九州大学 研究者情報
発表一覧
佐々木 真(ささき まこと) データ更新日:2020.06.28

助教 /  応用力学研究所 核融合力学部門


学会発表等
1. 佐々木真, 磁化プラズマにおける乱流の時空間構造, 日本物理学会年会, 2019.03.
2. M. Sasaki, K. Itoh, N. Kasuya, S. Inagaki, Y. Kasuga, T. Kobayashi, A. Fujisawa, S.-I. Itoh, Parallel flow driven instability due to toroidal return flow in H-mode plasmas, EFTSOMP, 2019.07.
3. M.Sasaki, Y.Kawachi, R.O.Dendy, H.Arakawa, N. Kasuya, F. Kin, K. Yamasaki, S. Inagaki, Extraction of plasma turbulence dynamics by using dynamical mode decomposition, 第17回核燃焼プラズマ統合コード研究会, 2019.12.
4. 佐々木真、河内祐一、R.O.Dendy、荒川弘之、糟谷直宏、金文良、山﨑広太郎、稲垣滋, 動的モード分解によるプラズマ乱流構造のダイナミクス抽出, プラズマ核融合学会年会, 2019.12.
5. 佐々木真、河内裕一、R.O.Dendy、荒川弘之、糟谷直宏、金文良、山崎広太郎、稲垣滋, ケルビンヘルムホルツ乱流におけるリミットサイクル振動, プラズマシミュレータシンポジウム, 2019.12.
6. M. Sasaki, S. Inagaki, Y. Kawachi, F. Kin, H. Arakawa , Extraction of spatial structures of intermittent events using dynamical mode decomposition, 2nd International Conference on data driven plasma science, 2019.05.
7. M. Sasaki, On the spatial profile of turbulence in magnetically confined plasmas , ISEE, 2019.02.
8. M. Sasaki, T. Kobayashi, K. Itoh, N. Kasuya, Y. Kosuga, A. Fujisawa, S. Inagaki, S.-I. Itoh, Spatial structure of turbulence and flows in magnetically confined plasmas, Max-Planck Princeton Conference, 2019.02.
9. M. Sasaki, T. Kobayashi, K. Itoh, N. Kasuya, Y. Kosuga, A. Fujisawa, S. Inagaki, S.-I. Itoh, Spatiotemporal dynamics of turbulence with zonal flows, European Physical Society, 45th Conference on Plasma Physics, 2018.07.
10. M. Sasaki , Summary talk on Model reduction and experimental validation (for session E) , Asia-Pacific Transport Working Group (APTWG) international conference, 2018.06, 国際会議のセッションリーダとして「model validation and experimental verification」というグループをオーガナイズし、会議最終日にサマリートークを行った。また、会議のサマリー論文を共著で執筆し、Nuclear Fusion誌から出版された。.
11. M.Sasaki, Selection of flow chirality in drift-mode and D'Angelo-mode fluctuations, Association of Asia Pacific Physical Societies (AAPPS) , 2018.11, 螺旋流は自然界に普遍的に存在する。例えば、磁場閉じ込めプラズマでは、磁場方向速度と磁場に垂直方向速度の組み合わせによって螺旋流が自発的に形成される。磁場方向速度は、トロイダル自発回転に、磁場に垂直方向の流れは帯状流やポロイダル平均流などがある。螺旋流は乱流輸送に大きな影響を与えるため、その性質の理解は輸送研究の重要なテーマとなっている。L-H遷移やトロイダル流の反転現象等に見られるような螺旋流トポロジーの遷移が起こる多くの場合、不安定性を駆動する自由エネルギーが複数存在する。温度や密度の空間不均一性がドリフト波型不安定性を駆動し、一方、流れの不均一性がKelvin-Helmholtz不安定性やD’Angelo modeを不安定化する。このように、複数の不安定性が存在するようなプラズマにおいて、螺旋流のトポロジー選択則を発見した。.
12. M. Sasaki, Spatiotemporal dynamics of turbulence with zonal flows, 8th East-Asia School and Workshop on Laboratory, Space, and Astrophysical Plasmas (EASW8) , 2018.08.
13. M. Sasaki, Enhancement and suppression of turbulence by energetic‐particle‐driven geodesic acoustic modes, Electric Fields Turbulence and Self-Organization in Magnetised Plasmas (EFTSOMP), 2018.07.
