九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
髙橋 幸奈(たかはし ゆきな) データ更新日:2020.06.29



主な研究テーマ
形状異方性金属ナノ粒子の安定性制御とその応用
キーワード:金ナノロッド, 銀ナノプレート, 局在表面プラズモン共鳴
2011.04~2017.03.
エネルギー変換デバイスの特性に金属ナノ粒子が及ぼす効果の解明
キーワード:銀ナノ粒子, 金ナノ粒子, 局在表面プラズモン共鳴
2011.06~2017.03.
プラズモン共鳴を用いた大面積型発光デバイスの開発
キーワード:金ナノロッド, 局在表面プラズモン共鳴
2011.07~2012.03.
金ナノロッド粒子の安定性制御
キーワード:金ナノロッド, 局在表面プラズモン共鳴
2011.04~2015.08.
配向および間隔密度を制御した金ナノロッドアレイの開発
キーワード:金ナノロッド, 局在表面プラズモン共鳴
2011.04~2012.03.
金属ナノ構造のプラズモン共鳴を利用した有機薄膜太陽電池の光電変換効率の向上
キーワード:局在表面プラズモン共鳴, 光電変換
2010.08~2013.03.
従事しているプロジェクト研究
科学技術振興機構さきがけ研究 「革新的光科学技術を駆使した最先端科学の創出領域」
2019.10~2023.03.
特定領域研究「光―分子強結合場」 研究課題:電場増強ナノ構造を用いる光電変換反応の研究
2010.08~2011.03, 代表者:山田 淳, 九州大学大学院工学研究院.
研究業績
主要著書
1. 髙橋 幸奈, 山田 淳, “環境問題解決のための先進的技法”, 第7章 “光・エネルギーを貯めてつかう―環境・エネルギー分野への貢献”, 花書院, pp. 107-121, 2015.03.
2. 髙橋 幸奈, 山田 淳, “『光』の制御技術とその応用 事例集”, 第7章 “光を効率的に利用するには?”, 4節 “金属微粒子のLSPRを利用した光の吸収向上技術”, (株)技術情報協会, pp. 585-591, 2014.03.
3. 髙橋 幸奈, 山田 淳, “金属ナノ・マイクロ粒子の最新技術と応用”, 第3章 “光材料”, 1節 “プラズモニック太陽電池”, シーエムシー, pp. 189-195, 2013.11.
4. 髙橋 幸奈, 山田 淳, “プラズモンナノ材料開発の最前線と応用”, 第13章 “有機薄膜太陽電池への応用”, 2節 “金属ナノ粒子の導入”, シーエムシー, pp. 224-231, 2013.04.
5. 髙橋幸奈, 山田 淳, “CSJカレントレビュー09 金属および半導体ナノ粒子の化学―新しいナノ材料の機能と応用展開”, 第4章 “金ナノロッド”, 化学同人, pp. 060-066, 2012.06.
主要原著論文
1. Y. Takahashi, Y. Sota, T. Ishida, Y. Furukawa, S. Yamada, Oxidative Reaction Energy in Photopolymerization Inspired by Plasmon Induced Charge Separation, J. Phys. Chem. C, 124, 4202-4205, 2020.01.
2. T. Ishida, M. Katagishi, Y. Takahashi, S. Yamada, Space Optimization for Utilization of Plasmonic Effect on a P3HT-Gold Nanoparticle Photoelectrode, Chemistry Letters, 46, 1612-1615, 2017.09.
3. T. Ishida, Y. Tachikiri, T. Sako, Y. Takahashi, S. Yamada, Structural Characterization and Plasmonic Properties of Two-Dimensional Arrays of Hydrophobic Large Gold Nanoparticles Fabricated by Langmuir-Blodgett Technique, Applied Surface Science, 404, 350-356, 2017.01.
4. Y. Takahashi, Y. Furukawa, T. Ishida, S. Yamada, Site-selective Nanoscale-polymerization of Pyrrole on Gold Nanoparticles via Plasmon Induced Charge Separation, Nanoscale, 8, 8520-8524, 2016.03.
