九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
田中 理子(たなか みちこ) データ更新日:2020.04.06

特任助教 /  薬学研究院 革新的バイオ医薬創成学


主な研究テーマ
看護プロフェッショナリズムに関する研究
キーワード:看護、プロフェッショナリズム、専門性
2006.01~2014.12.
EBN実践のための看護研究教育モデルの構築
キーワード:EBN, 看護研究、経済効果、看護実践環境
2014.04~2021.03.
慢性動脈閉塞症による下肢虚血に関する研究
キーワード:PAD, 下肢虚血、遺伝子治療、血管新生療法、再生医療、QOL, 臨床研究、血管看護
2009.05~2021.03.
地域包括システムにおける尿失禁看護に関する研究
キーワード:EBN, 失禁関連皮膚炎, ランダム化比較試験、地域包括ケアシステム
2020.04~2023.03.
従事しているプロジェクト研究
AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズB)「独自に発見した全く新しいphenotypeのNK細胞を用いた養子免疫技術の開発」
2018.04, 代表者:米満吉和.
AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズC)「高性能国産新規RNAウイルスベクタ-による虚血肢治療製剤の開発」
2017.07, 代表者:米満吉和, 九州大学.
厚生労働省 臨床研究・治験推進研究事業「高性能国産新規RNAウイルスベクタ-による虚血肢治療製剤の開発」
2013.04~2017.03, 代表者:米満吉和 .
文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム「高性能国産新規RNAウイルスベクタ−による虚血肢治療製剤の開発」
2012.04~2013.03, 代表者:米満吉和.
文部科学省 橋渡し研究支援推進プログラム・橋渡し研究ネットワーク構築事業「EQuIPシステム導入による下肢虚血性疾患効能評価コアネットワーク構築」
2011.04~2012.03, 代表者:米満吉和.
文部科学省 橋渡し研究支援推進プログラム「革新的バイオ医薬医工学の医療技術開発拠点」
2009.04~2012.03, 代表者:中西洋一.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 田中理子、米満吉和 , WIQ iPadアンケートシステム, 2014.07.
2. 田中理子、米満吉和 , VAS iPad アンケートシステム, 2014.07.
3. 田中理子、米満吉和 , 下肢虚血の検査 DVD, 2014.07.
4. 田中理子、藤野ユリ子、米満吉和 , PAD疾患レジストリー データベース, 2013.03.
5. 田中理子、藤野ユリ子、米満吉和 , 血管新生療法の効果を見る検査 DVD, 2013.03.
学会活動
所属学会名
American Heart Association ( Council on Cardiovascular and Stroke Nursing & Council on Peripheral Vascular Disease)
European Society of Gene and Cell Therapy
American Society of Gene and Cell Therapy
Society for Vascular Nursing
日本遺伝子細胞治療学会
日本血管外科学会
日本看護科学学会
日本看護学教育学会
日本看護管理学会
日本血管看護研究会
日本脈管学会
日本抗加齢医学会
日本医療病院管理学会
学協会役員等への就任
2016.09~2020.09, American Heart Association FAHA (Council on Cardiovascular and Stroke Nursing).
2019.10~2022.04, 日本脈管学会, 評議員.
2015.10~2018.03, 日本血管看護研究会 世話人.
2014.10~2016.12, 日本血管外科学会 チーム医療推進委員会.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.24~2019.05.24, 第4回日本血管看護研究会, 大会長.
2018.10.25~2018.10.27, 第59回日本脈管学会総会 , 学会座長.
2017.04.21~2017.04.21, 第2回日本血管看護研究会, 学会座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.02~2020.02, Editorial Board for International Journal of Nursing and Clinical Practice, 国際.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
CPC Clinical Research, UnitedStatesofAmerica, 2018.05~2018.05.
Department of Molecular and Experimental Medicine, The Scripps Research Institute, , UnitedStatesofAmerica, 2018.03~2018.03.
