九州大学 研究者情報
発表一覧
星野 裕志(ほしの ひろし) データ更新日:2022.05.11

教授 /  経済学研究院 産業マネジメント部門 産業マネジメント


学会発表等
1. Mei-Chuan KO, Kuo-Ching WANG, Tzu-Hsuan LIU, 星野 裕志, Long-Stay in Japan. -The Feasibility of Families visiting from Taiwan-, 2022 International Conference on Hospitality, Tourism, and Leisure: Health, Well-being, and Sustainability, 2022.05.
2. 星野 裕志, 農作物輸出の課題 -サプライチェーンの構築-, 多国籍企業学会 , 2021.07.
3. 星野 裕志, Strategy of Small and Medium Business, Asia Pacific Academia Forum, 2021.07.
4. 星野 裕志, 遠隔教育によるケース・ディスカッション, 第58回 日本医療・病院管理学会学術総会, 2020.10, Demonstration of Case Method teaching.
5. 星野 裕志, New Trend of Maritime Service -Expansion of Panama Canal, The 10th International Conference on Logistics & Transport 2018, 2018.11, New Trading routes including Sea routes and Intermodal services.
6. 星野 裕志, パナマ運河拡張による中南米貿易の変化 −拡張工事から2年の変化ー,  第25回国際ビジネス研究学会全国大会, 2018.10, パナマ運河拡張後2年間の中南米貿易への影響について.
7. 星野 裕志, パナマ運河拡張による中南米貿易の変化 −直接投資と貿易,  第24回国際ビジネス研究学会全国大会, 2017.10, パナマ運河拡張による中南米のプレゼンスの変化とそれに伴う直接投資と貿易への影響について.
8. 星野 裕志, 会長講演 「産業集積による競争と競合」, 日本海運経済学会第51回大会, 2017.10, 日本における産業クラスターとしてのマリタイム・ジャパンの考え方に関する疑問と提言.
9. 星野 裕志, Market Entry Strategies in Developing Countries -Creating New Methods-, #14 International Federation of East Asian Management Associations (IFEAMA), 2017.03, The purpose of this research is to analyze methods for entry into new markets, with cases which suggest ways for entry and expansion of business in developing countries, emerging market and BOP market for Japanese companies..
10. 星野 裕志, パナマ運河拡張の影響ーパナマを中心とする国際物流, 日本海運経済学会第50回記念大会, 2016.10, 本年度6月末に完工したパナマ運河の拡張により、大型船舶がパナマ運河を通航できるようになるとともに、パナマ国内の港湾施設及び国際物流のインフラストラクチャーの整備、コンテナ船社の戦略から、今後パナマを基点とするハブ&スポークシステムが構築され、中南米を中心とする新たな国際物流と貿易の動きが生じる可能性について考察した。.
11. 星野 裕志, 国際輸送における企業間アライアンスの効果と意義 〜航空と海運〜, 組織学会2017年度年次大会, 2016.10, 本大会の統一論題の「競争と協調」に沿って、国際輸送における海運と航空業界の企業間アライアンスの効果と意義について、それぞれの業界の置かれた法的な枠組みの違いと共に考察した。.
12. 星野 裕志, LNG輸送が日本の海運企業に与えた影響 -多国籍企業化の促進-, 日本海運経済学会第49回大会, 2015.10, LNGトレードにおける日本の世界的なプレゼンスの高さを背景に、日本の海運企業がLNG輸送の分野に積極的に参入した結果、日本の海運企業の多国籍企業化が促進されたプロセスと戦略を分析した。.
13. 星野裕志, パナマ運河拡張による貿易及び国際物流への影響, 日本海運経済学会関西部会, 2015.04, 2016年の完工が予定されるパナマ運河の拡張工事が、国際貿易と国際物流に及ぼす影響を考察.
14. 星野裕志, 開発途上国市場への参入の課題 ー現地貢献の事業展開ー, 日本経営学会第88回大会, 2014.09, 日本企業が遅れをとる開発途上国の参入の手法として、NGO、国際機関などの非営利組織と連携することの有効性を考察し、課題と共に提示した。.
