九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
河崎 悠也(かわさき ゆうや) データ更新日:2020.06.30



主な研究テーマ
クリック反応素子の開発
キーワード:クリック反応,DACN
2016.06~2020.06.
アルキンの効率的変換反応の開発
キーワード:ヒドロシリル化,付加型オゾン酸化
2014.05~2020.06.
研究業績
主要原著論文
1. Igawa, K.; Kawasaki, Y.; Tomooka, K., Addition-type Oxidation of Silylalkene Using Ozone: An Efficient Approach for Acyloin and Its Derivatives, Chem. Lett., 40, 233-235, 2011.02.
2. Kawasaki, Y.; Ishikawa, Y.; Igawa, K.; Tomooka, K., Directing Group-Controlled Hydrosilylation: Regioselective Functionalization of Alkyne, J. Am. Chem. Soc., 133, 20712-20715, 2011.12.
3. Igawa, K.; Kawasaki, Y.; Nishino, K.; Mitsuda, N.; Tomooka, K., Asymmetric Ozone Oxidation of Silylalkenes Using a C-2-Symmetrical Dialkoxysilyl Group as a Chiral Auxiliary, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 10.1002/chem.201402996, 20, 30, 9255-9258, 2014.07.
4. Igawa, K.; Aoyama, S.; Kawasaki, Y.; Kashiwagi, T.; Seto, Y.; Ni, R. Mitsuda, N. Tomooka, K., Thieme Chemistry Journals Awardees: Where Are They Now? One-Pot Synthesis of Versatile Buckle Units for Click Chemistry: 4,8-Diazacyclononynes (DACNs), SYNLETT, 10.1055/s-0036-1588839, 28, 16, 2110-2114, 2017.10.
5. Hayashi, J.; Uehara, K.; Ano, Y.; Kawasaki, Y.; Igawa, K.; Tomooka, K., Synthesis and Stereochemical Analysis of Dynamic Planar Chiral Nine-membered Diallylic Amide:Significant Substituent Effect on Stereochemical Stability, Heterocycles, 10.3987/COM-18-S(F)92, 99, 856-864, 2019.06.
6. Kawasaki, Y.; Yamanaka, Y.; Seto, Y.; Igawa, K.; Tomooka, K., Synthesis of NMs-DACN: Small and Hydrophilic Click Reaction Device, CHEMISTRY LETTERS, 10.1246/cl.190026, 48, 5, 495-497, 2019.05.
7. Igawa, K.; Kawasaki, Y.; Ano, Y.; Kashiwagi, T.; Ogawa, K.; Hayashi, J.; Morita, R. Yoshioka, Y.; Uehara, K.; Tomooka, K., Preparation of Enantioenriched Chiral Organic Molecules by Dynamic Asymmetric Induction from a Outer Chiral Source, CHEMISTRY LETTERS, 10.1246/cl.190170, 48, 7, 726-729, 2019.07.
8. Masuda, R.; Kawasaki, Y.; Igawa, K.; Manabe, Y.; Fujii, H.; Kato, N.; Tomooka, K.; Ohkanda, J., Copper-Free Huisgen Cycloaddition for the 14-3-3-Templated Synthesis of Fusicoccin-Peptide Conjugates, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 10.1002/asia.202000042, 2020.02.
9. Igawa, K.; Kawasaki, Y.; Nozaki, S.; Kokan, N.; Tomooka, K., Ozone Oxidation of Silylalkene: Mechanistic Study and Application for the Synthesis of Silacarboxylic Acid Derivatives, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 10.1021/acs.joc.9b03350, 85, 6, 4165-4171, 2020.03.
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  3件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本化学会
有機合成化学協会
受賞
味の素 研究企画賞, 有機合成化学協会 , 2020.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 若手研究, 代表, 多分子連結を可能にする新規クリック反応素子の開発とその応用.
2020年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, リン脂質カルジオリピン過酸化物の精密合成に基づくシトクロムcの遊離機構の解明.
寄附金の受入状況
2020年度, 有機合成化学協会 味の素 研究企画賞, 多分子連結素子DACN-MMCの開発と生体機能分子の複合化研究.
2020年度, 公益財団法人 吉田学術教育振興会, 生体機能分子の化学修飾を指向したクリック反応素子の開発.
2019年度, 公益財団法人 柿原科学技術研究財団, 生体分子の化学修飾に有用なクリック反応素子の開発とその応用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」