九州大学 研究者情報
論文一覧
井手 喜彦(いで よしひこ) データ更新日:2022.06.30

助教 /  工学研究院 附属アジア防災研究センター 沿岸海洋工学


原著論文
1. 吉野日和吏,橋本典明,井手喜彦,川口浩二,三井正雄, バイスペクトルとニューラルネットワークを用いた水圧波から表面波への換算法の開発, 土木学会論文集B2(海岸工学), 77, 2, I_55-I_60, 2021.11, [URL].
2. 井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, ベイズ最適化を用いた新たな最悪台風経路探索手法の提案, 土木学会論文集B2(海岸工学), 78, 1, 1-16, 2021.11, [URL].
3. 枩永卓也,井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, 出水時の有明海を対象とした土砂動態特性の把握, 土木学会論文集B2(海岸工学), 77, 2, I_499-I_504, 2021.11, [URL].
4. 鈴木聖悟,井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, 風からの抗力を考慮した非構造格子流木漂流シミュレーションモデルの開発, 土木学会論文集B2(海岸工学), 77, 2, I_325-I_330, 2021.11, [URL].
5. 井手喜彦,大橋果歩,琴浦毅,山城賢,橋本典明,児玉充由, 海上工事における施可否判断の高精度化を目的とした機械学習の適用, 土木学会論文集B3(海洋開発), 77, 2, I_1-I_6, 2021.06, [URL].
6. 竹田聖二,井手喜彦,児玉充由,橋本典明,山城賢, 機械学習を用いた確率論的リアルタイム高潮予測システムの開発, 土木学会論文集B3(海洋開発), 77, 2, I_907-I_912, 2021.06, [URL].
7. Yoshihiko Ide, Masaru Yamashiro, Noriaki Hashimoto, Proposal of new indexes for development characteristics of storm surge considering topographical features and tides, Coastal Engineering Journal, https://doi.org/10.1080/21664250.2021.1883292, 2021.01.
8. 柴田大輝,児玉充由,井手喜彦,橋本典明,山城賢, 自己組織化マップを用いた台風来襲時における降水量の将来変化に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), 76, 2, 2020.11.
9. 山縣史朗,川添僚太,井手喜彦,山城賢,升永史織, 非構造格子系を用いた流れから波浪1-wayカップリングモデルの開発に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), 76, 2, 2020.11.
10. 新見将輝,中川康之,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 博多湾で生じる副振動とそれによる浸水被害の可能性に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), 76, 2, 2020.11.
11. 井手喜彦,高良匠,児玉充由,山城賢,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データを用いた周防灘における高潮特性の長期予測, 土木学会論文集B3(海洋開発), 76, 2, 2020.07.
12. 柴田大輝,児玉充由,井手喜彦,橋本典明,山城賢, 自己組織化マップを用いた有明海に接近する台風の経路と高潮の将来変化に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 76, 2, 2020.07.
13. 園田彩乃,井手喜彦,山城賢,橋本典明,鈴山勝之, 周防灘における将来の高潮に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.75.I_1183, 第75巻, 2号, I_1183-I_1188, 第75巻2号,pp. I_1183-I_1188, 2019.10.
14. 井手喜彦,竹田聖二,児玉充由,山城賢,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データ(d4PDF)に基づく有明海周辺での台風特性の将来変化に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.75.I_55, 第75巻, 2号, I_55-I_60, 第75巻2号,pp. I_55-I_60, 2019.07.
15. Yoshihiko Ide,Noriaki Hashimoto,Masaru Yamashiro,Mitsuyoshi Kodama, Case Study on Designing Adaptation Measures against Storm Surge Disasters along Innermost Coast of Ariake Sea, JAPAN, Proceedings of the International Society of Offshore and Polar Engineers, 2019.06.
16. 井手喜彦,鶴田友莉,山城賢,橋本典明, 佐賀平野における各種高潮対策施設の効果に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.74.I_565, 第74巻, 2号, I_565-I_570, 第74巻2号,pp. I_565-I_570, 2018.11.
17. Md Abdul Al Mohit,Masaru Yamashiro,Noriaki Hashimoto,Md. Bodruddoza Mia,Yoshihiko Ide,Mitsuyoshi Kodama, Impact Assessment of a Major River Basin in Bangladesh on Storm Surge Simulation, Journal of Marine Science and Engineering, 10.3390/jmse6030099, 6(3), 6(3), 99, 2018.08.
