九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
CHAPMAN ANDREW JOHN(チャップマン アンドリュージョン) データ更新日:2022.04.21



主な研究テーマ
エネルギーアナリシス、エネルギー経済、エネルギーシステムに係る社会的公平性、包括的持続可能性評価
キーワード:エネルギー、社会的公平性、持続可能性、エネルギー政策
2016.10~2019.07.
従事しているプロジェクト研究
Social Equity Qualitative Evaluation of the International Energy Transition
2019.08~2021.04, 代表者:Andrew John Chapman, I2CNER, 九州大学
本研究は公平なエネルギー転換の実現に影響を及ぼす影響とエネルギー政策の重要な「カギ」を解明し、持続可能開発政策に貢献する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本LCA学会
EcoDesign
EcoBalance
エネルギー・資源学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.05~2019.03.07, 第14回日本LCA学会研究発表会, 座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度 27        27 
2018年度 57        57 
2017年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Illinois at Urbana Champaign, UnitedStatesofAmerica, 2020.02~2020.09.
受賞
MEXT Scholarship, MEXT, 2013.04.
研究資金
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2025年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, Life Cycle and Socio-Economic Analysis for DAC-U System.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2020年度, QRプログラムつばさプロジェクト, 代表, Sustainable and Equitable Development Policy Making Framework.
2017年度~2018年度, QRプログラムわかばチャレンジ, 代表, The carbon footprint and social equity nexus in Japan: Evaluating the influence of resource consumption and socio-economic factors on equity outcomes.
.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」