九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
藤田 恭之(ふじたやすゆき) データ更新日:2022.04.06



主な研究テーマ
Elastographyを用いた胎盤弾性評価の臨床応用に関する研究
キーワード:弾性評価、胎盤、妊娠高血圧症候群
2013.05.
ME機器を用いた胎児循環評価法に関する研究
キーワード:大動脈脈波、胎児心時相解析、胎盤組織弾性評価
1999.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Fujita, Yasuyuki; Nakanishi, Takako Ohmaru; Sugitani, Maiko; Kato, Kiyoko , PLACENTAL ELASTICITY AS A NEW NON-INVASIVE PREDICTIVE MARKER OF PRE-ECLAMPSIA, ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY, 10.1016/j.ultrasmedbio.2018.09.007, 45, 1, 93-97, 2019.01.
2. Fujita Y, Kiyokoba R, Yumoto Y, Kato K., Max dD/Dt: A Novel Parameter to Assess Fetal Cardiac Contractility and a Substitute for Max dP/Dt, ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY, 10.1016/j.ultrasmedbio.2018.02.001., 44, 7, 1433-1438, 2018.07.
3. Ohmaru, Takako; Fujita, Yasuyuki; Sugitani, Maiko; Shimokawa, Mototsugu; Fukushima, Kotaro; Kato, Kiyoko, Placental elasticity evaluation using virtual touch tissue quantification during pregnancy, PLACENTA, 10.1016/j.placenta.2015.06.008, 36, 8, 915-920, 2015.08.
4. Ohmaru, Takako; Fujita, Yasuyuki; Sugitani, Maiko; Shimokawa, Mototsugu; Fukushima, Kotaro; Kato, Kiyoko, Placental elasticity evaluation using virtual touch tissue quantification during pregnancy, PLACENTA, 10.1016/j.placenta.2015.06.008, 36, 8, 915-920, 2015.08.
5. Ohmaru Takako, Yasuyuki Fujita, Maiko Sugitani, 下川 元継, Kotaro Fukushima, Kiyoko Kato, Placental elasticity evaluation using virtual touch tissue quantification during pregnancy, Placenta, 10.1016/j.placenta.2015.06.008, 36, 8, 915-920, 2015.08.
6. Tomonobu Uozumi, Yasuyuki Fujita, Kiyomi Tsukimori, Naoki Fusazaki, Makoto Nishibatake, Kiyoko Kato, Prenatal ultrasonographic diagnosis of Uhl anomaly, Case Reports in Perinatal Medicine, 1-4, 2014.07.
7. Tomoka Jimbo, Yasuyuki Fujita, YASUO YUMOTO, Kotaro Fukushima, Kiyoko Kato, Rare fetal complications associated with placental mesenchymal dysplasia: A report of two cases, The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, 41, 2, 304-308, 2014.06.
8. Maiko Sugitani, Yasuyuki Fujita, YASUO YUMOTO, Kotaro Fukushima, Tadahisa Takeuchi, 下川 元継, Kiyoko Kato, A new method for measurement of placental elasticity: Acoustic radiation force impulse imaging, Placenta, 34, 1009-1013, 2013.10.
9. Keiko Kawamura, Yasuyuki Fujita, Kotaro Fukushima, Kiyoko Kato, Rare sonographic finding of osteogenesis imperfecta type 2: Fluid retention in the subarachnoid space, Journal of Medical Ultrasonics
, 10.1007/s10396-013-0436-5, 40, 4, 459-461, 2013.10.
10. Yasuyuki Fujita, Shoji Satoh, Maiko Sugitani, YASUO YUMOTO, Kotaro Fukushima, Norio Wake, Clinical utility of augmentation index as a new parameter of peripheral circulation in human fetuses, Early Human Development, 10.1016/j.earlhumdev.2013.03.004. Epub 2013 Apr 3., 89, 8, 601-605, 2013.08, BACKGROUND: Augmentation index (AI) is calculated from the central arterial pressure or pulse waveform and known as a parameter to evaluate arterial vascular function in adults. Patients with deterioration of peripheral circulation will demonstrate increased AI values as well as those with cardiovascular risks. It is because increased AI is caused by the early timing of the reflection wave from the periphery. On the other hand, in fetuses, although arterial pressure waveforms are not available, pulse waveforms of fetal descending aorta are recordable by using an echo-tracking system. Therefore in this study we aimed to evaluate the utility of fetal AI calculated from aortic pulse waveforms for detecting the altered peripheral circulation in human fetuses.

