九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
倉田 剛(くらた つよし) データ更新日:2020.06.05

教授 /  人文科学研究院 哲学部門 哲学講座


主な研究テーマ
分析形而上学、存在論、社会存在論、芸術作品の存在論、オーストリア哲学
キーワード:存在、カテゴリー、抽象的対象、制度、芸術作品
2001.04~2011.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
九州大学哲学会
西日本哲学会
日本科学哲学会
日本哲学会
日本現象学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2008.10.18~2010.10.18, 日本科学哲学会第41回大会におけるワークショップ「現代のオントロジーとその源流」, オーガナイザ.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.10~2015.10, 九州大学哲学会編『哲学論文集』, 国内, 編集委員.
2013.12~2015.07, 西日本哲学会編『西日本哲学会年報』, 国内, 編集委員.
2013.10~2014.10, 九州大学哲学会編『哲学論文集』, 国内, 編集委員.
2011.12~2013.12, 西日本哲学会編『西日本哲学会年報』, 国内, 編集委員.
受賞
西日本哲学会第一回若手奨励賞受賞, 西日本哲学会, 2009.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 制度についての社会存在論的研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, クワイン以後のメタ存在論に関する包括的研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 社会存在論についての基礎研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 作品あるいは著作物の存在論的構造についての研究.
2007年度~2008年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 現代オントロジーについての基礎研究
.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」