九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
原口 大輔(はらぐちだいすけ) データ更新日:2024.04.09

准教授 /  附属図書館記録資料館


主な研究テーマ
近現代日本における徳川宗家と旧幕臣に関する研究 ―静岡育英会を事例に―
キーワード:華族、徳川家、旧幕臣、育英事業、徳川家達、河井弥八
2021.06~2021.06.
近代徳川宗家をめぐる歴史認識とその諸問題-徳川家達を中心に-
キーワード:徳川家達、貴族院、議会政治、華族
2012.04~2015.03.
従事しているプロジェクト研究
麻生家文書整理・研究プロジェクト
2020.09~2030.03.
研究業績
主要著書
1. 尚友倶楽部、原口大輔、西山直志編, 松本学日記 昭和十四年~二十二年, 芙蓉書房出版, 2021.06.
2. 原口 大輔, 貴族院議長・徳川家達と明治立憲制, 吉田書店, 2018.10, [URL].
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 原口大輔監修, 「麻生家文書」とその世界 , 2022.12, [URL].
2. 原口大輔, 「麻生家文書」目録データベース , 2022.11, [URL].
学会活動
所属学会名
日本史研究会
日本歴史学会
史学会
九州史学研究会
学協会役員等への就任
2023.10, 九州史学研究会, 運営委員.
2023.10, 九州史学研究会, 運営委員.
2020.11~2022.10, 九州史学研究会, 運営委員.
2012.09~2014.10, 九州史学研究会, 編集委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.09~2014.10, 九州史学研究会, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2023年度      
2021年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
南京大学, China, 2014.08~2014.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2023年度~2028年度, 基盤研究(B), 分担, 近世日本の学知と家伝史料:荻生家旧蔵史料と水戸徳川家旧蔵史料を中心に .
2022年度~2025年度, 基盤研究(B), 分担, 近現代日本における議会政治と第二院の多角的研究:「河井弥八関係文書」を中心に.
2020年度~2022年度, 若手研究, 代表, 政党内閣崩壊後の議会政治と貴族院 1932~1947.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 近現代議会資料「河井弥八関係文書」の総合的研究.
2017年度~2019年度, 特別研究員奨励費, 代表, 戦中・戦後における帝国議会の再検討.
2015年度~2016年度, 研究活動スタート支援, 代表, 近現代日本における徳川宗家と旧幕臣に関する研究―静岡育英会を事例に―.
2012年度~2014年度, 特別研究員奨励費, 代表, 近代徳川宗家をめぐる歴史認識とその諸問題―徳川家達を中心に―.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, 海外学会発表助成, 代表, 2019 AAS Annual Conference in Denverへの参加助成。.
2018年度~2018年度, 学術図書出版費用助成, 代表, 『貴族院議長・徳川家達と明治立憲制』(吉田書店、2018年)に対する出版助成。.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2015年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P), 代表, 1920年代の貴族院と政党内閣に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。