5. Y. Takahashi, K. Suga, T. Ishida, S. Yamada, Thermal and Chemical Stabilization of Silver Nanoplates for Plasmonic Sensor Application, Analytical Sciences, 32, 275-279, 2016.03.
6. Y. Takahashi, T. Tatsuma, Metal Oxides and Hydroxides as Rechargeable Materials for Photocatalysts with Oxidative Energy Storage Abilities
, Electrochemistry, 82, 749-751, 2014.09.
7. Y. Takahashi, N. Miyahara, S. Yamada, Gold Nanorods Embedded in Titanium Oxide Film for Sensing Applications, Analytical Sciences, 29, 101-105, 2013.01.
8. Y. Takahashi, S. Taura, T. Akiyama, S. Yamada, Electropolymerized Polythiophene Photoelectrodes with Density-Controlled Gold Nanoparticles, Langmuir, 28, 9155-9160, 2012.03.
9. Y. Takahashi, T. Tatsuma, Solid State Photovoltaic Cells Based on Localized Surface Plasmon-Induced Charge Separation, Applied Physics Letters, 99, 18, 182110(1-3), 2011.11.
10. Y. Takahashi, T. Tatsuma, Electrodeposition of Thermally Stable Gold and Silver Nanoparticle Ensembles through a Thin Al2O3 Nanomask, Nanoscale, 2, 8, 1494-1499, 2010.08.
11. Y. Takahashi, T. Tatsuma, Visible Light-induced Photocatalysts with Reductive Energy Storage Abilities, Electrochemistry Communications, 10, 9, 1404-1407, 2008.09.
12. Y. Takahashi, T. Tatsuma, Remote Energy Storage in Ni(OH)2 with TiO2 Photocatalyst, Physical Chemistry Chemical Physics, 8, 23, 2716-2719, 2006.06.
13. Y. Takahashi, T. Tatsuma, Oxidative Energy Storage Ability of a TiO2-Ni(OH)2 Bilayer Photocatalyst, Langmuir, 21, 26, 12357-12361, 2005.12.
14. Y. Takahashi, P. Ngaotrakanwiwat, T. Tatsuma, Energy Storage TiO2-MoO3 Photocatalysts, Electrochimica Acta, 49, 12, 2025-2029, 2004.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 髙橋 幸奈, ナノスケール光貯蔵・局在化システムの設計,高性能化と分析科学への展開, 分析化学, 68 (10), 777-782 (2019), 2019.06.
2. 高橋幸奈, 山田 淳, 金属ナノ構造の局在表面プラズモン共鳴を用いた光エネルギー変換, Journal of the Japan Society of Colour Material, 2017.12.
3. Y. Takahashi, S. Yamada, T. Tatsuma, Metal and Metal Oxide Nanoparticles for Photoelectrochemical Materials and Devices, Electrochemistry, Vol. 82, pp. 730 – 735 (2014), 2014.09.
4. 髙橋 幸奈, 井手 奈都子, 山田 淳, 金ナノロッドの特徴と分析科学への応用展開, 分析化学, Vol. 63, No. 7, pp.551-561 (2014), 2014.07.
5. 高橋幸奈, 山田 淳, 金属ナノ粒子と光の相互作用及びその応用, 光技術コンタクト, 2011.03.
主要学会発表等
1. Y. Takahashi, Nanosystems of Metals and Semiconductors for Analytical and Photoelectrochemical Applications, International Workshop on Advanced Nanoscience and Nanomaterials 2019 (IWANN2019), 2019.11.
2. 髙橋幸奈, 金属ナノ粒子の会合状態が局在表面プラズモン共鳴特性に与える効果, OCU先端光科学シンポジウムーナノフォトニクスが切り拓く分子運動・化学反応制御の探求ー, 2019.10.
3. Y. Takahashi, Development of optimal design of plasmonic metal nanoparticles for practical application, SPIE Conference 11082: Plasmonics: Design, Materials, Fabrication, Characterization, and Applications XVII, 2019.08.
4. Y. Takahashi, Plasmonic Properties of Organized Silver Nanoplates on a Substrate for Sensing and Photoelectrical Applications, Workshop on Advanced Materials and Devices, 2019.07.