STUDY DESIGN: Fetal AI was calculated from pulse waveforms in the descending aorta using an echo-tracking system. In a cross-sectional study of 105 normal fetuses, the reference range was constructed using linear regression analysis. Retrospectively, 36 growth-restricted fetuses were divided into 2 subgroups, normal (n=21) and increased AIx (n=15), based on the 90th percentile value of normal fetuses. Clinical parameters were compared using Fisher's exact test or Mann-Whitney U test.

RESULTS: Fetal AI decreased linearly with advancing gestational age (r(2)=0.820). The incidences of umbilical artery absent/reversed end-diastolic flow, brain-sparing effect, and oligohydramnios were significantly higher in the increased AI group than the normal AI group.

CONCLUSION: Fetal AI has a possibility to detect deteriorated peripheral circulation in the fetal body as well as fetoplacental circulation..
11. Yuka Sato, Yasuyuki Fujita, Ai Anami, YASUO YUMOTO, Kotaro Fukushima, Norio Wake, Doppler sonographic evaluation of arteriovenous shunt flow in a fetus with dural sinus malformation., The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, 10.1016/j.earlhumdev.2013.03.004., 39, 5, 1081-1084, 2013.05.
12. Atsuhiko Sakai, Yasuyuki Fujita, YASUO YUMOTO, Kotaro Fukushima, Hiroaki Kobayashi, Norio Wake, Successful management of cervico-isthmic pregnancy delivered at term, The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, 10.1111/j.1447-0756.2012.01967.x. , 39, 1, 371-374, 2013.01.
13. Fujita Y, Athayde N, Tokunaga S, Trudinger B, Measurement of cardiac contractility using fetal isovolumetric contraction time in fetal tachyarrhythmia
, Ultrasound Med Biol, 2011.01.
14. Fujita Y, Satoh S, Koga T, Mori A, Nakano H., Aortic pulse waveforms for evaluating cardiac performance in the human fetus., Ultrasound Med Biol., 10.1016/S0301-5629(02)00609-9, 28, 10, 1245-1250, 28(10):1245-50.
, 2002.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 藤田 恭之, 加藤 聖子, 先天性横隔膜ヘルニア最新の治療と今後の課題
胎児診断後の母体の管理
, 小児外科 Vol.48 No.5, 2016.05.
2. 藤田 恭之, 【母体・胎児編】妊娠中・後期〔胎児〕 84 胎児発育不全(FGR)-タイプ分類を怠るべからず
, 周産期医学 増刊号 「周産期診療べからず集」, 2015.12.
3. 藤田 恭之, 若手の最新研究紹介コーナー 「超音波機器を用いた新たな胎児心・循環機能評価法に関する研究」, 産科と婦人科, 2012.09.
主要学会発表等
1. 藤田 恭之, 周産期領域におけるME機器を用いた新たな機能評価法
, 第18回 産婦人科MEセミナー, 2016.02.
2. 藤田 恭之, 外科治療を要する児が超・極低出生体重児と予想される場合の産科的管理, 第52回 日本周産期・新生児医学会学術集会, 2016.07.
3. 藤田 恭之, 胎児大動脈脈波波形解析を用いた心・末梢循環機能評価法に関する研究, 第39回 日本母体胎児医学会, 2016.08.
4. 藤田 恭之, 子宮頚峡部ならびに帝王切開瘢痕部妊娠の管理方針の策定に向けて ~当院症例の検討から~, 第51回 日本周産期・新生児医学会学術集会, 2015.07.
5. 嘉村 俊佑, 村田 将春, 城戸 咲, 日高 庸博, 藤田 恭之, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 子宮底部筋腫を伴う嵌頓妊娠子宮の一例, 第51回 日本周産期・新生児医学会学術集会, 2015.07.
6. 藤田 恭之, 胎児大動脈脈波波形解析を用いた心・末梢循環機能評価法に関する研究, 第68回 日本産科婦人科学会, 2016.04.
7. 大丸 貴子, 藤田 恭之, 杉谷 麻伊子, 日高 庸博, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 音響放射圧による剪断弾性波伝搬速度測定を用いた新たな胎盤機能評価法に関する研究(続報);疾患別による検討, 第67回 日本産科婦人科学会, 2015.04.
8. Takako Ohmaru, Yasuyuki Fujita, Maiko Sugitani, Kotaro Fukushima, Kiyoko Kato, Analysis of placental elasticity using Virtual Touch Tissue Quantification during pregnancy., IFPA (International Federation of Placenta Associations) Meeting 2014, 2014.09.
9. 大丸 貴子, 藤田 恭之, 日高 庸博, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 胎盤における線維化関連因子発現の組織染色による定量評価法, 2014.10.
10. 魚住 友信, 藤田 恭之, 湯元 康夫, 月森 清巳, 中並 尚幸, 日高 庸博, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 出生前診断しえた胎児ウール病の一例, 第50回日本周産期・新生児学医会, 2014.07.