14. M. Sasaki, K. Itoh, N. Kasuya, S. Inagaki, Y. Kosuga, T. Kobayashi, A. Fujisawa, S.-I. Itoh, Parallel flow driven instability due to toroidal return flow in H-mode plasmas , Asia-Pacific Transport Working Group (APTWG) international conference, 2018.06, We theoretically investigate turbulence in H-mode plasmas with the pressure gradient and the strong mean flow. The toroidal flow, which is induced by the poloidal mean flow so as to satisfy the divergence free condition, is strong in H- mode, thus the effect of the toroidal return flow on instabilities is considered. The proposed model self-consistently includes not only the destabilization of the drift wave and the parallel flow shear instability, called D’Angelo mode, but also the stabilization due to the poloidal flow shear. Depending on the strength of the flow shear or on the magnetic geometrical parameter, we obtain the stabilization of drift wave and the destabilization of the D’Angelo mode. The competition between different instabilities through coupling of the poloidal flow with the toroidal return flow could be a key concept for understanding the turbulence in H-mode. The characteristics of the instabilities are similar to the observations of the precursor of the type-III ELM..
15. 佐々木真, 磁化プラズマにおける乱流の時空間構造, 日本物理学会年会, 2019.03, 磁化プラズマでは、温度や密度の空間勾配によってプラズマ装置サイズに比べて十分短い波長を持つ微視的スケールの乱流が発達しており、乱流によって粒子や熱輸送が支配されている。乱流は乱流レイノルズ力等の非線形効果によって巨視的スケールの流れを自発的に駆動し、流れとの相互作用によって乱流自身のエネルギーやその時空間構造が規定される。さらに乱流の自己非線形性によって空間的に弾道的伝播を示すこともある[2]。このように乱流の空間構造は、「流れとの相互作用」や「空間伝播」によって決定される。近年の実験観測の進展により、乱流や流れの詳細な空間構造が報告されるようになり 、「乱流は流れのどのような領域に溜まるのか」といった問題が議論されている。講演では、乱流と流れの相互作用に焦点を当て、乱流の空間分布に対する最近の研究成果を紹介し、流れと乱流の相互作用の詳細を議論した。.
16. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁、伊藤公孝, 大規模降雨の発生位置と空間伝播の統計的性質, 中部大学成果報告会, 2019.03.
17. 佐々木真, A. Escurguel, Y. Camenen, 稲垣滋, 伊藤公孝, 糟谷直宏, 小林逹哉, 円筒型磁化プラズマにおける回転駆動乱流による螺旋構造の形成, プラズマ核融合学会年会, 2018.12.
18. 佐々木真, プラズマ乱流における螺旋流のカイラリティ, プラズマ核融合学会年会, 2018.12.
19. 佐々木真, 糟谷直宏, 伊藤公孝, 登田慎一郎, 山田琢磨, 小菅佑輔, 永島芳彦, 小林達哉, 荒川弘之, 山崎広太郎, 藤澤彰英, 稲垣滋, 伊藤早苗, Chirality of helical flows in magnetized plasmas, 統合コード研究会, 2018.11.
20. 佐々木真, A. Escurguel, Y. Camenen, 稲垣滋, 伊藤公孝, 糟谷直宏, 小林逹哉, プラズマ回転不安定性におけるスパイラル構造の形成, プラズマシミュレータシンポジウム, 2018.09.
21. 佐々木真, 伊藤公孝, 小林逹哉, 糟谷直宏, 藤澤彰英, 伊藤早苗, ドリフト波と相互作用する測地線音波の伝播方向, 日本物理学会秋季大会, 2018.09.
22. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁、伊藤公孝, 降雨現象の統計的性質に対する地域・季節特性, 問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 成果報告会, 2018.03.
23. 佐々木真, 小林達哉, 伊藤公孝, 糟谷直宏, 小菅佑輔, 藤澤彰英, 伊藤早苗, 測地線音波に捕捉された乱流の時空間ダイナミクス, 日本物理学会年会, 2018.03.
24. 佐々木真, 地線音波と乱流の時空間ダイナミクス, フロントランナーシンポジウム 伊藤公孝先生御退職記念, 2018.01.
25. M. Sasaki, K. Itoh, T. Ido, N. Kasuya, A. Shimizu, A. Fujisawa, S.-I. Itoh, Evaluation of line-integral effect of Heavy Ion Beam Probe measurement of energetic-particle driven geodesic acoustic modes, 26th International Toki Conference, 2017.12.
26. 佐々木真, 糟谷直宏, 伊藤公孝, 登田慎一郎, 山田琢磨, 小菅佑輔, 永島芳彦, 小林達哉, 荒川弘之, 山崎広太郎, 藤澤彰英, 稲垣滋, 伊藤早苗, 密度勾配と磁場方向速度シアを伴うプラズマにおける乱流と流れトポロジー分岐, プラズマコンファレンス 2017, 2017.11.