5. 髙橋幸奈, 新型プラズモン誘起電荷分離を利用した全固体光電変換セルの開発, 第16回プラズモニクスシンポジウム, 2019.06.
6. 髙橋 幸奈, 村山太郎,新郷翔太, 山田 淳, 銀ナノ粒子/p型半導体界面での新型プラズモン誘起電荷分離システムの開発, 2019年 電気化学会第86回大会, 2019.03.
7. Y. Takahashi, Organization of Silver Nanoplates on a Substrate for Sensing Applications, Asian International Symposium - Photochemistry -, 2019.03.
8. Y. Takahashi, Approaches to Orientation Control of Anisotropic Metal Nanoparticles for Photoelectrochemical and Analytical Applications, International Workshop on Advanced Nanoscience and Nanomaterials 2018 (IWANN2018), 2018.10.
9. 髙橋幸奈, ナノ領域光貯蔵・局在化システムの設計、高性能化と分析化学への展開, 第67回 日本分析化学会年会, 2018.09.
10. 髙橋 幸奈, 金属酸化物薄膜が金属ナノ粒子の形状制御に及ぼす効果, 第 31 回秋季シンポジウム - 日本セラミックス協会, 2018.09.
11. 髙橋 幸奈, 弥永洋平, 迫 敬往, 山田 淳, 棒状および球状金ナノ粒子の疎水化法と単層粒子膜作製法の開発, 第78回分析化学討論会, 2018.05.
12. 髙橋 幸奈, 金属ナノ粒子の局在表面プラズモン共鳴を用いた高効率光エネルギー変換デバイスを目指して, エネルギー・環境・資源問題の解決に繋がる革新的材料創出に向けた光・量子ビーム応用技術調査専門委員会第3 回研究会, 2018.04.
13. 髙橋 幸奈, 越智 亮太,井手 奈都子,田原 弘宣, 山田 淳, 近赤外光応答型光電変換素子を目指した平板状銀ナノ粒子担持光電極の作製, 2018年 電気化学会第85回大会, 2018.03.
14. 髙橋幸奈、曽田祐輔、藤久義幸、古川喜崇、石田拓也、山田 淳, 金ナノ粒子担持酸化チタン基板上での空間選択的光酸化ナノ重合法の開発, 第15回プラズモニクスシンポジウム, 2018.02.
15. 髙橋 幸奈, 古川喜崇, 曽田祐輔, 石田拓也, 山田 淳, 金ナノ粒子担持酸化チタン基板上でのプラズモン誘起電荷分離を利用した空間選択的ナノ重合法の開発, 第36回 固体・表面光化学討論会, 2017.11.
16. 髙橋 幸奈, Improvement in Stabilities and Sensitivities of Silver Nanoplates for Practical Sensing Applications, ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム, 2017.11.
17. Y. Takahashi, Site-selective Nanoscale-polymerization Utilizing Visible to Near-infrared Light via Plasmon Induced Charge Separation, 2nd International Workshop on Advanced Nanoscience and Nanomaterials 2017, 2017.10.
18. 髙橋 幸奈, 迫 敬往, 弥永洋平, 石田拓也, 山田 淳, 光エネルギー変換デバイスへの応用を目指した疎水性金ナノ粒子による単粒子膜の作製
, 2017年 電気化学会第84回大会, 2017.03.
19. Y. Takahashi, Site-selective nanoscale-polymerization via plasmon induced charge separation
, 第8回日英シンポジウム「プラズモニクスの新展開」 8th RSC-CSJ Joint Symposium on Recent Developments in Plasmonics, 2017.03.
20. Y. Takahashi, Y. Furukawa, Y. Sota, T. Ishida, S. Yamada, Development of Site-selective Nanoscale-polymerization Method Based on Plasmon Induced Charge Separation, Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science 2016 (PRiME 2016), 2016.10.
21. 髙橋 幸奈, 形状異方性金属ナノ粒子を用いた光エネルギー変換デバイス
, Workshop on Advanced Nanoscience and Nanomaterials 2016, 2016.08.