15. 星野裕志, ケース・ライティングの技法 「(株)ヨークベニマル」のケースから, ケース・ライティング・ワークショップ, 2014.05, 主宰するケース・メソッド研究会の成果として、平成26年5月25日に西南学院大学において、「ケース・メソッド研究会開催100回記念 ケース・ライティング・ワークショップ」を開催し、ビジネス教育におけるケース・メソッドの手法と有効性について、ディスカッションを行った。.
16. 星野 裕志, Logistics Network in East Asia -Strategy of Ports in the Northern Kyushu Region, 7th Joint Conference by Renmin University of China, Nanjin University and Kyushu University, 2012.11, Current Situation and survival strategy of ports located in the Northern Kyushu Region in the harsh competition among ports in East Asia and in Japan..
17. 星野 裕志, ビジネス・NPO・コミュニティセクターを超えた協働による価値創造 (cross-sector collaboration), 国際ビジネス研究学会 第19回全国大会, 2012.10.
18. 星野裕志, 日本企業とアジアにおける共生の戦略―グラミン・国連機関との連携の事例を中心として, アジア経済学会, 2012.09, 日本企業がアジアにおいて共生する戦略として、開発途上国の社会貢献と市場開拓の両立のあり方について、分野を超えたクロスセクションの連携のモデルを提示することで、提言を行った。.
19. 星野裕志, 開発途上国における連携に基づく新規参入, 多国籍企業学会第4回全国大会, 2012.07.
20. 星野裕志, Behavior and Operation of Japanese Companies in the Service Sector, Columbia University CJEB Seminar, 2012.01.
21. 星野裕志, 多国籍企業の開発途上国へのアプローチ ーソーシャル・ビジネスを中心にー, 多国籍企業学会, 2010.12.
22. 星野裕志, Competition and Collaboration among Container Ports, The 3rd Asian Shipping &Logistics Conference, 2010.04.
23. 星野裕志, 世界の海運業の現状と米国の海事政策, パックスアメリカーナと海洋研究会, 2010.04.
24. 星野裕志, 海運企業のグローバル・オペレーションを支える組織の分析, 日本海運経済学会, 2009.10.
25. 星野裕志, 九州の成長を支える港湾のあり方, 国際東アジア研究センター「アジア講座」, 2009.07.
26. 星野裕志, 海運企業の総合物流戦略 −ロジスティクス・サービス・プロバイダーのSCM対応−, 日本海運経済学会 第40回大会, 2006.10.
27. 星野裕志, 「Positioning of Ports in the Kyushu Region in the Changing Environment of Logistics」
, 2006 Ritsumeikan Asia Pacific Conference, 2006.07, [URL].
28. 星野裕志, 海運企業の物流戦略 −サプライチェーン・マネジメントの対応を中心として−, 日本海運経済学会, 2005.10.
29. 星野裕志, 「Transition from Ethno-centric to Global Operation」, 韓國海運物流学会, 2005.02.
30. 星野裕志, 国際線定期航空会社の多国籍化の可能性と課題, 国際ビジネス研究学会 第11回研究大会, 2004.11.
31. 星野裕志, 定期船海運企業の競争優位性, 日本海運経済学会 第38回大会, 2004.10.
32. 星野裕志, 国際輸送産業(海運と航空)の多国籍化, 多国籍企業研究会合同研究会, 2004.07.
33. 星野裕志, Global Operation under the Ethno-centric Management- A Case of Japanese Tramp Business, The International Association of Maritime Economists Annual Conference 2003, 2003.09.
34. 星野裕志, 非製造企業のオペレーションとマネジメント—航空会社の事例ー, 多国籍企業研究会, 2003.09.
35. 星野裕志, 「不定期船海運の企業間提携 −船隊プールの考察」, 日本海運経済学会 第35回研究報告会, 2001.10.
36. 星野裕志, 「日本型国際経営における地域統括拠点の機能 −海運企業の定期船経営−」,  国際ビジネス研究学会 第8回研究大会, 2001.10.
37. 星野裕志, 「日本の不定期船海運のグローバル化とその影響−LNG輸送のグローバル・オペレーション−」, 日本海運経済学会 第36回大会, 2002.10.
38. 吉原英樹・星野裕志, Roots of Japanese Style International Management –Sogo Shosha-, Association of Japanese Business Studies 14th Annual Conference, 2001.06.
39. 星野裕志, 「海運業の国際化−ステーク・ホルダーの影響−」, 国際ビジネス研究学会 第7回研究大会, 2000.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」