11. 吉田 紘子, 藤田 恭之, 日高 庸博, 湯元 康夫, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 妊娠初期の超音波検査が有用であった常位胎盤付着の子宮頸峡部妊娠の一例, 第50回日本周産期・新生児学医会, 2014.07.
12. Yasuyuki Fujita, Hiroko Yoshida, Saki Kido, Arisa Fujiwara, Nobuhiro Hidaka, YASUO YUMOTO, Kotaro Fukushima, Kiyoko Kato, A case of cervico-isthmic pregnancy without placenta previa; the importance of the 1st trimester sonography for the diagnosis, 第66回日本産科婦人科学会 International Session, 2014.04.
13. 杉谷 麻伊子, 藤田 恭之, 日高 庸博, 湯元 康夫, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 音響放射圧(ARFI)による胎盤弾性評価に関する研究;妊娠中・後期での検討, 第66回 日本産科婦人科学会, 2014.04.
14. 佐藤 由佳, 藤田 恭之, 穴見 愛, 藤原 ありさ, 湯元 康夫, 福嶋 恒太郎, 和氣 徳夫, 超音波ドプラ法で動静脈シャント血流を評価した胎児硬膜静脈洞奇形の一例, 第86回 日本超音波医学会, 2013.05.
15. 神保 友香, 藤田 恭之, 湯元 康夫, 今村 紘子, 兼城 英輔, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 異なる臨床経過をたどった間葉性異形成胎盤の4例, 第65回 日本産科婦人科学会, 2013.05.
16. 杉谷 麻伊子, 藤田 恭之, 穴見 愛, 藤原 ありさ, 湯元 康夫, 福嶋 恒太郎, 加藤 聖子, 音響放射圧(ARFI)による剪断弾性波伝播速度測定を用いた新たな胎盤機能評価法に関する研究, 第65回 日本産科婦人科学会, 2013.05.
17. 杉谷 麻伊子, 藤田 恭之, 穴見 愛, 藤原 ありさ, 湯元 康夫, 福嶋 恒太郎, 和氣 徳夫, 音響放射圧(Acoustic Radiation Force Impulse;ARFI)を用いた胎盤弾性評価による新たな胎盤機能評価法に関する研究, 第85回 日本超音波医学会, 2012.05.
18. 杉谷 麻伊子, 藤田 恭之, 穴見 愛, 藤原 ありさ, 湯元 康夫, 福嶋 恒太郎, 和氣 徳夫, 音響放射圧(Acoustic Radiation Force Impulse;ARFI)で測定した胎盤弾性に関する研究, 第64回 日本産科婦人科学会, 2012.05.
学会活動
所属学会名
日本婦人科腫瘍学会
日本産科婦人科学会
日本超音波医学会
日本周産期・新生児医学会
人類遺伝学会
日本母体胎児医学会
日本胎児心臓病学会
学協会役員等への就任
2019.07~2021.07, 日本母体胎児学会, 幹事.
2014.04~2019.05, 日本産科婦人科学会, 周産期委員会 周産期登録拡張検討小委員会委員.
2014.04~2018.04, 日本周産期・新生児医学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.10.08~2016.10.08, 第51回 福岡周産期懇話会, 座長(Chairmanship).
2016.07.16~2016.07.18, 第52回 日本周産期・新生児医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2016.05.21~2016.05.22, 第73回 九州連合産科婦人科学会, 座長(Chairmanship).
2016.07.21~2016.07.23, 第52回 日本周産期・新生児医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2016.03.21~2016.03.21, 産科超音波アドバンストセミナー, 座長(Chairmanship).
2015.07.10~2015.07.12, 第51回 日本周産期・新生児医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2015.04.09~2015.04.12, 第67回 日本産科婦人科学会学術講演会, 座長(Chairmanship).
2015.02.13~2015.02.14, 第21回 日本胎児心臓病学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.06.08~2013.06.09, 第70回 九州連合産科婦人科学会、 第64回日本産婦人科医会九州ブロック会, 座長(Chairmanship).
2008.04~2008.04, 日本産婦人科学会, International Seminar for Junior Fellowsにおけるチューター.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度      
2020年度      
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度   14 
2015年度   14 
2014年度     10 
2013年度    
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Fetal Welfare Lab., Westmead Hospital at the University of Sydney, Australia, 2005.06~2007.06.
研究資金
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2009年度, 公益信託 九州大学医学部婦人科産科学研究助成基金, 代表, 胎児心時相解析と大動脈脈波波形解析による生理学的ならびに胎児臍帯血中脳Na利尿ペプチド測定による生化学的ヒト胎児心・循環機能評価法の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」