九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
今井 洋輔(いまい ようすけ) データ更新日:2021.07.16



主な研究テーマ
電気二重層を有するソフト界面膜の物理化学
キーワード:ソフト界面、界面活性剤、電気二重層、界面熱力学、放射光X線界面構造科学、界面イメージング
2014.04~2018.03.
研究業績
主要原著論文
1. Y. Imai, Y. Tokiwa, S. Ueno, H. Tanida, I. Watanabe, H. Matsubara, T. Takiue, M. Aratono, Effect of the Headgroup Structure on Counterion Binding in Adsorbed Surfactant Films Investigated by Total Reflection X-ray Absorption Fine Structure Spectroscopy, Bulletin of the Chemical Society of Japan, doi/10.1246/bcsj.20180167, 91, 1487-1494, 2018.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Yosuke Imai, Haruna Hayase, Takeharu Sugiyama, Hajime Tanida, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Tomoya Uruga, Takanori Takiue, Molecular Packing and Miscibility of Tetradecyltrimethylammonium Bromide and Tetradecylphosphocholine in the Adsorbed Film and Micelle, OKINAWA COLLOIDS 2019, 2019.11.
2. Y.Imai, H. Tanida, T. Takiue, Counterion binding in the adsorbed film and micelle of dodecyltrimethylammonium bromide and
bisdodecyltrimethylammonium sulfate mixture, 32nd Conference of The European Colloid and Interface Society, 2018.09.
3. 今井 洋輔,早瀬 はるな,瀧上 隆智, イオン性界面活性剤からなる吸着膜やミセルにおける対イオン結合と分子混和性, 第69回コロイドおよび界面化学討論会, 2018.09.
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.09~2019.11.09, 5th International Kyushu Colloid Colloquium, 委員.
2018.04~2020.04, 日本化学会・コロイドおよび界面化学部会・九州支部.
2016.09.27~2016.09.28, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 運営委員.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2023年度, 若手研究, 代表, 界面曲率とイオン水和の協同によるソフト界面の対イオン結合の制御機構.
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 分担, 気液界面X線吸収分光法を用いたソフト界面における対イオンの水和構造の解明.
2016年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 電気二重層のイオン相関が誘起するソフト界面膜における不均一構造形成の物理化学.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, ホフマイスター効果が誘起するソフト界面膜の不均一および多層構造の形成原理.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」