九州大学 研究者情報
著書一覧
住吉 大輔(すみよしだいすけ) データ更新日:2021.09.03

教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 持続建築エネルギー学


著書
1. 住吉大輔、岡本洋明、中村美紀子、鶴崎敬大、宮田征門、澤地孝男、桑沢保夫, 建築研究資料No.191業務用コージェネレーション設備の性能評価手法の高度化に関する研究, 国立研究開発法人 建築研究所, 2019.04, [URL].
2. Toshiyuki Watanabe, Daisuke Sumiyoshi , Sustainable Houses and Living in the Hot-Humid Climates of Asia, Springer, 10.1007/978-981-10-8465-2, Part I Vernacular Architecture 7.China: Houses for Ethnic Minorities in Yunnan Province, 2018.05, [URL].
3. 住吉 大輔, 見る・使う・学ぶ 新世代の環境建築システム, 日本建築学会編,技報堂出版,全165ページ(うち66~68ページ「5.3 デシカント空調を学ぶ」を担当), 2016.06.
4. 住吉 大輔, 他, 温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン エネルギー消費50%削減を目指す住宅設計, 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構, 2015.08, 5.6 コージェネレーションシステムの導入を担当.
5. 住吉 大輔, 他10名, 持続可能な低炭素都市の形成にむけて, 花書院, 2015.03, 「9章 建築空調設備のコミッショニング」を担当(15ページ).
6. 住吉 大輔, 他33名, 準寒冷地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン エネルギー消費50%削減を目指す住宅設計, 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構, 2012.07, 5.6 コージェネレーションシステムの導入を担当(10ページ).
7. 西尾信次、住吉大輔、根津浩一郎、澤地孝男, 住宅・建築物省CO2推進モデル事業全般部門(平成20年度・21年度)における採択事例の評価分析, 独立行政法人建築研究所, ISSN 0286-4630, 2010.05.
8. 赤司泰義、佐川康貴、崎野健治、住吉大輔、林徹夫、松下博通, 臨床建築学 -環境負荷低減のための建物診断・維持管理技術-, 2008.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」