九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
森本 有紀(もりもと ゆうき) データ更新日:2020.08.17



主な研究テーマ
コンピュータグラフィックス分野において、染色模様のシミュレーション、画像のイラスト化、アニメ風表現、デザイン支援、その他の研究を行ってきました。

キーワード:研究における興味:コンピュータグラフィックス、シミュレーション、インタラクション、インターフェース、アニメ、イラスト、デザイン、仮想現実、メディアアート、ファブリケーション
2004.04~2016.09.
研究業績
主要著書
1. 山本 醍田, 鈴木 健太郎, 小口 貴弘, 德吉 雄介, 白鳥 貴亮, 向井 智彦, 五十嵐 悠紀, 岡部 誠, 森本 有紀, 上瀧 剛, 坂東 洋介, Computer Graphics Gems JP 2015 -コンピュータグラフィックス技術の最前線-(chapter 10), 株式会社 ボーンデジタル, 2015.09.
主要原著論文
1. Morimoto, Y., Sato, H., Hiramatsu, C., Seno, T., Material surface properties modulate vection strength, Experimental Brain Research, 2019.08, [URL].
2. 森本有紀,高橋時市郎, デザインの原理を用いた自由形状のイラスト美化手法, 情報処理学会論文誌, vol.56, no.5, 1329-1338, 1329 - 1338, 2015.05, [URL].
3. 森本有紀,鶴野玲治,高橋時市朗, 拡散・吸着理論に基づいた染色技法のためのビジュアルシミュレーションモデル, 画像電子学会誌ビジュアルコンピューティング論文特集号, vol.43, no.3, 348-356, 2014.07, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Tomoki Sueyoshi,Yuki Morimoto, Automatic Generation of Interactive Projection Mapping for Leaves, SIGGRAPH Asia, 2018.11, Recently, the targets of projection mapping have included various objects ranging from buildings to fish. However, it is difficult to project onto dynamic and deformable objects, such as leaves. Therefore, we propose a semi-automatic system to calculate the image registrations of projections for leaves and to interactively track the projection area. We describe our results with some animated effects on various shapes of leaves..
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 城一裕,伊藤浩史,岩元真明,平松千尋,森本有紀他, 九州大学大学院芸術工学研究院,バイオラボ・フードラボ開設記念シンポジウム 創造性の学び方「知性と生命をとらえなおすための対話」, 2020.03
49頁。, 九州大学大学院芸術工学研究院,バイオラボ・フードラボ開設記念シンポジウム 創造性の学び方「知性と生命をとらえなおすための対話」に関する冊子。.
2. 小玉亮, 森本有紀, 電子漫画の拡張表現, 2019.09
エンターテイメントコンピューティング2019.
3. 藤原佳生, 森本有紀, あらゆる人がピアニストになれる楽曲演奏システム, 2019.09
エンターテイメントコンピューティング2019.
4. Tomoki Sueyoshi, Yuki Morimoto, Tangible Projection Mapping onto Deformable Moving Thin Plants via Markerless Tracking., 2019.10
Tracking. In The 32st Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology Adjunct Proceedings (UIST '19 Adjunct).
5. 末吉知樹, 森本有紀, Projection for Leaves, 2018.11
NICOGRAPH 2018展示発表(Exhibition track).
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
芸術科学会
情報処理学会
ACM SIGGRAPH
学協会役員等への就任
2020.11~2022.10, 芸術科学会, 理事.
2019.06~2019.06, NICOGRAPH International 2019,Publicity Chair, 運営委員.
2019.03~2019.03, 創造性の学び方「知性と生命をとらえなおすための対話」, シンポジウムモデレーター.
2018.11~2018.11, NICOGRAPH 2018, 運営委員.
2017.04~2018.03, ADADA, .
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.03~2020.03.23, Visual Computing 2020, プログラム委員.
2019.09.28~2019.09.28, 第175回CGVI研究会, 主担当.
2019.09.20~2020.09.22, EC2019, 会場・ローカル.
2019.07.05~2019.07.07, NICOGRAPH International 2019, Pabricity chair.
2018.11.03~2018.11.05, NICOGRAPH 2018, 実行委員.
2017.06.23~2017.06.24, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2017, プログラム委員.
2016.06.28~2016.06.29, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2015, プログラム委員.
2016.06.18~2016.06.19, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2016, プログラム委員.
2015.11.27~2015.11.28, Visual Computingワークショップ2015, 担当幹事.
2015.10.27~2015.10.28, Visual Computingワークショップ2014, 担当幹事.
2014.03.11~2014.03.13, 情報処理学会第76回全国大会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.04~2019.04, 芸術科学会, 国内, 査読.
2019.03~2019.03, 画像電子学会誌VC特集号, 国内, 査読幹事.
2019.02~2019.02, NICOGRAPH Journal, 国際, 査読.
2018.03~2018.03, NICOGRAPH , 国内, 査読.
2018.03~2018.03, IPSJ, 国際, 査読.
2018.03~2018.03, 画像電子学会誌VC特集号, 国内, 査読委員.
2018.03~2018.03, IEICE full, 国際, 査読.
2017.08~2017.08, VRST, 国際, 査読.
2017.07~2017.07, TVCG, 国際, 査読.
2017.04~2017.04, VC/GCAD合同シンポジウム, 国内, 査読委員.
2017.03~2017.03, 画像電子学会誌VC特集号, 国内, 査読委員.
2016.11~2016.11, IEVC, 国際, 査読.
2016.10~2016.10, 画像電子学会誌, 国内, 査読.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度   11 
2017年度   13 
2016年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
トロント大学, Canada, 2014.08~2014.09.
受賞
学生表彰(担当学生), 芸術工学部, 2019.03.
学生表彰(担当学生), 九州大学, 2019.03.
学生インタラクティブアート部門 優秀賞および福岡市長賞, Asia Digital Art Award 2018, 2019.02.
GEIKO DEMO賞, 2019.01.
優秀展示作品賞, 芸術科学会, 2018.11.
Best Paper Award, 2016.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 動植物を投影対象とし形状と動きを考慮したプロジェクションマッピングの作成支援研究.
2016年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 2.5Dアニメーションの個人制作支援のための研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2016年度~2016年度, , 代表, 手描きアニメの個人製作支援の研究.
2020年度~2020年度, 公益財団法人中山隼雄科学記述文化財団 A-2基礎的研究, 代表, 中型から大型の動植物を対象とした動的プロジェクションマッピングの自動生成.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.04~2021.03, 分担, モーションキャプチャ.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」