九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宗 知紀(そう ともき) データ更新日:2020.06.02

助教 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物科学


主な研究テーマ
小型野生ネコの保全についての基礎的研究
キーワード:小型野生ネコ、保全
2018.07~2021.03.
マウスの着床に関する研究
キーワード:着床、子宮、胚、ラット
2015.04.
研究業績
主要原著論文
1. Gakushi Kito, Hiroaki Tanaka, Tomoki   Soh, Nobuhiko Yamauchi, Masa-aki Hattori, The putative promoters of germ cell-specific genes and Nanog are hypomethylated in chicken sperm., Journal of Reproduction and Development, 60, 3, 224-229, 2014.06, Germ cell-specific genes such as Ddx4, Dnd1, and Dazl play critical roles in the proliferation and survival of germ cells. However, the methylation state of the promoter in mature germ cells is still unknown. Here, we investigated the methylation levels of these genes and the pluripotency marker gene Nanog in chicken sperm as compared with the Alb gene in the liver. CpG islands and/or promoter motifs such as TATA box, GC box and CAAT box were found within the putative promoter regions that we identified. By using the bisulfite reaction, CpG sites in the putative promoters were converted, and they were analyzed by sequencing. The putative promoters of Ddx4, Dnd1, Dazl and Nanog showed very low methylation levels in sperm, but they were highly methylated in the liver. Conversely, the Alb gene promoter was highly methylated in sperm and hypomethylated in the liver. However, no transcripts of Ddx4, Dnd1, Dazl and Nanog were detected in sperm or the liver. Also, no transcripts of Dnmt1 and Dnmt3a were detected in sperm. Our present results may indicate that these germ cell-specific genes and the pluripotency marker gene are ready to express any time after fertilization. Our findings showing that low methylation and selective DNA methylation of specific genes are present in chicken sperm contribute to our understanding of fertilization and embryogenesis of birds..
2. 木藤学志、荒牧伸弥、田中浩嗣、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, Temporal and Spatial Differential Expression of Chicken Germline-specific Proteins cDAZL, CDH and CVH During Gametogenesis, Journal of Reproduction and Development, 56, 3, 341-346, 2010.06, [URL].
3. 荒牧伸弥、久保田海雄、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, Chicken dead end homologue protein is a nucleoprotein of germ cells including primordial germ cells., Journal of Reproduction and Development, 55, 2, 214-218, 2009.04.
4. Sinya Aramaki, Fuminori Sato, Takako Kato, Tomoki Soh, Yukio Kato, Masa-aki Hattori, Molecular cloning and expression of dead end homologue in chicken primordial germ cells, Cell and Tissue Research, 330:45-52, 2007.07.
5. 宗 知紀・井上良枝・席 咏梅・加藤幸雄・服部眞彰, Production of interspecific germline chimera between quail and chcken utilizing the cells from central disk of blastoderm and germinal crescent region, J. Fac. Agr. Kyushu Univ., 49, 1, 69-75, Vol. 49, No.1, pp69-75, 2004.01.
6. 宗 知紀・井上良枝・席 咏梅・加藤幸雄・服部眞彰, Utilization of central disk of blastoderm and germinal crescent region for production of interspecific germline chimera between chicken and quail., Asian J. Androl., 4, 2, 83-86, Vol. 4: pp83-86, 2002.06.
主要学会発表等
1. #佐藤耀介、#野澤大志、@宗 知紀、@山内伸彦, 小型野生ネコ科動物の保全を目的としたイエネコの尿および糞由来細胞の採取とその特性, 野生動物保全繁殖研究会, 2018.07.
2. 宮川愛美, テイン ゾウ, 田中宏明, 宗 知紀, 山内 伸彦, 服部 眞彰, ニワトリ分泌性神経増殖因子Neudesinによって誘導される生殖細胞の増殖とその特質, 日本繁殖生物学会, 2014.08.
3. Thein Zaw, 木藤学志, 田中宏明, 宮川愛美, 宗 知紀, 山内 伸彦, 服部 眞彰, Effect of neudesin on the proliferation of chicken PGCs and their characterization, 日本畜産学会, 2014.03.
4. 木藤学志, 宮川愛美, 田中 宏明, Thein Zaw, 宗 知紀, 山内 伸彦, 服部 眞彰, 分泌性神経増殖因子Neudesinがニワトリ胚性腺の生殖細胞に及ぼす増殖効果, 日本繁殖生物学会, 2013.09.
5. 田中宏明, 木藤学志, 宮川愛美, Thein Zaw, 宗 知紀, 山内 伸彦, 服部 眞彰, ニワトリ分泌性神経増殖因子Neudesinによって誘導される生殖系列幹細胞の増殖とその特質, 日本繁殖生物学会, 2013.09.
6. Gakushi Kito, Hiroaki Tanaka, Tomoki   Soh, Nobuhiko Yamauchi, Masa-aki Hattori, Differential regulation of germ cell specific gene expression
between germ cells and somatic cells, International Joint Symposium Between Japan and Korea, 2012.11.
7. 田中宏明, 木藤学志, 宮川愛美, 宗 知紀, 山内 伸彦, 服部 眞彰, ニワトリ分泌性神経増殖因子cNENFによる生殖系列幹細胞の増殖, 日本繁殖生物学会, 2012.09.
8. 木藤 学志, 田中 宏明, 宗 知紀, 山内 伸彦, 服部 眞彰, ニワトリ生殖細胞の分化に伴う転写開始点上流域のメチル化の変化, 日本繁殖生物学会, 2012.09.
