九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
鶴田 朗人(つるた あきと) データ更新日:2021.06.01



主な研究テーマ
概日時計機構を基盤としたがん悪性化機構の解析
キーワード:がん、概日時計機構
2019.04~2020.09.
従事しているプロジェクト研究
腫瘍内に浸潤した免疫細胞中の概日時計機構変容による腫瘍増殖メカニズムの解明
2020.04~2023.03, 代表者:鶴田 朗人, 九州大学大学院 薬学研究院.
RNAのアセチル化に着目したグリオブラストーマ幹細胞性の制御機構
2019.04~2021.03, 代表者:鶴田 朗人, 九州大学大学院 薬学研究院.
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本臨床薬理学会
日本薬剤学会
日本薬学会
受賞
中村治四郎奨励金, 中村治四郎育英会, 2020.11.
九州がんプロ養成プラン研究奨励賞, 新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン事業運営推進協議会, 2021.02.
APSTJ Global Education Seminar presentation award, 2016.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 研究活動スタート支援, 代表, RNAのアセチル化に着目したグリオブラストーマ幹細胞性の制御機構.
寄附金の受入状況
2021年度, 中村奨励金.
2020年度, 公益財団法人 日本科学協会, 笹川科学研究助成金
研究課題:mRNAアセチル化によるWobble塩基対安定化を介したグリオブラストーマ幹細胞性維持機構の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」