九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
望月 崇(もちづき たかし) データ更新日:2021.12.03



主な研究テーマ
極端気象現象とグローバル気候変動
キーワード:極端気象現象、中緯度大気海洋相互作用、十年規模変調、地球温暖化
2019.07.
季節から十年規模気候変動の変動物理
キーワード:大気海洋相互作用, 大洋間相互作用, スケール間相互作用, 部分同化
2013.02.
近未来気候変動予測と予測可能性
キーワード:結合モデル, 初期値化, 大気海洋相互作用, 十年規模変動, 地球温暖化
2007.04.
大気海洋結合データ同化
キーワード:データ同化, 四次元変分法, 結合モデル, 季節から十年規模変動
2003.04.
研究業績
主要著書
1. 望月崇, 気象研究ノート「ENSO研究の最前線」, 第10章 ENSOと十年規模変動, 渡部雅浩 木本昌秀 編著, 日本気象学会, 139-149, 2013.04.
2. 望月崇, データ同化 -観測・実験とモデルを融合するイノベーション-, 第8章 アジョイント法の応用, 淡路敏之 蒲地政文 池田元美 石川洋一 編著, 京都大学出版会, 223-246, 2009.06.
主要原著論文
1. Smith, D. M., A. A. Scaife, R. Eade, P. Athanasiadis, A. Bellucci, I. Bethke, R. Bilbao, L. F. Borchert, L.-P. Caron, F. Counillon, G. Danabasoglu, T. Delworth, F. J. Doblas-Reyes, N. J. Dunstone, V. Estella-Perez, S. Flavoni, L. Hermanson, N. Keenlyside, V. Kharin, M. Kimoto, W. J. Merryfield, J. Mignot, T. Mochizuki, K. Modali, P.-A. Monerie, W. A. Muller, D. Nicoli, P. Ortega, K. Pankatz, H. Pohlmann, J. Robson, P. Ruggieri, R. Sospedra-Alfonso, D. Swingedouw, Y. Wang, S. Wild, S. Yeager, X. Yang, L. Zhang, North Atlantic climate far more predictable than models imply, Nature, 10.1038/s41586-020-2525-0, 583, 796-800, 2020.07.
2. D. M. Smith, R. Eade, A. A. Scaife, L.-P. Caron, T. M. Delsole, G. Danabasoglu, T. Delworth, F. J. Doblas-Reyes, N. J. Dunstone, L. Hermanson, V. Kharin, M. Kimoto, W. J. Merryfield, T. Mochizuki, W. A. Muller, H. Pohlmann, S. Yeager, X. Yang, Robust skill of decadal climate predictions, npj Climate and Atmospheric Science, 10.1038/s41612-019-0071-y, 2, 13, 2019.05, [URL].
3. Takashi Mochizuki, Masahiro Watanabe, Observed and hindcasted subdecadal variability of the tropical Pacific climate, ICES Journal of Marine Science, 10.1093/icesjms/fsz026, 2019.02, [URL].
4. Takashi Mochizuki, Masahide Kimoto, Masahiro Watanabe, Yoshimitsu Chikamoto, Masayoshi Ishii, Interbasin effects of the Indian Ocean on Pacific decadal climate change, Geophysical Research Letters, 10.1002/2016GL069940, 43, 13, 7168-7175, 2016.07, [URL].
5. Takashi Mochizuki, Shuhei Masuda, Yoichi Ishikawa, Toshiyuki Awaji, Multiyear climate prediction with initialization based on 4D-Var data assimilation, Geophysical Research Letters, 10.1002/2016GL067895, 43, 8, 3903-3910, 2016.04, [URL].
6. Yoshimitsu Chikamoto, Axel Timmermann, Jing Jia Luo, Takashi Mochizuki, Masahide Kimoto, Masahiro Watanabe, Masayoshi Ishii, Shang Ping Xie, Fei Fei Jin, Skilful multi-year predictions of tropical trans-basin climate variability, Nature communications, 10.1038/ncomms7869, 6, 2015.04, [URL].
7. F. J. Doblas-Reyes, I. Andreu-Burillo, Y. Chikamoto, J. García-Serrano, V. Guemas, M. Kimoto, Takashi Mochizuki, L. R.L. Rodrigues, G. J. Van Oldenborgh, Initialized near-term regional climate change prediction, Nature communications, 10.1038/ncomms2704, 4, 2013.05, [URL].
8. Takashi Mochizuki, Yoshimitsu Chikamoto, Masahide Kimoto, Masayoshi Ishii, Hiroaki Tatebe, Yoshiki Komuro, Takashi T. Sakamoto, Masahiro Watanabe, Masato Mori, Decadal prediction using a recent series of MIROC global climate models, Journal of the Meteorological Society of Japan, 10.2151/jmsj.2012-A22, 90, A, 373-383, 2012.07, [URL].
9. Takashi Mochizuki, Masayoshi Ishii, Masahide Kimoto, Yoshimitsu Chikamoto, Masahiro Watanabe, Toru Nozawa, Takashi T. Sakamoto, Hideo Shiogama, Toshiyuki Awaji, Nozomi Sugiura, Takahiro Toyoda, Sayaka Yasunaka, Hiroaki Tatebe, Masato Mori, Pacific decadal oscillation hindcasts relevant to near-term climate prediction, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 10.1073/pnas.0906531107, 107, 5, 1833-1837, 2010.02, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 望月崇, 新用語解説 太平洋十年規模振動(PDO), 天気, 2015.07.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
米国気象学会
米国地球物理学連合
日本気象学会
日本海洋学会
日本地球惑星科学連合
学協会役員等への就任
2020.04~2024.03, 日本地球惑星科学連合, 代議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.06.12~2021.06.14, International workshop for mid-latitude air-sea interaction, Session chair.
2021.03.07~2021.03.07, 第42回日本気象学会九州支部発表会, 座長.
2020.12.01~2020.12.17, Americal Geoscience Union Fall Meeting 2020, Session convener, Session chair.
2020.07.12~2020.07.16, JpGU-AGU Joint Meeting 2020, Session convener, Session chair.
2019.10.28~2019.10.31, 気象学会2019年度秋季大会, 実行委員.
2019.05.30~2019.05.30, Japan Geoscience Union Meeting 2019, Session convener, Session chair.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.04~2019.03, JAMSTEC Report of Research and Development, 国内, 編集委員.
2015.04, Advances in Meteorology, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度    
2020年度    
2019年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
American Geophysical Union, UnitedStatesofAmerica, 2019.12~2019.12.
受賞
JMSJ Award in 2013, 日本気象学会, 2014.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2024年度, 基盤研究(A), 分担, メガストームに係る災害ハザードの近未来予測研究.
2019年度~2023年度, 新学術領域研究(研究領域提案型), 代表, 中緯度域の気候変動のメカニズム解明と予測可能性.
2019年度~2023年度, 新学術領域研究(研究領域提案型), 分担, 中緯度大気海洋研究の推進と統括.
2017年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 大洋間結合の視点から西太平洋気候と熱帯低気圧活動の十年変動プロセスに新知見を創出.
2014年度~2017年度, 基盤研究(A), 分担, 熱帯大気海洋系変動と日本の異常天候に関する数値的研究.
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 初期値化した気候予測データを活用して地球温暖化傾向の十年規模変調を解き明かす.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 初期値化による再現・予測データを活用した北太平洋フロント域の十年変動プロセス研究.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 分担, 太平洋とインド洋の年々変動現象の関係に暖水プール変動が果たす役割の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」