九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
木下 博子(きのした ひろこ) データ更新日:2020.11.04

准教授 /  留学生センター


主な研究テーマ
イスラーム世界におけるグローバルな移動がもたらす社会変容の質的・量的解明

キーワード:地域研究、地域間研究 イスラーム世界におけるグローバルな移動
2017.04~2020.03.
「東南アジアの社会変容と国際的イスラーム・ネットワークの相関に関する総合的研究」
キーワード:イスラーム、ネットワーク、東南アジア
2014.04~2017.03.
従事しているプロジェクト研究
計量テキスト分析を用いた現代中東における新たな政治的動員に関する実証研究
2019.04~2022.03.
研究業績
主要著書
1. HIROKO KINOSHITA, Islamic Higher Education in Contemporary Indonesia: Through the Islamic Intellectuals of al-Azharite Alumni, Kyoto Unviersity, Kyoto Univerisity GCOE Working Paper Series, 2009.09.
2. 西芳実, 堀場明子, 堀拔功二, 岩坂将充, 木下 博子, 日下部尚徳, 『キャリア・パスとしての社会貢献?若手地域研究者の現状と社会連携の可能性』, 2011.02.
主要原著論文
1. Dai Yamao, A Quantitative Text Analysis on Mobilization of the Electorate by Islamist Parties during the 2018 Iraqi Parliamentary Election, International Conference of Global Risk, Security and Ethnicity (IPSA RC44), 2019.08.
2. Hiroko Kinoshita, The Needs of Students in Saudi Arabia Seeking to Study in Japan: A Poll-Survey Analysis, International Journal of Higher Education, 8, 4, 145-152, 2019.07.
3. HIROKO KINOSHITA, “The Networks and Activities of al-Azhar Graduates in Contemporary Indonesia”, Contemporary Indonesia” Kyoto-Cornell Joint International Workshop on Trans-national Southeast Asia: Paradigms, Histories, Vectors (Kyoto University 11 January), 67-98, 2013.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Hiroko Kinoshita, Social Division Promoted by Commercial Media: A Quantitative Text Analysis of LGBT Issue in Contemporary Indonesia, International Conference on Resources and Human Mobility, 2019.12.
2. Hiroko Kinoshita, Dai Yamao, A Quantitative Text Analysis on Mobilization of the Electorate by Islamist Parties during the 2018 Iraqi Parliamentary Election, International Conference of Global Risk, Security and Ethnicity (IPSA RC44), 2019.08.
3. Hiroko Kinoshita, Being Muslim in non-Muslim country: The case of Egyptian Student, 第2回 ダイバーシティ シンポジウム, 2019.03.
4. Hiroko Kinoshita, The Impact of The World Association of al-Azhar Graduates and its Social Role: The Case of Egypt and Indonesia, International Convention of Asia Scholars, 2017.07.
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.12.17~2017.12.19, JAC-ECC 2017, 実行委員および高等教育セッションチェア.
2017.05.13~2017.05.14, 第33回日本中東学会, 実行委員.
2016.05.31~2016.06.02, JEC-ECC2016, 実行委員.
2015.03.16~2015.03.18, JEC-ECC2015, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
E-JUST, Egypt, 2016.05~2016.06.
SOAS, E-JUST, UnitedKingdom, Egypt, 2016.03~2016.03.
E-JUST, Egypt, 2015.11~2015.11.
E-JUST, Egypt, 2015.07~2015.08.
E-JUST, Egypt, 2015.05~2015.05.
NUS, MET, ISEA, Singapore, 2015.01~2015.01.
UINジャカルタ校, Indonesia, 2011.02~2011.04.
サラフデッディーン大学, Iraq, 2010.09~2010.09.
バルセロナ自治大学, Spain, 2010.07~2010.07.
UINジャカルタ校, Indonesia, 2010.04~2010.06.
カイロ, Egypt, 2009.12~2009.12.
UINジャカルタ校, ポンドック・プサントレンDN, Indonesia, Indonesia, 2009.08~2009.10.
エチオピア, Ethiopia, 2009.01~2009.02.
UINジャカルタ校, Indonesia, 2008.08~2008.09.
カイロ・アメリカン大学, Egypt, 2008.01~2008.04.
バンドゥン工科大学, Indonesia, 2008.01~2008.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, イスラーム世界におけるグローバルな移動がもたらす社会変容の質的・量的解明.
2014年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 東南アジアの社会変容と国際的イスラーム・ネットワークとの相関に関する総合的研究.
2014年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 東南アジアの社会変容と国際的イスラーム・ネットワークとの相関に関する総合的研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2010年度~2012年度, 特別研究員, 代表, 東南アジアと中東地域を結ぶ「イスラーム」ネットワーク-その社会的背景-(DC1).
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2020年度, 数理・データサイエンスに関する教育・研究支援プログラム, 代表, 量的テキスト分析を用いたLGBTQをめぐるアラビア語・インドネシア語日刊紙の報道トーンの変化にかんする研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」