27. 佐々木真、伊藤公孝、Klaus Hallatschek、糟谷直宏、Maxime Lesur、小菅佑輔、伊藤早苗, 高エネルギー粒子駆動測地線音波による乱流の抑制・増長効果, 統合コード研究会, 2017.11.
28. 佐々木真, 糟谷直宏, 伊藤公孝, 登田慎一郎, 山田琢磨, 小菅佑輔, 永島芳彦, 小林達哉, 荒川弘之, 山崎広太郎, 藤澤彰英, 稲垣滋, 伊藤早苗, プラズマ乱流における流れ場トポロジーの分岐シミュレーション, プラズマシミュレータシンポジウム, 2017.09.
29. M. Sasaki, K. Itoh, K. Hallatschek, T. Kobayashi, N. Kasuya, M. Lesur, Y. Kosuga, S.-I. Itoh, Trapping of turbulence clumps by geodesic acoustic modes, 16th International workshop on H-mode Physics and transport barrier, 2017.09.
30. M. Sasaki, K. Itoh, K. Hallatschek, N. Kasuya, M. Lesur, Y. Kosuga S.-I. Itoh, Enhancement and suppression of turbulence by energetic-particle-driven geodesic acoustic modes, 7th Asia Pacific Transport Working Group International Conference, 2017.06.
31. M. Sasaki, N. Kasuya, K. Itoh, S. Toda, T. Yamada, Y. Kosuga, Y. Nagashima, T. Kobayashi, H. Arakawa, K. Yamasaki, A. Fujisawa, S. Inagaki, S.-I. Itoh, Topological bifurcation of turbulence driven flows in magnetized plasmas, 9th Festival de Theorie, 2017.06.
32. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁, プラズマ乱流輸送と気象現象の突発性とその統計的性質, 問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 成果報告会, 2017.03.
33. 佐々木真, 糟谷直宏, 小菅佑輔, 伊藤公孝, 小林達哉, 登田慎一郎, 山田琢磨, 稲垣滋, 永島芳彦, 矢木雅敏, 伊藤早苗, 密度勾配と平行方向速度シアを伴うプラズマにおける乱流と流れ場の生成, 日本物理学会第72回年次大会, 2017.03.
34. 佐々木真, 医療技術の理工学分野への応用, 応用物理学会分科会, 2017.01.
35. 佐々木真, 糟谷直宏, 登田慎一郎、小菅佑輔、小林達哉、荒川弘之、山田琢磨、稲垣滋、矢木雅敏、伊藤公孝 、伊藤早苗, 直線プラズマ乱流シミュレーションの現状と計画, 核燃焼プラズマ統合コード研究会, 2016.12.
36. 佐々木真, 伊藤公孝, 糟谷直宏, 小菅佑輔, Maxime Lesur, 伊藤早苗, 高速イオン駆動測地線音波による乱流捕捉, 閉じ込め・輸送研究会2016, 2016.12.
37. 佐々木真, 伊藤公孝, 糟谷直宏, 小菅佑輔, Maxime Lesur, 伊藤早苗, 高速イオン駆動測地線音波による乱流の捕捉, プラズマ核融合学会年会, 2016.11.
38. M. Sasaki, N. Kasuya, Y. Kosuga, K. Itoh, K. Hallatschek, M. Lesur, S.-I. Itoh, A new branch of geodesic acoustic modes driven by fast ions, 26th IAEA Fusion Energy Conference (FEC 2016), 2016.10.
39. 佐々木真, 直線磁化プラズマ乱流シミュレーションによる軸方向流れ駆動不安定性の時空間構造, プラズマシミュレータシンポジウム, 2016.09.
40. 佐々木真, 糟谷直宏, 登田慎一郎、小菅佑輔、小林達哉、荒川弘之、山田琢磨、稲垣滋、矢木雅敏、伊藤公孝 、伊藤早苗, 直線磁化プラズマ乱流シミュレーションによるドリフト波と軸方向流れ駆動不安定性の競合, 日本物理学会秋季大会, 2016.09.
41. M. Sasaki, N. Kasuya, K. Itoh, Y. Kosuga, K. Hallatschek, M. Lesur, S.-I. Itoh, Toroidal momentum transport by geodesic acoustic modes driven by fast ions, 6th Asia Pacific Transport Working Group International Conference, 2016.06.
42. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 小菅 佑輔, 伊藤公孝, 伊藤 早苗, 稲垣 滋, 高速イオンに駆動される測地線音波のポロイダル固有モード, 日本物理学会第71回年次大会, 2016.03.
43. 佐々木真, 糟谷直宏, 小菅佑輔, 伊藤公孝, 伊藤早苗, 稲垣滋, 高速イオンに駆動される測地線音波のポロイダル固有モード, 日本物理学会第71回年次大会, 2016.03.
