九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
川﨑 章惠(かわさき あきえ) データ更新日:2020.08.04

助教 /  農学研究院


主な研究テーマ
1)林業労働者に関する研究。具体的には、林業事業体の経営および雇用管理、人材育成に関する実態や政策の分析。
2)木材流通に関する研究。具体的には、原木市売市場の原木調達や出荷に関する変化等。

キーワード:林業事業体、労働者、請負業者、木材流通
2011.04~2018.03.
従事しているプロジェクト研究
中山間地域における雇用創出を目指した林業請負業の独立・起業モデルに関する研究
2017.04~2021.03, 代表者:川﨑章惠, 九州大学.
2015年センサス・ミクロデータを用いた構造分析による林業成長産業化の検討
2017.04~2020.03, 代表者:藤掛一郎, 宮崎大学.
職業能力の「見える化」に対応した林業雇用管理のあり方に関する研究
2016.04~2018.03, 代表者:興梠克久, 筑波大学, 科研基盤C.
林業再生プラン貢献を目指した人への生理・心理応答解析を基盤とした木材の高付加機能解析
2012.12~2013.03, 代表者:清水邦義, 九州大学, 日本.
東アジアにおける木材自給率向上政策の展開と山村への社会経済的影響
2013.04~2016.04, 代表者:佐藤宣子, 九州大学, 日本.
少子高齢化時代における私有林地の継承と持続的な森林管理手法に関する比較研究
2009.04~2013.03, 代表者:佐藤宣子, 九州大学大学院農学研究院.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Akie Kawasaki, Katsuhisa Kohroki, Mechanization strategy of small-scale contractors in Japan, EXCEEDING THE VISION:FOREST MECHANISATION OF THE FUTURE Proceedings of the 52nd International Symposium
on Forestry Mechanization
, 417-421, ISBN 978-963-334-343-2, 2019.10.
2. 外山 正次郎, 川﨑 章惠, スギ並材産地における製材工場の原木集荷構造と経営展開ー宮崎県都城地域を事例にー, 林業経済学会, 63, 3, 12-22, 2017.11.
3. 川﨑 章惠, 木材需要拡大期における原木流通構造の変容および森林組合の現状―九州地方を事例に―, 林業経済学会, 63, 1, 15-24, 2017.03.
4. 川﨑 章惠, 「緑の雇用」研修生からみる研修の評価―フォレストワーカー対象アンケート調査結果をもとに―, 森林利用学会, http://doi.org/10.18945/jjfes.32.5, 32, 1, 5-14, 2017.01.
5. Akie Kawasaki, Women forestry worker's work pattern and wage in Japan, IUFRO 3.08 & 6.08 Joint Conference, 121-127, 2014.06.
6. Katsuhisa Kohroki and Akie Kawasaki, Could self-employed forest owner be leaders?, IUFRO 3.08 & 6.08 Joint Conference, 480-487, 2014.06.
7. 川﨑章惠・興梠克久, 労災保険第二種特別加入制度に基づく一人親方団体の設立経緯にみる林業労働の課題, 林業経済, 63 , 1, pp2−15, 2010.04.
8. 川﨑章惠・興梠克久, 雇用林業労働者の「一人親方」化とその就業実態—福岡県を事例に—, 林業経済研究, 55 , 2, pp10−20, 2009.08.
9. 川﨑章惠・興梠克久・柳幸広登, 福岡県における林業一人親方事務組合の現状と課題, 日本森林学会九州森林研究, 59 , pp10−12, 2006.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 川﨑章惠・大地俊介, 2007年春季林業経済・若手交流会エクスカーション実施報告—九州林業の最前線を見聞する, 林業経済 第60巻第8号/林業経済研究所, pp29−31, 2007.01.
2. 川﨑章惠・興梠克久, 作業路開設を核にした職員総出の集約化, 平成22年度林業経営担い手モデル事業成果報告書, 全国森林組合連合会, pp64−68, 2011.03.
