九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
野口 峻佑(のぐち しゅんすけ) データ更新日:2022.06.17



主な研究テーマ
大気循環変動の力学と予測可能性
キーワード:アンサンブル予報、長期予測、異常気象
2013.04.
地球システムにおける要素間結合
キーワード:成層圏-対流圏結合、中高緯度-熱帯結合、大気-海洋結合
2013.04.
高解像度数値シミュレーション
キーワード:階層間相互作用、スーパーコンピュータ
2016.04.
研究業績
主要原著論文
1. Noguchi, S., Kuroda, Y., Kodera, K., Watanabe, S., Robust Enhancement of Tropical Convective Activity by the 2019 Antarctic Sudden Stratospheric Warming, GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 10.1029/2020GL088743, 47, 15, 2020.08.
2. Noguchi, S., Kuroda, Y., Mukougawa, H., Mizuta, R., Kobayashi, C., Impact of Satellite Observations on Forecasting Sudden Stratospheric Warmings, GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 10.1029/2019GL086233, 47, 5, 2020.03.
3. Noguchi, S., Kobayashi, C., On the Reproducibility of the September 2002 Vortex Splitting Event in the Antarctic Stratosphere Achieved without Satellite Observations, QUARTERLY JOURNAL OF THE ROYAL METEOROLOGICAL SOCIETY, 10.1002/qj.3193, 144, 710, 184-194, 2018.01.
4. Noguchi, S., Mukougawa, H., Kuroda, Y.,Mizuta, R., Yabu, S., Yoshimura, H., Predictability of the Stratospheric Polar Vortex Breakdown: An Ensemble Reforecast Experiment for the Splitting Event in January 2009, JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES, 10.1002/2015JD024581, 121, 7, 3388-3404, 2016.04.
5. Noguchi, S., Mukougawa, H., Hirooka, T., Taguchi, M., Yoden, S., Month-to-Month Predictability Variations of the Winter-Time Stratospheric Polar Vortex in an Operational One-month Ensemble Prediction System, JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 10.2151/jmsj.2014-603, 92, 6, 543-558, 2014.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Scaife, A. A., Baldwin, M. P., Butler, A. H., Charlton-Perez, A. J., Domeisen, D. I. V., Garfinkel, C. I., Hardiman, S. C., Haynes, P., Karpechko, A. Y., Lim, E.-P., Noguchi, S., Perlwitz, J., Polvani, L., Richter, J. H., Scinocca, J., Sigmond, M., Shepherd, T. G., Son, S.-W., Thompson, D. W. J, Long-Range Prediction and the Stratosphere, ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS, 10.5194/acp-22-2601-2022, 2022.02.
学会活動
所属学会名
米国地球物理学連合
日本地球惑星科学連合
日本海洋学会
日本気象学会
受賞
優秀発表賞, 平成26年度防災研究所研究発表講演会, 2015.02.
優秀発表賞・研究奨励賞, 平成25年度防災研究所研究発表講演会, 2014.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2022年度~2026年度, 基盤研究(A), 分担, 大気と海洋の波動エネルギー循環のシームレス解析による熱帯・中緯度相互作用の解明.
2021年度~2024年度, 基盤研究(B), 分担, 成層圏力学場が熱帯低気圧の発生・発達過程に与える影響.
2019年度~2022年度, 若手研究, 代表, 成層圏を介した太陽活動変動の地球気候への影響過程における遅延メカニズムの解明.
2016年度~2018年度, 特別研究員奨励費, 代表, 高解像度全球予報システムによる成層圏界面上昇現象のメカニズム及び予測可能性の解明.
2014年度~2015年度, 特別研究員奨励費, 代表, アンサンブル予報実験による成層圏突然昇温現象の生起メカニズム及び予測可能性の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」