44. 佐々木 真, 糟谷 直宏, K. Hallatschek, 小菅 佑輔, M. Lesur, 伊藤公孝, 伊藤 早苗, Eigenmode analysis of geodesic acoustic modes driven by fast ions, 第13回核燃焼プラズマ統合コード研究会, 2015.12.
45. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 登田慎一郎, 山田 琢磨, 稲垣 滋, 矢木 雅敏 , 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, 直線磁化プラズマにおける周方向流れ駆動不安定性とドリフト波の競合に関するシミュレーション研究, 日本物理学会秋季大会, 2015.09.
46. 佐々木 真, ドリフト波乱流シミュレーションと運動量保存則, プラズマシミュレータシンポジウム, 2015.09.
47. M. Sasaki, N. Kasuya, S. Toda, T. Yamada, M. Yagi, K. Itoh, S.-I. Itoh, Bifurcation between flow driven instability and drift wave in cylindrical plasmas, 5th Asia Pacific Transport Working Group International Conference, 2015.06.
48. 佐々木 真, 振動帯状流の時空間構造とエネルギー移送に関する理論的研究, 日本物理学会第70回年次大会, 2015.03.
49. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 矢木雅敏, 伊藤公孝, 伊藤 早苗, Formation Mechanism of Steep Wave Front in Magnetized Plasmas, 統合コード研究会, 2014.12.
50. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 伊藤公孝, Maxime Lesur, 伊藤 早苗, Nonequilibrium and extreme state Heating effect on bulk ions by energetic particle driven GAMs, プラズマコンファレンス, 2014.11.
51. Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, Tatsuya Kobayashi, Hiroyuki Arakawa, Takuma Yamada, Kouhei Fukunaga, Masatoshi Yagi, Kimitaka Itoh, Sanae-I. Itoh, Formation mechanism of steep wave front in drift wave turbulence, 24th International Toki Conference, 2014.11.
52. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 山田 琢磨, 伊藤公孝, 伊藤 早苗, 直線プラズマにおける周方向流れの駆動と乱流構造形成, プラズマシミュレータシンポジウム, 2014.09.
53. Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, Kimitaka Itoh, Maxime Lesur, Sanae-I. Itoh, Eigenmode analysis of geodesic acoustic modes induced by energetic particles, 4th Asia Pacific Transport Working Group International Conference, 2014.06.
54. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 小林 達哉, 福永 航平, 伊藤 公孝, 伊藤 早苗, 抵抗性ドリフト波乱流における孤立渦構造の選択則, 第69回日本物理学会年次大会, 2014.03.
55. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 福永航平, 稲垣 滋, 伊藤 公孝, 矢木 雅敏, 伊藤 早苗, 抵抗性ドリフト波乱流における構造形成シミュレーション, 第11回核燃焼プラズマ統合コード研究会, 2013.12.
56. 佐々木 真, 糟谷 直宏, 伊藤 公孝, 矢木 雅敏, 伊藤 早苗, 粒子ソース変調を加えた直線プラズマの乱流シミュレーションによる抵抗性ドリフト波乱流の動的応答, 第30回プラズマ核融合学会年会, 2013.12.
57. 佐々木 真, 振動帯状流の非線形分散関係とダイナミクスに関する理論研究, 第30回プラズマ核融合学会年会, 2013.12.
58. Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, Kimitaka Itoh, MASATOSHI YAGI, SANAE INOUE ITOH, Dynamical response of a poloidal flow with particle source modulation, H mode workshop, 2013.10.
59. Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, MASATOSHI YAGI, Kimitaka Itoh, SANAE INOUE ITOH, 抵抗性ドリフト波乱流における複数の乱流構造間の競合, 日本物理学会秋季大会, 2013.09.
60. Makoto Sasaki, Naohiro Kasuya, Kimitaka Itoh, MASATOSHI YAGI, SANAE INOUE(論文のみ) ITOH, Nonlinear competition of zonal flow, flute structure and streamer in resistive drift wave turbulence in cylindrical plasmas, 12th Asia Pacific Physics Conference , 2013.07.
61. Y. Miwa, N. Kasuya, M. Sasaki, S. Inagaki, K. Itoh, M. Yagi, A. Fujisawa, Y. Nagashima, M. Lesur, T. Kobayashi, S. Yamada, T. Yamashita, S. Otsubo, S. Kakigawa, T. Mitsuzono, H. Fujino, and S. -I. Itoh, Evaluation of excitation conditions of ITG modes in PANTA device, 22nd International Toki Conference, 2012.11.
