九州大学 研究者情報
総説一覧
渡辺 敦史(わたなべあつし) データ更新日:2021.10.04

教授 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 渡辺敦史, ウルシ林の遺伝的多様性評価と遺伝資源管理, 森林技術, 2020.12.
2. 田村美帆, 渡辺敦史, DNAマーカーの概要と林木育種への適用(4)SSR vs SNP, 2014.12.
3. 平尾知士, 渡辺敦史, 針葉樹の葉緑体ゲノムを対象とした最近の研究動向, 2014.07.
4. 渡辺敦史, 分子生物学的手法を利用した次世代マツノザイセンチュウ抵抗性品種開発の取り組み, 2014.04.
5. 渡辺敦史, DNAマーカーの概要と林木育種への適用(2)DNAマーカーによる個体識別

, 北海道の林木育種 56(1), 13-17, 2013, 2013.06.
6. 白石 進, 渡辺 敦史, 磯田圭哉, 河崎久男, 隔離分布する天然生北限カラマツの特性と保存. DNAが語る馬の神岳カラマツの生い立ち, 林木の育種,177:1-5, 1995.10.
7. 白石 進, 渡辺 敦史, 磯田圭哉, 分類困難な日本産針葉樹のDNA分類・系統学的研究, 森林文化研究,17:123-132, 1996.04.
8. 白石 進, 渡辺 敦史, 那須仁弥, 戸田忠雄, DNAがあかすアイノコマツの正体, 林木の育種,183:1-6, 1997.04.
9. 渡辺 敦史, DNA情報に基づくマツ属の分類と系統進化, 林木の育種,184:31-34, 1997.07.
10. 渡辺 敦史, 従来の育種技術とバイオテクノロジー等新技術との統合による新たな林木育種の展開:マイクロサテライトマーカーの開発と利用, 森林科学,41: 44-46, 2004.06.
11. 渡辺 敦史, 林木育種におけるDNAマーカーの適用, 林木の育種,216:7-13, 2005.07.
12. 小澤創, 渡邊次郎, 陳宏玲, 渡辺 敦史, 福島県におけるマツノザイセンチュウ抵抗性育種事業のこれから, 林木の育種,217 : 1-5, 2006.04.
13. 平尾知士, 渡辺 敦史, 現代における葉緑体ゲノム研究の動向, 林木の育種,229,6-10, 2008.10.
14. 渡辺 敦史, マツノザイセンチュウ抵抗性品種開発の最新研究, グリーンエイジ,36(6): 17-20, 2009.06.
15. 渡辺 敦史, DNAマーカーの概要と林木育種への適用① PCRとDNAマーカーの種類, 北海道の林木の育種、55:28-32, 2013.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」