18. Md Abdul Al Mohit,Masaru Yamashiro,Yoshihiko Ide,Mitsuyoshi Kodama,Noriaki Hashimoto, Tropical Cyclone Activity Analysis Using MRI-AGCM and d4PDF Data, International Society of Offshore and Polar Engineers, ISBN: 978-1-880653-87-6, 2018.06.
19. 横田雅紀,橋本典明,山城賢,井手喜彦,児玉充由, 有明海湾奥部における高潮発生時の波浪推算に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.74.I_605, 第74巻, 2号, I_605-I_610, 第74巻2号,pp. I_605-I_610, 2018.07.
20. 井手喜彦,中尾直幸,児玉充由,橋本典明,山城賢, 海面水温の将来変化パターンによる近未来の台風特性の相違に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.74.I_587, 第74巻, 2号, I_587-I_592, 第74巻2号,pp. I_587-I_592, 2018.07.
21. 井手喜彦,一色勇志,児玉充由,橋本典明,山城賢, 将来気候データにおける台風中心気圧のバイアス補正手法に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.73.I_1417, 73巻, 2号, I_1417-I_1422, 第73巻2号,pp. I_1417-I_1422, 2017.10.
22. 井手喜彦,山上澪,山城賢,橋本典明, 経験的台風モデルにより推算された風場の補正法の構築, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.73.I_144, 第73巻, 2号, I_144-I_149, 第73巻2号,pp. I_144-I_149, 2017.06.
23. Md Abdul Al Mohit,Yoshihiko Ide,Masaru Yamashiro,Noriaki Hashimoto, A Comparative Study of Two Different Numerical Methods on Storm Surge, Asian and Pacific Coasts 2017, https://doi.org/10.1142/9789813233812_0016, 12, 163-174, No. 12, pp. 163-174, 2017.04.
24. Yoshihiko Ide,Yutaka Yoshikawa, Effects of diurnal cycle of surface heat flux on wind-driven flow, Journal of Oceanography, https://doi.org/10.1007/s10872-015-0328-y, 72, 2, 263-280, Vol. 72, Issue 2, pp. 263–280, 2016.04.
25. Noriaki Hashimoto,Masaki Yokota,Masaru Yamashiro,Yukihiro Kinashi,Yoshihiko Ide,Mitsuyoshi Kodama, Numerical Simulations of Storm-Surge Inundation Along Innermost Coast of Ariake Sea Based on Past Violent Typhoons, J. Disaster Res., https://doi.org/10.20965/jdr.2016.p1221, 11, 6, 1221-1227, Vol. 11, No. 6, pp. 1221-1227, 2016.04.
26. 井手喜彦,白木喜章,柴木秀之,柳哲雄, 洞海湾の貧酸素水塊解消機構の解明, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.71.I_1291, 71, 2, I_1291-I_1296, 第71巻2号,pp. I_1291- I_1296, 2015.10.
27. 白木喜章,鈴山勝之,井手喜彦,柴木秀之,金城賢,新城光雄,古川哲己, 沖縄海域に適用可能な流動シミュレーションモデルの構築, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.71.I_397, 71, 2, I_397-I_402, 第71巻2号,pp.I_397-I_402, 2015.10.
28. 白木喜章,井手喜彦,柴木秀之,中道正人,河野正文,黒田祐一, 流況シミュレーション情報を利用した底質性状の推定法について, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.71.I_311, 71, 2, I_311-I_316, 第71巻2号,pp. I_311-I_316, 2015.07.
29. Kaoru Ichikawa,Wen Chang Yang,Akihiko Morimoto,Yutaka Yoshikawa,Shigeo Sugitani,Wen-Shan Chiang,Jian-Wu Lai,En Yu Liang,Cho-Teng Liu,Chang-Wei Lee,Kei Yufu,Moeto Kyushima,Satoshi Fujii,Tomoharu Senju,Yoshihiko Ide, Preliminary results of the Japan-Taiwan joint survey on combining ocean radar data in the Kuroshio upstream region, Ocean Science Journal, 10.1007/s12601-013-0011-4, 48, 1, 141-148, Vol. 48, Issue 1, pp. 141–148, 2013.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」