3. 川﨑章惠・興梠克久, 地域の林業生産構造の変化と林業一人親方, 持続的経営組織・事業システムの形成と林業就業者(厚生労働省平成19年度林業雇用改善促進事業調査研究事業報告書), 全国森林組合連合会, pp176−202, 2008.01.
4. 川﨑章惠, 地域林業の担い手としての経営展開と雇用環境改善-静岡県の事例ー(第4章第6節), 平成29年度「緑の雇用」事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会,pp129-143, 2018.02.
5. 川﨑章惠, 大分県下森林組合の人材育成の特徴と宇佐地区森林組合の事例, 森林組合, No.572,pp15-18, 2018.02.
6. 川﨑 章惠, 新しい"林業"を担える人材育成-静岡県の事例-, 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp34-42, 2013.02.
7. 川﨑 章惠, 木材流通構造の変化・原木材価急落と林業事業体経営-大分県を事例に-, 平成25年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価等に関する調査報告書,全国森林組合連合会, pp130-138, 2014.02.
8. 川﨑 章惠, 林家のちからを活用した研修生の育成-静岡県の事例-, 平成23年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp50-56, 2012.02.
9. 川﨑章惠・興梠克久, 林業事業体と林業一人親方の関係—福島県を事例に—, 平成19年度林業事業体経営実態調査報告書, 林野庁, pp115−136, 2008.01.
10. 川﨑章惠, 林業事業体の動向と「緑の雇用」(第3章), 平成29年度「緑の雇用」事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会,pp54-67, 2018.02.
11. 川﨑章惠・興梠克久, 森林組合における林業一人親方の位置づけ—大分県を事例に—, 持続的森林管理に向けた主体形成と林業就業者(厚生労働省平成18年度林業雇用改善促進事業調査研究事業報告書), 全国森林組合連合会, pp90−132, 2007.01.
12. 川﨑 章惠, 森林認証製品の流通事情, 木科学情報20巻3号,日本木材学会九州支部, pp51-53, 2013.10.
13. 川﨑 章惠, 様々な人事考課の事例-現地聞き取り調査の結果- N森林組合(宮崎県)の事例, 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp135-136, 2013.02.
14. 川﨑 章惠, 様々な人事考課の事例-現地聞き取り調査の結果- M社(大分県)の事例, 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp133-134, 2013.02.
15. 川﨑 章惠, 様々な人事考課の事例-現地聞き取り調査の結果- K森林組合(熊本県)の事例, 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp132-133, 2013.02.
16. 川﨑 章惠, 様々な人事考課の事例-現地聞き取り調査の結果- モチベーション維持のための社内資格制度と能力評価-J社(広島県)の事例-, 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp131-132, 2013.02.
17. 川﨑 章惠, 様々な人事考課の事例-現地聞き取り調査の結果- E社(鳥取県)の事例, 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の評価に関する調査報告書, 全国森林組合連合会, pp127-128, 2013.02.
18. 川﨑章惠・興梠克久, 直営林を核にした中・大規模森林所有者の集約化, 平成22年度林業経営担い手モデル事業成果報告書, 全国森林組合連合会, pp73−76, 2011.03.
19. 川﨑章惠・興梠克久, 直営林を核にした小規模森林所有者の集約化, 平成22年度林業経営担い手モデル事業成果報告書, 全国森林組合連合会, pp60−63, 2011.03.
20. 川﨑章惠・興梠克久, 第2部Ⅰ-1 川上サイドの現状と課題, 矢部川流域水平連携構想報告書, 矢部川流域水平連携協議会, pp8−13, 2011.03.
21. 川﨑章惠・興梠克久, 第三セクター林業会社による地域森林管理, 平成22年度林業経営担い手モデル事業成果報告書, 全国森林組合連合会, pp69−72, 2011.03.
主要学会発表等
1. Akie Kawasaki, Katsuhisa Kohroki, Mechanization strategy of small-scale contractors in Japan, FORMEC 52th International Symposium on Forest Mechanisation Exceeding the Vision: Forest Mechanisation of the Future, 2019.10.