22. 髙橋 幸奈, 山田 淳, プラズモニックナノデバイス:
形状異方性金属ナノ粒子を用いたセンシングの新潮流
, 第76回分析化学討論会, 2016.05.
23. 髙橋 幸奈, 古川喜崇, 石田拓也, 山田 淳, プラズモン誘起電荷分離による空間選択的ピロール重合法の開発, 2016年 電気化学会第83回大会, 2016.03.
24. 髙橋 幸奈, 顔料としても利用される金属ナノ粒子のプラズモン共鳴に基づく発色特性, 第54回セラミックス基礎科学討論会, 2016.01.
25. 髙橋 幸奈, 金属ナノ粒子の局在表面プラズモン共鳴を利用した高効率光エネルギー変換システムの開発, ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム「若い力が切り拓くナノサイエンス・テクノロジー」, 2015.11.
26. Y. Takahashi, Anisotropic Metal Nanoparticles for Photoelectrochemical and Sensing Devices, Japanese-Chinese Symposium on Photochemistry and Biochemistry, 2015.10.
27. 髙橋 幸奈, Photoenergy Conversion Devices by Using Metal and Metal Oxide Nanoparticles, 若手研究者との交流セミナー, 2015.07.
28. Y. Takahashi, M. Motobe, R. Matsumoto, T. Ishida, S. Yamada, Characterization of Hydrophobic Gold Nanorods Prepared by the One-step Phase-transfer Reaction from Aqueous to Organic Phase, The 27th International Conference on Photochemistry (ICP 2015), 2015.06.
29. 髙橋 幸奈, 古川喜崇, 石田拓也, 山田 淳, プラズモン誘起電荷分離機構を利用したピロールの酸化重合, 2015年 電気化学会第82回大会, 2015.03.
30. 髙橋 幸奈, 山口祐典, 井手奈都子, 田原弘宣, 石田拓也, 山田 淳, 屈折率検出感度に対する銀ナノプレートの組織化状態の影響, 第12回プラズモニクスシンポジウム, 2015.01.
31. 髙橋 幸奈, 片岸美保, 宮原奈津美, 山田 淳, 金ナノ粒子のポリチオフェン色素に対する光電流増強効果とエネルギー移動消光効果の検討
, 2014年 電気化学秋季大会, 2014.09.
32. Y. Takahashi, M. Motobe, N. Miyahara, Y. Yamaguchi, N. Ide, S. Yamada, Accommodative Processing of Plasmonic Nanoparticles for Photochemical Applications
, The 10th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience - 2014, 2014.06.
33. 髙橋 幸奈, 機能性ナノ粒子を用いた光エネルギー変換デバイスの開発, 2014年 電気化学会第81回大会, 2014.03.
34. 髙橋 幸奈, 立切 佑樹, 井手 奈都子, 石田 拓也, 山田 淳, ポリエチレングリコールを用いた球状および棒状金ナノ粒子のLB膜の作製, 日本化学会第94春季年会(2014), 2014.03.
35. 髙橋 幸奈, 井手奈都子, 元部 萌, 山田 淳, Langmuir-Blodgett法による均質な金ナノロッド単層膜の作製, 第11回プラズモニクスシンポジウム, 2014.01.
36. 髙橋 幸奈, 元部 萌, 松元竜児, 山田 淳, 水分散金ナノロッドの有機相への一段階相間移動条件の検討, 2013年 電気化学秋季大会, 2013.09.
37. Yukina Takahashi, Moe Motobe, Ryuji Matsumoto, Sunao Yamada, Characterization of gold nanorods extracted in organic solvents, ASIANALYSIS XII, 2013.08.
38. Yukina Takahashi, Natsumi Miyahara, Moe Motobe, Sunao Yamada, Photoelectrochemical Properties of Titanium Oxide-coated Gold Nanorods, the 26th International Conference on Photochemistry (ICP 2013), 2013.07.
39. 髙橋 幸奈, 元部 萌, 宮原奈津美, 山口祐典, 山田 淳, 基板に固定した異方性金属ナノ粒子によるセンシング特性, 第73回分析化学討論会, 2013.05.