62. T. Yamada, M. Sasaki, N. Kasuya, Y. Nagashima, S. Inagaki, T. Kobayashi, M. Yagi, A. Fujisawa, S.-I. Itoh and K. Itoh, Streamer structures in experiment and modeling, 22nd International Toki Conference, 2012.11.
63. N. Kasuya, S. Sugita, M. Sasaki, Y. Miwa, S. Inagaki, M. Yagi, K. Itoh and S.-I. Itoh, Numerical Diagnostics and Identification of Fluctuation Structure by Use of Turbulence Diagnostic Simulator, 22nd International Toki Conference, 2012.11.
64. M. Sasaki, N. Kasuya, M. Yagi, K. Itoh, Y. Nagashima, S. Inagaki, S.-I. Itoh, Probability distribution functions of particle and momentum fluxes in resistive drift wave turbulence in cylindrical magnetized plasmas, 22nd International Toki Conference, 2012.11.
65. N. Kasuya, S. Sugita, M. Sasaki, S. Inagaki, M. Yagi, K. Itoh and S.-I. Itoh, Numerical Diagnostics and Identification of Fluctuation Structure by Use of Turbulence Diagnostic Simulator, 29th Annual Meeting of the Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research, 2012.11.
66. T. Kobayashi, S. Inagaki, Y. Nagashima, T. Yamashita, S. Yamada, S. Ohtsubo, S. Kakigawa, M. Takita, T. Mitsuzono, Y. Miwa, S. Oldenbürger, H. Arakawa, M. Sasaki, T. Yamada, M. Yagi, N. Kasuya, A. Fujisawa, S.–I. Itoh and K. Itoh, Three-dimensional measurement of plasma fluctuations in the PANTA, 2012 Autumn Meeting of the Physical Society of Japan, 2012.09.
67. Y. Nagashima,S. –I. Itoh,S. Inagaki,T. Kobayashi,T. Yamashita,S. Yamada,S. Otsubo,S. Kakigawa, M. Takita, Y. Miwa, T. Mitsuzono, H. Fujino, M. Sasaki,N. Kasuya,M. Yagi,A. Fujisawa,and K. Itoh, Development of a novel Reynolds stress probe array with high spatial resolution in PANTA, 2012 Autumn Meeting of the Physical Society of Japan, 2012.09.
68. M. Sasaki, N. Kasuya, M. Yagi, K. Itoh, Y. Nagashima, S. Inagaki, S-I. Itoh, Fluctuations and their probability density functions of resistive drift wave turbulence in a linear magnetized plasma, 2012 Autumn Meeting of the Physical Society of Japan, 2012.09.
69. N. Kasuya, S. Sugita, M. Sasaki, Y. Miwa, S. Inagaki, M. Yagi, K. Itoh and S.-I. Itoh, Non-Local Response of Toroidal Plasmas with Source Modulation by Use of Turbulence Diagnostic Simulator, Plasma Simulator Symposium 2012, 2012.09.
70. T. Kobayashi, S. Inagaki, Y. Nagashima, T. Yamashita, S. Yamada, S. Ohtsubo, S. Kakigawa, M. Takita, T. Mitsuzono, Y. Miwa, H. Fujino, S. Oldenbürger, H. Arakawa, M. Sasaki, T. Yamada, S. Sugita, M. Yagi, N. Kasuya, A. Fujisawa, S.–I. Itoh and K. Itoh, Three-dimensional measurement of plasma turbulence structures, 2012 Frontier Conference of Plasma Science, 2012.08.
71. Y. Nagashima, S. –I. Itoh, S. Inagaki, S. Oldenbürger, T. Kobayashi, K. Kawashima, N. Ohyama, Y. Tobimatsu, S. Yamada, T. Yamashita, H. Arakawa, K. Kamataki, T. Yamada, M. Sasaki, N. Kasuya, M. Yagi, A. Fujisawa, P. H. Diamond, and K. Itoh, Global measurement of Reynolds stress in cylindrical linear plasmas, 39th European Physical Society Conference on Plasma Physics, 2012.07.
72. S. Oldenbuerger,T. Kobayashi,S. Inagaki,Y. Nagashima,K. Kawashima,N. Ooyama,Y. Tobimatsu,T. Yamashita,S.Yamada,T. Yamada,M. Sasaki,C,N. Kasuya,E,M. Yagi,A. Fujisawa,K. Itoh, and S.-I. Itoh, Influence of end plate biasing on ion flow and particle transport in the PANTA, 日本物理学会 第67回年次大会, 2012.03.
73. 稲垣滋,永島芳彦,オルデンバーガーステラ,小林達哉,大山乃理子,川島勝之,飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,糟谷直宏,佐々木真,山田琢磨,荒川弘之,矢木雅敏,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおけるエンドプレートバイアスによる外部径電場制御, 日本物理学会 第67回年次大会, 2012.03.