9. 木藤学志・丹生聡・荒牧伸弥・宗知紀・山内伸彦・服部眞彰, オートクリン性神経細胞増殖因子cNENFがニワトリ生殖系列幹細胞で発現する, 日本畜産学会, 2012.03.
10. Satoshi Nyu, Gakushi Kito, Shinya Aramaki, Tomoki   Soh, Nobuhiko Yamauchi, Masa-aki Hattori, Expression and Function of NENF, Neuron-Derived Neurotrophic Factor, in Chicken Primordial Germ Cells, 米国生殖生物学会(SSR), 2011.07.
11. 丹生 聡、木藤学志、荒牧伸弥、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, ニワトリ生殖系列幹細胞における神経細胞増殖因子の発現, 日本暖地畜産学会, 2010.10.
12. 木藤学志、荒牧伸弥、田中浩嗣、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, ニワトリ生殖細胞の発生・分化に伴う生殖系列特異的タンパク質の発現相違, 日本畜産学会, 2010.03.
13. 木藤学士、荒牧伸弥、田中浩嗣、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, Intracellular localization and expression of a germline-specific protein cDAZL during chicken gametogenesis, 日韓合同シンポジウム, 2009.11.
14. 木藤学志、荒牧伸弥、田中浩嗣、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, ニワトリ生殖細胞の分化に伴うDAZLとCVHの発現比較, 日本繁殖生物学会, 2009.09.
15. 荒牧伸弥、加藤たか子、宗 知紀、山内伸彦、加藤幸雄、服部眞彰, Molecular cloning and expression of dead end homologue in chicken germ cells., World congress on reproductive biology, 2008.05.
16. 木藤学志、荒牧伸弥、田中浩嗣、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, ニワトリ始原生殖細胞で発現するChicken Vasa Homologue (CVH) とDeleted in Azoospermia-Like (dazl) の抗体作製, 西日本畜産学会, 2008.10.
17. 浦田奈留美、荒牧伸弥、黒川雅俊、宗 知紀、山内伸彦、服部眞彰, ニワトリ始原生殖細胞で発現する遺伝子のシングルセルサブトラクションクローニング, 日本繁殖生物学会, 2008.09.
18. 荒牧伸弥、加藤たか子、宗 知紀、山内伸彦、加藤幸雄、服部眞彰, ニワトリdead end タンパクは生殖細胞の核タンパクである, 日本繁殖生物学会, 2008.09.
19. 荒牧伸弥、加藤たか子、宗 知紀、加藤幸雄、服部眞彰, ニワトリdead end 遺伝子の分子クローニングと始原生殖細胞での発現, 日本繁殖生物学会, 2007.10.
20. 荒牧伸弥・佐藤文規・宗 知紀・山内伸彦・服部眞彰, dead endプローブを使ったwhole-mount in situ hybridization によるニワトリ初期胚における始原生殖細胞の観察, 日本家禽学会, 2006.03.
21. 宗 知紀・井上良枝・席 咏梅・加藤幸雄・服部眞彰, ウズラ胚由来の細胞をドナーに用いたキメラニワトリの作出, 西日本畜産学, 2003.10.
学会活動
所属学会名
日本繁殖生物学会
日本家禽学会
日本暖地畜産学会
鳥類内分泌研究会
日本畜産学会
学協会役員等への就任
2017.10~2019.09, 日本暖地畜産学会, 幹事.
2017.10~2019.09, 日本暖地畜産学会, 幹事.
2002.10~2008.09, 西日本畜産学会, 福岡県幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.27~2021.03.30, 日本畜産学会第128回大会, 会計.
2018.10.20~2019.05.21, 日本暖地畜産学会長崎大会, 常任幹事.
2017.10.21~2017.10.22, 日本暖地畜産学会, 県幹事.
2003.10~2003.10, 西日本畜産学会, 座長(Chairmanship).
2004.10~2004.10, 西日本畜産学会, 座長(Chairmanship).
2005.10~2005.10, 西日本畜産学会, 座長(Chairmanship).
2006.10~2006.10, 西日本畜産学会, 座長(Chairmanship).
2007.10~2007.10, 西日本畜産学会, 座長(Chairmanship).
2012.11.10~2012.11.11, 日本暖地畜産学会, 福岡県幹事、役員会・総会担当.
2011.10.29~2011.10.30, 日本暖地畜産学会, 福岡県幹事.
2008.10.24~2008.10.24, 西日本畜産学会役員会, 県幹事.
2008.09.18~2008.09.20, 第101回日本繁殖生物学会, 事務局スタッフ.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2015年度    
2014年度      
2012年度    
2011年度    
2010年度      
2009年度
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2002年度    
2003年度    
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2015.04~2016.09, 1ヶ月以上, Kafr-Sheikh University, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2008.11~2009.01, 1ヶ月以上, Kafrelsheikh Univ., Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2007.10~2010.09, 1ヶ月以上, 浙江大学, China, 日本学術振興会.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 小型野生ネコの保全を目的とする非侵襲的なドナー細胞の採取とクローン胚作製への応用.
2018年度~2020年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 小型野生ネコの保全を目的とする非侵襲的なドナー細胞の採取とクローン胚作製への応用.
2019年度~2021年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 小型野生ネコの保全を目的とする非侵襲的なドナー細胞の採取とクローン胚作製への
応用.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2011.06~2012.02, 分担, 土壌炭素貯留調査のうちのバイオ菌試験.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」