九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
清水 宗治(しみず そうじ) データ更新日:2020.06.04

准教授 /  工学研究院 応用化学部門


主な研究テーマ
ポルフィリンおよびフタロシアニンを基盤とした新規π電子分子の創製
キーワード:ポルフィリン、フタロシアニン、π共役
2014.03.
研究業績
主要著書
1. Soji Shimizu, Recent advances in the chemistry of phthalocyanine as functional chromophores, Springer .
主要原著論文
1. Soji Shimizu, Benzo[c,d]indole-containing aza-BODIPY -asymmetrization-induced solid-state emission and aggregation-induced emission enhancement as new properties of the well-known chromophore-, Chem. Eur. J., 10.1002/chem.201501464, 21, 2893-2904, 2015.07.
2. Soji Shimizu, Cyclophanes Containing Bowl-Shaped Aromatic Chromophores: Three Isomers of anti-[2.2](1,4)Subphthalocyaninophane
, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.201411510 , 54, 5187-5191, 2015.02.
3. Soji Shimizu, Rational Molecular Design Towards vis/NIR Absorption and Fluorescence using Pyrrolopyrrole aza-BODIPY and its Highly Conjugated Structures for Organic Photovoltaics, Chem. Eur. J., 10.1002/chem.201405761, 21, 2893-2904, 2014.12.
4. Soji Shimizu, Sizeable red-shift of absorption and fluorescence of subporphyrazine induced by peripheral push and pull substitution, Chem. Commun., 10.1039/C4CC05943C, 50, 13781-13784, 2014.09.
5. Soji Shimizu, Unexpected formation of a triphyrin in the reaction of dibromodipyrromethene and N,Ndimethylaminoethanol, J. Porphyrins Phthalocyanines, 10.1142/S1088424614500527, 18, 721-726, 2014.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Soji Shimizu, Recent Advances in Subporphyrins and Triphyrin Analogues: Contracted Porphyrins Comprising Three Pyrrole Rings, Chemical Reviews, 2016.10.
主要学会発表等
1. Soji Shimizu, Redox-Responsive Behaviors of TTF-Annulated Subphthalocyanine and its Analogues, The 13th International Symposium on Organic Reactions, 2018.11.
2. 清水宗治, フタロシアニンの構造物性相関に基づく機能性分子の創製, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
3. Soji Shimizu, TTF-Annulated Subphthalocyanins and their Redox-Responsive Behaviors, 10th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-10), 2018.07.
学会活動
所属学会名
Society of Porphyrins and Phthalocyanines
基礎有機化学会
応用物理学会
光化学協会
有機合成化学協会
日本化学会
学協会役員等への就任
2019.01~2019.10, 日本化学会, 化学フェスタ実行委員.
2018.03~2019.02, 日本化学会九州支部, 幹事.
2018.01~2018.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2017.01~2017.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2016.01~2017.01, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.10.15~2019.10.18, 第9回CSJ化学フェスタ, 実行委員.
2019.06~2019.12.08, The 24th Joint Seminar of the Kyushu Branch of the CSJ and the Busan Branch of the KCS, 実行委員.
2018.07.01~2018.07.07, The 10th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, Session Organizer.
2018.06.30~2018.06.30, 第55回化学関連支部合同九州大会, 代表世話人.
2018.05.12~2018.05.12, 第28回万有福岡シンポジウム, 実行委員.
2019.03.16~2019.03.19, 日本化学会 第99春季年会, 座長.
2017.08.26~2017.08.26, 第29回若手研究者のためのセミナー, 実行委員.
2018.03.20~2018.03.23, 日本化学会第98春季年会(2018), 座長.
2017.09.07~2017.09.09, 第28回基礎有機化学討論会, 実行委員.
2017.03.16~2017.03.16, 日本化学会第96春季年会(2016), 座長(Chairmanship).
2016.07.04~2016.07.04, International Symposium on Porphyrins and Phthalocyanines, 座長(Chairmanship).
2015.03.26~2015.03.29, 日本化学会第95春季年会, 座長(Chairmanship).
2014.09.07~2014.09.09, 第25回基礎有機化学討論会, 座長(Chairmanship).
2016.07.03~2016.07.08, International Symposium on Porphyrins and Phthalocyanines, セッションオーガナイザー.
2016.10.24~2016.10.26, Junior ICCEOCA-6/Junior ARNCEOCA-2, 主催者.
2014.10.13~2014.09.16, Michinoku International Symposium on Porphyrins, Phthalocyanines and Functional π Molecules, 幹事.
2013.09.28~2013.09.30, International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, 広報.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2020.02~2020.08, Molecules, 国際, 編集委員.
2020.03~2022.02, 有機合成化学協会協会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度    
2019年度 50        50 
2018年度 20        20 
2017年度 18        18 
2016年度 22        22 
2015年度 15        15 
2014年度 14        14 
2013年度 13  13 
受賞
平成30年度 野副記念奨励賞, 基礎有機化学会, 2018.09.
平成30年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 文部科学省, 2018.04.
有機合成化学奨励賞, 有機合成化学協会, 2017.02.
丸山研究奨励賞, 2015.04.
SPP/JPP Young Investigator Award, Society of Porphyrins and Phthalocyanines, 2015.12.
Asian Core Program/Advanced Research Network Lectureship Award, Asian Core Program, 2015.11.
日本化学会第94春季年会 第28回「若い世代の特別講演会」講演証, 日本化学会, 2014.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 安定ジオキサポルフィリンを用いた反芳香族性の真の理解に基づく物性応用.
2018年度~2019年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 有機円偏光発光材料創出を指向した分子設計の確立とその学理の構築.
2017年度~2018年度, 新学術領域研究, 代表, アザポルフィリノイドの特性を活かしたπ造形.
2015年度~2016年度, 新学術領域研究, 代表, 芳香族性の新たな物性指標を指向したアザポルフィリノイドの創出.
2015年度~2016年度, 新学術領域研究, 代表, π共役分子の特性を活かした機能性元素ブロック材料の創出と物性研究.
2013年度~2014年度, 新学術領域研究, 代表, 新規π共役分子を基盤とした元素ブロックの創出と高分子材料への展開.
2014年度~2017年度, 若手研究(A), 代表, ポルフィリン・フタロシアニンの特性を活かした機能性分子の創出とその集積化法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」