74. 佐々木真,糟谷直宏,稲垣滋,藤澤彰英,矢木雅敏,伊藤公孝,伊藤早苗, PANTAにおけるバイアス実験の数値シミュレーション(揺動の時空間構造), 日本物理学会 第67回年次大会, 2012.03.
75. 小林達哉,稲垣滋,永島芳彦,オルデンバーガーステラ,川島勝之,大山乃里子,飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,佐々木真,山田琢磨,糟谷直宏,矢木雅敏,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおけるエンドプレートバイアス実験の乱流スペクトル解析, 日本物理学会 第67回年次大会, 2012.03.
76. 永島芳彦,伊藤早苗,稲垣滋,オルデンバーガーステラ,小林達哉,大山乃里子,川島勝之,飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,糟谷直宏,佐々木真,矢木雅敏,山田琢磨,荒川弘之,藤澤彰英,伊藤公孝, PANTAにおけるエンドプレートバイアスの乱流運動量束に対する効果, 日本物理学会 第67回年次大会, 2012.03.
77. T. Kobayashi, S. Inagaki, Y. Nagashima, S. Oldenbürger, K. Kawashima, N. Ohyama, Y. Tobimatsu, H. Arakawa, M. Sasaki, T. Yamada, M. Yagi, N. Kasuya, A. Fujisawa, S.-I. Itoh and K. Itoh, Observation of turbulence transition phenomena in cylindrical magnetized plasma in PANTA, 「燃焼プラズマでの輸送特性の理解と予測の高精度化に向けたトロイダルプラ ズマの閉じ込め・輸送に関する体系的研究」及び「閉じ込め・輸送サブクラス ター会合」合同研究会, 2012.01.
78. 小林達哉, 川島勝之, 大山乃里子, 飛松祐紀, 稲垣滋, 永島芳彦, 佐々木真, 矢木雅敏, 藤澤彰英,伊藤早苗, Stella Oldenbürger, 荒川 弘之, 山田琢磨, 糟谷直宏, 伊藤公孝, PANTA における直線磁化プラズマ中の乱流遷移現象の観測, 第15回プラズマ核融合学会 九州沖縄山口支部大会, 2011.12.
79. 大山乃里子, 小林達哉, 川島勝之, 飛松祐紀, 山下哲生, 山田宗太郎, 稲垣滋, 永島芳彦,矢木雅敏,佐々木真, 藤澤彰英,伊藤早苗, Stella Oldenbürger, 荒川 弘之, 山田琢磨, 糟谷直宏, 伊藤公孝, PANTA プラズマの周辺領域における揺動の統計的性質, 第15回プラズマ核融合学会 九州沖縄山口支部大会, 2011.12.
80. 川島勝之, 小林達哉, 大山乃里子, 飛松祐紀, 山下哲生, 山田宗太郎, 稲垣滋,永島芳彦,矢木雅敏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗, Stella Oldenbürger, 荒川 弘之, 山田琢磨, 糟谷直宏,伊藤公孝, PANTA における電子温度の動的挙動の観測, 第15回プラズマ核融合学会 九州沖縄山口支部大会, 2011.12.
81. 飛松祐紀, 小林達哉, 川島勝之, 大山乃里子, 山下哲生, 山田宗太郎, 稲垣滋, 永島芳彦, 佐々木真, 矢木雅敏, 藤澤彰英, 伊藤早苗, Stella Oldenbürger, 荒川 弘之, 山田琢磨, 糟谷直宏, 伊藤公孝 , PANTA における径電場構造の観測, 第15回プラズマ核融合学会 九州沖縄山口支部大会, 2011.12.
82. 山下哲生, 小林達哉, 大山乃里子, 飛松祐紀, 川島勝之, 山田宗太郎, 稲垣滋, 永島芳彦, 矢木雅敏, 佐々木真, 藤澤彰英, 伊藤早苗, Stella Oldenbürger, 荒川 弘之, 山田琢磨, 糟谷直宏, 伊藤公孝 , PANTA における磁気プローブによる磁場揺動計測, 第15回プラズマ核融合学会 九州沖縄山口支部大会, 2011.12.
83. 小林達哉, 稲垣滋, Stella Oldenbuger, 荒川弘之, 佐々木真, 永島芳彦, 山田琢磨, 矢木雅敏, 糟谷直宏, 藤澤彰英, 伊藤早苗, 伊藤公孝, 直線磁化プラズマにおける乱流の非線形結合の観察, Plasma Conference 2011, 2011.11.
