担当者会議.

2017.01~2018.03, 心肺蘇生サポート委員会.

2017.01~2018.03, 集中治療運営委員会.

2017.01~2019.12, 保険診療適正化委員会.

2017.01~2019.03, 免疫チェックポイント阻害薬適正使用委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」