Department of Molecular and Experimental Medicine, The Scripps Research Institute, UnitedStatesofAmerica, 2017.11~2017.11.
Voyager PAD Asia Pacific Meeting, China, 2017.06~2017.06.
American Heart Association Scientific Sessions 2016, Council on Cardiovascular and Stroke Nursing annual dinner and business meeting, UnitedStatesofAmerica, 2016.11~2016.11.
CPC Clinical Research, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
Department of Cancer Biology, The Scripps Research Institute, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
American Heart Association Scientific Sessions 2014, Council of Peripheral Vascular Disease annual dinner and business meeting, UnitedStatesofAmerica, 2014.11~2014.11.
CPC Clinica Research, UnitedStatesofAmerica, 2013.11~2013.11.
CPC Clinical Research, UnitedStatesofAmerica, 2013.03~2013.03.
CPC Clinical Research, UnitedStatesofAmerica, 2012.11~2012.11.
Division of Cardiology, University of Colorado, UnitedStatesofAmerica, 2012.11~2012.11.
CPC Clinical Research, UnitedStatesofAmerica, 2012.02~2012.02.
CPC Clinical Research, UnitedStatesofAmerica, 2011.05~2011.05.
Department of Nursing Education, St. Joseph Hospital, UnitedStatesofAmerica, 2008.01~2008.11.
Department of Nursing, Kindred Hospital Westminster, UnitedStatesofAmerica, 2006.08~2008.11.
Master of Science in Nursing, Concentration for Nursing Administration, Department of Nursing, California State University, Fullerton, UnitedStatesofAmerica, 2006.01~2008.08.
Bachelor of Science in Nursing, Department of Nursing, California State University, Fullerton, UnitedStatesofAmerica, 2002.01~2004.06.
Associate of Nursing/Health Sciences, Nursing/Health Sciences Department, Santa Ana College, UnitedStatesofAmerica, 2001.08~2002.06.
Irvine Valley College, UnitedStatesofAmerica, 2001.01~2001.08.
University of California, Irvine, UnitedStatesofAmerica, 1999.06~2000.12.
受賞
Best Poster Presenter Award , Society for Vascular Nursing 36th Annual Conference, 2018.06.
Magna cum laude, California State University, Fullerton, 2004.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 地域包括システムにおける尿失禁看護の検討とクリティカルパスの開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, EBNにもとづく看護実践環境の評価と看護管理モデルの開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 精神的看護ケアの質向上を目指したシミュレーション教育プログラムの開発と評価.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, Healthy Working Environmentを実現する看護管理モデルの開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 血管看護領域における包括的患者アセスメント方法とその教育モジュールの開発.
2015年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 身体診察実習に伴う心理的障壁を克服する新たな学習モデルの開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, EBN実践のための看護研究教育モデルの構築.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 大学と臨床が共有する看護手順電子マニュアルによるシームレス・プログラム開発.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2013年度~2016年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 高性能国産新規ウイルスベクターによる虚血肢治療製剤の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2020年度, AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズB), 分担, 独自に発見した全く新しいphenotypeのNK細胞を用いた養子免疫技術の開発.
2017年度~2019年度, AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズC), 分担, 高性能国産新規RNAウイルスベクタ-による虚血肢治療製剤の開発.
2015年度~2016年度, 一般社団法人日本看護学教育学会研究助成, 分担, 臨床実習の学習環境・指導教育に対する看護学生の認識:CLEST+T評価尺度日本語版の開発および実態調査.
2015年度~2016年度, 一般社団法人日本看護管理学研究助成, 分担, EBN導入に伴う臨床看護師のレディネスの検証.
2014年度~2016年度, 環境再生保全機構(環境省), 分担, 就学期の患者の効果的な教育、指導モデルの構築.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 九州大学研究活動基礎支援制度, 代表, 看護教員のプロフェッショナリズムに関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」