84. 佐々木真、伊藤公孝、糟谷直宏、伊藤早苗, プラズマ境界近傍における測地線音波の非線形過程, Plasma Conference 2011, 2011.11.
85. 稲垣滋,Stella Oldenbuerger,小林達哉,川島勝之, 大山乃里子,飛松祐紀,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏, 糟谷直宏, 佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおけるプラズマ乱流計測及び動的制御実験の現状, Plasma Conference 2011, 2011.11.
86. 飛松祐紀,稲垣滋,Stella Oldenbuerger,小林達哉,川島勝之, 大山乃里子,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおける電場揺動計測, Plasma Conference 2011, 2011.11.
87. 大山乃里子,稲垣滋,Stella Oldenbuerger,小林達哉,川島勝之, 飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおける周辺プラズマイオン飽和電流揺動計測, Plasma Conference 2011, 2011.11.
88. 川島勝之, 稲垣滋,Stella Oldenbuerger,小林達哉,大山乃里子,飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおける電子温度揺動の径方向分布計測, Plasma Conference 2011, 2011.11.
89. M. Sasaki, K. Itoh, S-I. Itoh, N. Kasuya , Nonlinear propagation characteristics of geodesic acoustic modes, 13th H-mode workshop, 2011.10, [URL].
90. 大山乃里子,稲垣滋,Stella Oldenburger,小林達哉,川島勝之,飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおける周辺プラズマ揺動の研究, プラズマ科学のフロンティア2011, 2011.09.
91. 川島勝之,稲垣滋,Stella Oldenburger,小林達哉,大山乃里子,飛松祐紀,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおけるトリプルプローブ法による温度揺動計測, プラズマ科学のフロンティア2011, 2011.09.
92. 飛松祐紀,稲垣滋,Stella Oldenburger,小林達哉,川島勝之,大山乃里子,山下哲生,山田宗太郎,荒川弘之,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおける径電位・電場揺動計測, プラズマ科学のフロンティア2011, 2011.09.
93. 小林達哉,稲垣滋,Stella Oldenburger,荒川弘之,佐々木真,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, バイスペクトル解析を用いた乱流の非線形過程の研究, プラズマ科学のフロンティア2011, 2011.09.
94. M. Sasaki, K. Itoh, S-I. Itoh, N. Kasuya, Zonal flows induced by geodesic acoustic modes, 1st Asia Pacific Transport Working Group (APTWG) International Conference, 2011.06, [URL].
95. T. Kobayashi, S. Inagaki, H. Arakawa, S. Oldenburger, M. Sasaki, Y. Nagashima, T. Yamada, S. Sugita, M. Yagi, N. Kasuya, A. Fujisawa, S-I. Itoh, K. Itoh, Observation of nonlinear coupling on azimuthal mode number space in cylindrical magnetized plasma, European Physical Society 38th Conference on Plasma Physics, 2011.06.
96. 佐々木真, 伊藤公孝, 伊藤早苗, GAMの径方向伝播に関する選択則, 日本物理学会年次大会, 2011.03, [URL].
97. 川島勝之,稲垣滋,Stella Oldenburger,荒川弘之,小林達哉,瓜生和哉,大山乃里子,飛松祐紀,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTAにおけるトリプルプローブ法による電子温度揺動計測, 日本物理学会年次大会, 2011.03, [URL].
98. 小林達哉,稲垣滋,荒川弘之,Stella Oldenburger,佐々木真,永島芳彦,山田琢磨,杉田暁,矢木雅敏,糟谷直宏,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, LMD-Uにおけるスペクトル遷移領域の揺動の非線形結合度の観測, 日本物理学会年次大会, 2011.03, [URL].
99. 稲垣滋,荒川弘之,Stella Oldenburger,永島芳彦,山田琢磨,矢木雅敏,糟谷直宏,佐々木真,藤澤彰英,伊藤早苗,伊藤公孝, PANTA装置によるプラズマ乱流研究の現状, 日本物理学会年次大会, 2011.03, [URL].
100. S. Oldenbuerger,S.-I. Itoh,G. Bonhomme,F. Brochard,A. Fujisawa,M. Yagi,S. Inagaki,M. Sasaki,K. Itoh , Study of turbulence in a magnetized plasma column using fast imaging, 日本物理学会年次大会, 2011.03, [URL].
101. 瓜生和哉、稲垣滋、荒川弘之、小林達哉、川島勝之、永島芳彦、山田琢磨、ステラオールデンバーガー、佐々木真、矢木雅敏、糟谷直弘、藤澤彰英、伊藤早苗、伊藤公孝, PANTAにおけるマッハプローブによるイオン流速の測定, プラズマ・核融合学会九州沖縄山口支部 支部大会, 2010.12.