40. 髙橋 幸奈, 元部 萌, 宮原奈津美, 山田 淳, 光電極への応用を目指した金ナノロッド固定化法の検討, 2013年 電気化学会第80回大会, 2013.03.
41. 髙橋 幸奈, 元部 萌, 松元竜児, 山田 淳, 水分散性金ナノロッドの有機相への一段階相間移動反応, 第10回プラズモニクスシンポジウム, 2013.01.
42. Yukina Takahashi, Natsumi Miyahara, Sunao Yamada, Enhancement of Thermal and Chemical Stabilities of Gold Nanorods Embedded in Titanium Oxide Film, Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-state Science, 2012.10.
43. 髙橋 幸奈, 宮原奈津美, 元部 萌, 松元竜児, 山田 淳, センシングを目的とした金ナノロッド固定化法の検討, 第72回分析化学討論会, 2012.05.
44. 高橋幸奈、田浦才希子、秋山 毅、山田 淳, 電解重合ポリチオフェン光電極に組み込んだ金ナノ粒子による光電流増強効果, 2012年 電気化学会第79回大会, 2012.03.
45. 高橋幸奈、竹下めぐみ、御手洗広子、山田 淳, 金属ナノ粒子を組み込んだ有機薄膜電極の光電気化学特性, 日本化学会第92回春季年会, 2012.03.
46. 高橋幸奈, 金属ナノ粒子のプラズモン共鳴を利用したエネルギー変換デバイスの構築, 高分子学会九州支部フォーラム~進化する高分子ナノ材料科学~, 2012.03.
47. 高橋幸奈、田浦才希子、秋山 毅、山田 淳, 金ナノ粒子による電解重合ポリチオフェン薄膜電極の光電流増強効果, 第30回 固体・表面光化学討論会, 2011.11.
48. 高橋幸奈, 金属ナノ粒子のプラズモン共鳴を利用したエネルギー変換デバイス, 第28回九州コロイドコロキウム, 2011.08.
49. 高橋幸奈, プラズモン共鳴を利用したエネルギー変換デバイスの構築, 第27回ライラックセミナー・第17回若手研究者交流会, 2011.06.
50. 高橋幸奈, 金属ナノ構造の局在プラズモン共鳴を用いた光電変換, 第一回プラズモン化学シンポジウム, 2011.06.
51. 高橋幸奈、立間 徹, プラズモン誘起電荷分離に基づくセルの全固体化, 2011年 電気化学会第78回大会, 2011.03.
52. 高橋幸奈、山田 淳, プラズモン共鳴のエネルギー変換デバイスへの利用, 日本分光学会 高感度表面・界面部会 第3回シンポジウム, 2010.12.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
ナノ学会
光化学協会
日本分析化学会
電気化学会
日本化学会
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 日本化学会九州支部.
2019.04~2021.03, 日本分析化学会九州支部.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.03.17~2020.03.19, 電気化学会第87回大会, 座長(Chairmanship).
2019.08.11~2019.08.15, SPIE Conference 11082: Plasmonics: Design, Materials, Fabrication, Characterization, and Applications XVII, 座長(Chairmanship) .
2019.11.10~2019.11.12, International Workshop on Advanced Nanoscience and Nanomaterials 2019 (IWANN2019), Organizing Committee.
2019.05.18~2019.05.19, 第79回分析化学討論会, 座長(Chairmanship).
2019.05.18~2019.05.19, 第79回分析化学討論会, 実行委員.
2018.10.10~2018.10.11, International Workshop on Advanced Nanoscience and Nanomaterials 2018 (IWANN2018), Local Organizer.
2018.09.12~2018.09.14, 日本分析化学会第67年会, 座長(Chairmanship).
2015.09.09~2015.09.11, 日本分析化学会第64年会, 実行委員.
2015.09.09~2015.09.11, 日本分析化学会第64年会, 座長(Chairmanship).
2014.08.24~2014.08.30, IUMRS-ICA2014, Frontiers in Plasmonic Nanomaterials, Correspondence Organizer.
2014.06.13~2014.06.15, 2014年 光化学若手の会, 世話人.
2014.03.26~2014.03.29, 日本化学会第94春季年会(2014), 座長(Chairmanship).
