九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
諸井 亮司(もろい りょうじ) データ更新日:2022.06.08

助教 /  九州大学病院 口腔機能修復科 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
顎顔面補綴装置の評価 口腔機能計測の妥当性について
キーワード:顎顔面補綴、 口腔機能評価
2020.04~2023.03.
メカニカルストレスによる顎堤の骨吸収メカニズムの解明
キーワード:骨吸収 破骨細胞
2012.04.
破骨細胞による骨吸収に関する研究
キーワード:破骨細胞、カテプシンK、カテプシンL、シスタチンC
1992.04~2001.08.
骨形成・吸収関連遺伝子に関する研究
キーワード:NFkB
2001.05~2004.05.
自浄作用効果をもつ光触媒二酸化チタン添加義歯床用レジンの開発
キーワード:光触媒 二酸化チタン 義歯床用レジン
2001.01.
研究業績
主要原著論文
1. Yoichiro Ogino , Natsue Fujikawa , Sayuri Koga , Ryoji Moroi , Kiyoshi Koyano , A retrospective cross-sectional analysis of swallowing and tongue functions in maxillectomy patients, Support Care Cancer, 10.1007/s00520-021-06186-w, 2021.03.
2. Natsue Fujikawa , Yoichiro Ogino , Sayuri Koga , Machiko Ueno , Ryoji Moroi , Kiyoshi Koyano , Validation of masticatory function and related factors in maxillectomy patients based on the concept of "oral hypofunction": A retrospective cross-sectional study, J Prosthodont Res, 10.2186/jpr.JPR_D_20_00047, 2020.12.
3. Masayuki Uchimaru, Takako Sakai, Ryoji Moroi, Susumu Shiota, Yukie Shibata, Mikito Deguchi, Hidetaka Sakai, Yoshihisa Yamashita, Yoshihiro TERADA, Antimicrobial and antifungal effects of tissue conditioners containing a photocatalyst., Dental Materials Journal, 30, 5, 691-699, 2011.09.
4. Yali CHENG, Takako SAKAI, Ryoji MOROI, Masaharu NAKAGAWA, Hidetaka SAKAI, Tetsuro OGATA, Yoshihiro TERADA, Self-cleaning Ability of a Photocatalyst-containing Denture Base Material, Dental Material Journal, 27(2):179-186, 2008.04.
5. Kamolmatyakul S, Chen W, Yang S, Abe Y, Moroi R, Ashique AM, Li YP., IL-1alpha stimulates cathepsin K expression in osteoclasts via the tyrosine kinase-NF-kappaB pathway., J Dent Res., 83(10):791-6., 2004.10.
6. Moroi R., Yamaza T., Nishiura T., Nishimura Y., Terada Y., Abe K., Himeno M., Tanaka T., Immunocytochemical study of cathepsin L and rat salivary cystatin-3 in rat osteoclasts treated E-64, Arch oral Biol, Vol.42,No.4,pp.305-315, 1997.01.
7. Moroi R., Yamaza T., Ayukawa Y., Kiyoshima T., Ohsaki Y., Nishimura Y., Terada Y., Himeno M., Tanaka T., The changes in the immunocytochemical localization of cathepsin L and type I collagen in rat osteoclasts treated with E-64, Acta Histochem Cytochem, Vol.28,No.6,pp.523-531, 1995.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 首藤 崇裕, 和智 貴紀, 片山 洋子, 篠原 義憲, 的野 良就, 諸井 亮司, 牧平 清超, ラット実験モデルを用いたインプラント周囲粘膜炎の解析, 日本補綴歯科学会 第123回学術大会, 2014.05.
2. 和智 貴紀, 首藤 崇裕, 中村 優介, 的野 良就, 篠原 義憲, 諸井 亮司, 牧平 清超, インプラント体表面からの溶出チタンの検討, 日本補綴歯科学会 第123回学術大会, 2014.05.
3. 諸井亮司,内丸雅之,坂井貴子,出口幹人 *,寺田善博(九州大,* ㈱松風), 光触媒材料含有粘膜調整材の抗菌・抗真菌効果の持続性, 社団法人日本補綴歯科学会第120回記念学術大会, 2011.05.
4. ○岡崎昌太,牧平清超 *,峯 裕一,首藤崇裕 *,諸井亮司 *,寺田善博 *,二川浩樹(広島大,* 九州大), メカニカルストレスに対する破骨細胞の反応にカルシウムの流入が関与している
, 社団法人日本補綴歯科学会第120回記念学術大会, 2011.05.
学会活動
所属学会名
歯科基礎医学会
日本骨代謝学会
日本補綴歯科学会
Japanese Society for Bone and Mineral Research
Japanese Association for Oral Biology
Japan Prosthodontic Society
日本老年歯科医学会
日本顎顔面補綴学会
日本補綴歯科学会
学協会役員等への就任
2008.04~2010.03, 日本老年歯科医学会, 幹事.
2007.01~2010.12, 日本顎顔面補綴学会, 幹事.
2005.01~2006.12, 日本顎顔面補綴学会, 幹事.
2005.04~2007.03, (社)日本補綴歯科学会, 幹事.
2003.04~2005.03, 日本補綴歯科学会, 幹事.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The Forsyth Institute, UnitedStatesofAmerica, 2001.05~2002.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 口腔機能低下症の観点からの顎顔面補綴装置の評価 妥当性と有効性の包括評価.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 磁性ナノ粒子を用いたセメント質の再生.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」