102. M. Sasaki, K. Itoh, S-I. Itoh , Characteristics of bulk ion heating by geodesic acoustic modes, 20th International Toki Conference, 2010.12, [URL].
103. T. Kobayashi, S. Inagaki, H. Arakawa, S. Oldenburger, M. Sasaki, Y.Nagashima, T. Yamada, S. Sugita, M. Yagi, N. Kasuya, A. Fujisawa, S.-I. Itoh and K. Itoh, Observation of Nonlinear Coupling between Low Frequency Coherent Modes and Background Turbulence in LMD-U, 20th International Toki Conference, 2010.12, [URL].
104. K. Kawashima, Y. Miyoshi, S. Oldenbürger, S. Inagaki, H. Arakawa, Y. Nagashima, T. Yamada, M. Sasaki, T. Kobayashi, K. Uriu, S. Sugita, M. Yagi, N. Kasuya, A. Fujisawa, S. -I. Itoh and K. Itoh, Evaluation of electron temperature fluctuation using two different probe techniques in plasma assembly for nonlinear turbulence analysis, 20th International Toki Conference, 2010.12, [URL].
105. M. Sasaki, K. Itoh, S-I. Itoh, M. Yagi, A. Fujisawa, Dynamics of low frequency zonal flow driven by geodesic acoustic modes, 23rd IAEA Fusion Energy Conference, 2010.10, [URL].
106. 佐々木真, 伊藤公孝, 伊藤早苗, 高エネルギー粒子駆動GAMによる背景イオン加熱, 日本物理学会秋季大会, 2010.09.
107. 佐々木真, 伊藤公孝, 江尻晶, 高瀬雄一, GAMの非線形結合によるゾーナルフローの励起, 物理学会, 2009.03.
108. M. Sasaki, K. Itoh, A. Ejiri, Y. Takase, Nonlinear Processes in Geodesic Acoustic Modes, 2nd ITER International Summer School 2008, 2008.07.
109. 佐々木真, 伊藤公孝, 江尻晶, 高瀬雄一, Zonal flowとGAMの非線形競合過程, 物理学会, 2008.03.
110. 佐々木真, 伊藤公孝, 江尻晶, 高瀬雄一, トロイダルプラズマにおけるGAM固有モード, 物理学会, 2007.11.
111. 佐々木真, 第46回プラズマ若手夏の学校報告, プラズマ核融合学会第24回年会, 2007.11.
112. M. Sasaki, K. Itoh, A. Ejiri, Y. Takase, Geodesic acoustic modes in multi-ion system, 17th International Toki Conference on Physics of flows and turbulence in plasma, 2007.10, [URL].
113. 佐々木真, 伊藤公孝, 江尻晶, 高瀬雄一, GAMの径方向固有モード, 物理学会, 2007.09.
114. M. Sasaki, K. Itoh, A. Ejiri, Y. Takase , Geodesic acoustic mode in toroidal plasmas, 11th International workshop on plasma edge theory, 2007.05.
115. 佐々木真, 伊藤公孝, 江尻晶, 高瀬雄一, トロイダルプラズマにおけるGAM, RA若手シンポジウム, 2006.11.
116. M. Sasaki, K. Itoh, A. Ejiri, Y. Takase , Geodesic acoustic eigenmode, COE international conference, 2006.11.
117. 佐々木真,江尻晶,石井菜穂,島田喜行,住友信幸,辻村次郎, 奴賀秀男,大迫琢也,田口勇,東條寛,足立裕樹,笠原寛史,山田琢磨,牛込雅裕,高瀬雄一, TST-2におけるプラズマ研究, 2006年COEシンポジウム, 2006.06.
118. 佐々木真,住友信幸,江尻晶,石井菜穂,島田喜行,辻村次郎, 奴賀秀男,大迫琢也,田口勇,東條寛,足立裕樹,笠原寛史,山田琢磨,牛込雅裕,高瀬雄一, TST-2におけるMHD不安定性とq分布, 第9回若手科学者におけるプラズマ研究会, 2006.03.
119. 佐々木真,江尻晶,石井菜穂,大迫琢也,田口勇,東條寛,高木康伸、鎌田悠介、笠原寛史,山田琢磨,牛込雅裕,高瀬雄一, TST-2における波動過熱実験, 2004年プラズマ夏の学校, 2004.08.
120. 佐々木真,江尻晶,石井菜穂,島田喜行,住友信幸,辻村次郎, 奴賀秀男,大迫琢也,田口勇,東條寛,足立裕樹,笠原寛史,山田琢磨,牛込雅裕,高瀬雄一, TST-2における平衡解析, 日本物理学会2005年秋季大会, 2005.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」