2. 川﨑章惠,興梠克久, 労災保険関連統計にみる林業労働災害の発生傾向と災害防止対策の課題, 日本森林学会, 2018.03.
3. 川﨑 章惠, 興梠 克久, 主伐移行期における林業労働力の存在形態:大分県下森林組合を事例に, 林業経済学会, 2017.11.
4. 川﨑 章惠, 木材需要拡大期における原木流通構造の変容および森林組合の現状―九州地方を事例に―, 林業経済学会, 2017.03.
5. Akie Kawasaki, Katsuhisa Kohroki, Changes and current situation of forest companies in Japan, The Role of Forest Utilization and Ergonomics in Modern Forestry, 2014.06.
6. 尾分 達也, 佐藤 宣子, 川﨑 章惠, 九州における原木流通構造と材価変動の実態~素材生産業者の経営対応を中心に~
, 林業経済学会, 2013.11.
7. 外山 正次郎, 佐藤 宣子, 川﨑 章惠, スギ並材一大生産地域における製材工場の経営動向とその変-宮崎県都城地域を事例に-
, 林業経済学会, 2013.11.
8. 尾分 達也, 川﨑 章惠, 佐藤 宣子, 2012年材価暴落の素材生産業者への影響-大分県日田林業地域の実態-, 九州森林学会, 2013.10.
9. Akie Kawasaki, Women forestry worker's work pattern and wage in Japan, IUFRO 3.08 & 6.08 Joint Conference: Future directions of small-scale and community-based forestry, 2013.09.
10. Akie Kawasaki, Katsuhisa Kohroki, Forestry training project for new employee in Japan: changes and current status of the trainees, FORTECHENVI 2013, 2013.05.
11. 川﨑章惠, 興梠克久, 2010年農業センサスから見る林業サービス事業体の動向, 日本森林学会, 2013.03.
12. 川﨑章惠, 外山正次郎, 岡山県真庭地域における原木集荷の現状, 日本森林学会, 2012.03.
13. 川﨑章惠, 興梠克久, 副業的個人請負人および自伐林家の就業実態と労働安全の課題―労災保険第二種特別加入制度を通じて―, 林業経済学会, 2011.11.
14. 川﨑章惠, 興梠克久, 林業における労災保険第二種特別加入の動向と加入者団体事務局の経営形態, 日本森林学会, 2011.03.
15. 川﨑章惠, 興梠克久, 森林組合作業班再編による一人親方団体新設とその退会者の動向, 林業経済学会, 2010.11.
16. 川﨑章惠, 興梠克久, 林業における労災保険第二種特別加入の全国的動向, 九州支部大会, 2010.10.
17. 川﨑章惠, 興梠克久, 「一人親方」の就業実態と再生産構造―福岡県八女地域を事例に―, 林業経済学会, 2009.09.
18. 川﨑章惠, 興梠克久, 山田茂樹, 大規模木材産業の原木調達と林業一人親方の組織化―福島県を事例に―, 林業経済学会, 2008.11.
19. 川﨑章惠, 興梠克久, 森林組合作業班の再編と一人親方―熊本県北部を事例に―, 日本森林学会, 2008.03.
20. 川﨑章惠, 興梠克久, 森林組合の労働力構成と一人親方の実態―大分県を事例に―, 林業経済学会, 2007.11.
21. 川﨑章惠, 興梠克久, 林業請負労働力の存在形態, 日本森林学会, 2007.03.
22. 川﨑章惠, 興梠克久, 雇用林業労働者の一人親方化とその就業実態―福岡県を事例に―, 林業経済学会, 2006.11.
23. 川﨑章惠, 興梠克久, 柳幸広登, 福岡県における一人親方事務組合の現状と課題, 日本森林学会九州支部会, 2005.10.
24. 川﨑章惠, 出原斉, 柳幸広登, 上下流域の連携による森林整備の取り組み, 日本森林学会, 2005.03.