2013.08.22~2013.08.24, Asianalysis XII, Local Organizing Committee.
2013.06.17~2013.06.18, Kyushu University / Pusan National University Joint Symposium 2013 on Molecular Systems for Devices Leading Graduate School, Kyushu University, 座長(Chairmanship).
2012.06.02~2012.06.06, Yamada Conference LXVI, Local Organizing Committee.
2011.11.21~2011.11.22, 第30回 固体・表面光化学討論会, 座長(Chairmanship).
2010.11.25~2010.11.26, 第29回 固体表面光化学討論会, 実行委員.
2010.10.22~2010.10.23, 第5回 日本磁気科学会年会および第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.08~2015.05, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
受賞
2018年度 分析化学会 奨励賞, 日本分析化学会, 2018.09.
平成26年度 電気化学会 進歩賞(佐野賞), 公益社団法人 電気化学会, 2014.03.
Analytical Sciences Hot Article Award (Vol. 29, No. 1), Analytical Sciences, 2013.01.
MMS賞, 田中貴金属グループ 「貴金属に関わる研究助成金」  , 2012.04.
優秀講演賞, 固体・表面光化学討論会 , 2011.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 金属ナノ粒子/p型半導体界面でのプラズモン誘起電荷分離システムの開発.
2016年度~2019年度, 若手研究(A), 代表, 異方性金属ナノ粒子の配向配列制御による高効率光エネルギー変換場の構築.
2013年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, 金プラズモン共鳴を利用した微弱光/化学エネルギー変換システムの構築.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2019年度~2022年度, 国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 さきがけ, 代表, 新型プラズモン誘起電荷分離を用いたCO2資源化光触媒の開発.
2016年度~2016年度, JST 平成28年度 マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」, 代表, 形状異方性金属ナノ粒子の耐候性向上による無機顔料の開発.
2011年度~2011年度, A-STEP, 代表, プラズモン共鳴を用いた大面積型発光デバイスの開発.
寄附金の受入状況
2018年度, 公益財団法人 旭硝子財団, 「新型プラズモン誘起電荷分離システムを利用した全固体光電変換セルの開発」.
2016年度, 公益財団法人 矢崎科学財団技術振興記念財団 平成27年度「一般研究助成」, 「高効率電子デバイスを指向した金ナノ粒子-酸化チタン複合系によるポリチオフェンの光酸化重合法の開発」.
2015年度, 公益財団法人 泉科学技術振興財団 平成27年度研究助成, 「銀ナノプレートを用いたセンシングデバイスの高性能化」.
2015年度, 公益財団法人 野口研究所 野口遵研究助成金, 「金ナノロッドを光捕集アンテナとした光エネルギー変換デバイスの開発」.
2013年度, 公益財団法人 旭硝子財団, 「異方性金属ナノ粒子を利用した光電変換デバイスの開発」.
2012年度, 公益信託林女性自然科学者研究助成基金 平成24年度研究助成, 「金属酸化物薄層被覆による金ナノロッド粒子の熱力学的安定性の向上」.
2012年度, 公益財団法人 村田学術振興財団 研究助成, 「可視光による有機半導体の光酸化重合製膜法の開発」.
2012年度, 田中貴金属グループ 「貴金属に関わる研究助成金」 , 「局在表面プラズモン共鳴によって生じる増強電場を活用した光反応場の開発」.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2019年度, 令和元年度 九州大学QRプログラムⅡ.わかばチャレンジ, 代表, 銅ナノ粒子担持p型半導体を用いたCO2資源化光触媒の開発.
2011年度~2011年度, 平成23年度 九州大学工学研究院 若手研究者育成研究, 代表, エネルギー変換デバイスの特性に金属ナノ粒子が及ぼす効果の解明.
2011年度~2011年度, 平成23年度 九州大学グローバルCOEプログラム 拠点内科研費「G-COE 若手科研費」, 代表, 金ナノロッド粒子の安定性制御.
2011年度~2011年度, 平成23年度 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト D2タイプ 若手スタートアップ, 代表, 配向および間隔密度を制御した金ナノロッドアレイの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」