学会活動
所属学会名
九州森林学会
IUFRO
森林利用学会
日本森林学会
林業経済学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.11~2018.11, 林業経済学会, 座長.
2017.11.11~2017.11.12, 林業経済学会, 座長(Chairmanship).
2014.11.08~2014.11.08, 林業経済学会, 座長(Chairmanship).
2013.11.09~2013.11.10, 林業経済学会, 座長(Chairmanship).
2012.10~2012.10, 九州森林学会, 座長(Chairmanship).
2011.11.12~2011.11.13, 林業経済学会, 座長(Chairmanship).
2016.05.01~2017.12.31, 林業経済学会2017秋期大会運営委員会, 運営委員.
2015.08.27~2015.08.30, LFF2015-Competence for the future: Challenging gendered notions of learning about forest and forestry, Scientific committee.
2012.06.19~2013.12.31, IUFRO(International Union of Forest Research Organization)3.08&6.08 Joint conference, Deputy Secretary-general.
2010.07.09~2010.07.11, 2010年度西日本林業経済研究会, 事務局.
2011.07.08~2011.07.10, 2011年度西日本林業経済研究会, 事務局.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2019.03, 日本森林学会「森林科学」誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2014年度      
2012年度      
2011年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
林務局造林生産課(台北市)、新竹永泰林業合作社(新竹縣橫山鄉)、合興木材行(嘉義縣梅山郷)、永隆林業生産合作社(南投縣竹山鎮)、屏東永在林業合作社(屏東縣車城鄉), Taiwan, 2017.02~2017.02.
新竹木材工場、嘉義県県庁林業課、台湾嘉義大学、嘉義社区林業地、阿里山地区旧林業集落地, Taiwan, 2015.03~2015.04.
University of Hawai'i, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
University of Agriculture in Krakow, Białowieża National Park, Poland, 2014.06~2014.06.
台湾宜欄県森林管理局, 宜欄県庁, 苗栗県県庁, Taiwan, 2014.03~2014.04.
Jönköping, Sweden, 2013.06~2013.06.
Mendel University, Brno, CzechRepublic, 2013.05~2013.05.
Ateneo de Manila University, Philippines, 2012.03~2012.03.
彰化市,台北市,台中市,南投県,南投県埔里鎮桃米社区,南投県水里鄉上安社区, Taiwan, 2011.09~2011.09.
Albert ludwigs University of Freiburg, Germany, 2011.09~2011.10.
Swedish University of Agriculture Sciences (SLU), Sweden, 2011.01~2011.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2014.10~2014.10, 2週間未満, タイバック大学, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2014.10~2014.10, 2週間未満, タイバック大学, Vietnam, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
Best lecture賞, FORTECHENVI 2013, 2013.06.
林業経済学会奨励賞, 林業経済学会, 2012.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, 中山間地域における雇用創出を目指した林業請負業の独立・起業モデルに関する研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 2015年センサス・ミクロデータを用いた構造分析による林業成長産業化の検討.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 職業能力の「見える化」に対応した林業雇用管理のあり方に関する研究.
2013年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 東アジアにおける木材自給率向上政策の展開と山村への社会経済的影響.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2010年度, 糸島市九州大学連携研究助成金, 分担, 糸島市における森林資源の保全と循環的な利活用に向けた政策課題の抽出.
2007年度~2007年度, 財団法人林業経済研究所研究奨励事業(小瀧奨励金), 代表, 大規模木材産業の原木調達と林業一人親方の組織化に関する研究.
2003年度~2003年度, 財団法人九州大学後援会助成事業 学生の独創的研究計画に対する助成, 代表, 九大新キャンパスにおける環境管理ボランティア活動の生物多様性保全効果に関する実証的研究.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2013年度, 九州大学女性研究者キャリア開発センター国際学会派遣支援, 代表, Forestry training project for new employee in Japan: changes and current status of the trainees.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」